増幅とは? わかりやすく解説

ぞう‐ふく【増幅】

読み方:ぞうふく

[名](スル)

振幅大きくすること。特に、電気信号振幅エネルギー増大させて出力すること。

物事の程度や範囲大きくすること。「国民政治不信が—される」

「増幅」に似た言葉

増幅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/04/21 16:16 UTC 版)

増幅(ぞうふく)とは、何らかの信号の入力に対して元の信号よりも大きな出力信号を得るような作用のことである。




「増幅」の続きの解説一覧

増幅(ますぞえ)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/05/28 22:51 UTC 版)

ALGO!」の記事における「増幅(ますぞえ)」の解説

ランたちの同級生女生徒アルゴ追って関係者みなした理沙執拗に狙う。実は電脳世界身も心も乗っ取られた「端末者(ターミナル)」と呼ばれる刺客1人

※この「増幅(ますぞえ)」の解説は、「ALGO!」の解説の一部です。
「増幅(ますぞえ)」を含む「ALGO!」の記事については、「ALGO!」の概要を参照ください。


増幅(ブースト)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/10/01 16:35 UTC 版)

スレイヤーズの呪文一覧」の記事における「増幅(ブースト)」の解説

魔血玉用いて詠唱する呪文術者魔力容量増幅する為、単純に呪文の効果上昇させるだけでなく、人間魔力容量では本来使用できない呪文使用した出来る。

※この「増幅(ブースト)」の解説は、「スレイヤーズの呪文一覧」の解説の一部です。
「増幅(ブースト)」を含む「スレイヤーズの呪文一覧」の記事については、「スレイヤーズの呪文一覧」の概要を参照ください。


増幅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/22 05:54 UTC 版)

負性抵抗」の記事における「増幅」の解説

トンネルダイオード増幅回路。 r > R {\displaystyle r>R} であるため二つ直列抵抗の和 ( R − r {\displaystyle R-r} ) は負となり、入力電圧増える電流減少する回路動作点ダイオード特性曲線(黒)と抵抗器負荷線(青)の交点である。入力電圧わずかな増加 v i {\displaystyle v_{i}} (緑)によって負荷線が右にシフトすると、ダイオードを通る電流大きく減少しそれによってダイオード両端電圧 v o {\displaystyle v_{o}} が大きく増加する負性微分抵抗デバイス直流バイアスを受けて I–V 曲線負性抵抗領域にあるときには印加された交流信号増幅できる右図トンネルダイオード回路その一例である。トンネルダイオードTD電圧制御型の負性微分抵抗を持つ。電池 V b {\displaystyle V_{\text{b}}} はダイオード両端一定のバイアス電圧をかけ、負性抵抗領域動作させるとともに信号増幅必要な電力供給するバイアス点での負性抵抗を Δ v / Δ i = − r {\displaystyle \Delta v/\Delta i=-r} とする。安定性のためには R {\displaystyle R} が r {\displaystyle r} より小くなけれならない分圧の式を用いると交流出力電圧以下で与えられるv o = − r Rr v i = r rR v i {\displaystyle v_{\text{o}}={\frac {-r}{R-r}}v_{\text{i}}={\frac {r}{r-R}}v_{\text{i}}} したがっ電圧ゲインG v = r r − R {\displaystyle G_{v}={\frac {r}{r-R}}} 通常の分圧器では、個々の抵抗全体抵抗よりも小さいため出力電圧入力よりも小さくなる。しかしここでは負性抵抗のため全交流抵抗 r − R {\displaystyle r-R} がダイオード単独の r {\displaystyle r} より小さく、そのため交流出力電圧 v o {\displaystyle v_{\text{o}}} は入力 v i {\displaystyle v_{\text{i}}} より大きくなる。電圧利得 G v {\displaystyle G_{v}} は1を超え、 R {\displaystyle R} が r {\displaystyle r} に近づくにつれて際限なく上昇する

※この「増幅」の解説は、「負性抵抗」の解説の一部です。
「増幅」を含む「負性抵抗」の記事については、「負性抵抗」の概要を参照ください。


増幅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/18 23:34 UTC 版)

B細胞」の記事における「増幅」の解説

結合したCD4陽性T細胞からのサイトカインにより活性化されると、B細胞増殖開始し一次反応巣 (primary focus) を形成するその後これらの細胞は髄索と濾胞移動する。髄索に移動したものはTH2細胞からのサイトカインにより形質細胞へと分化する。ここで形成され形質細胞主としてIgM産生する一方濾胞移動したものは大型化し、さらに活発に分裂するうになる。この細胞中心細胞英語版) (centroblast) と呼ばれる中心細胞増殖するしたがい胚中心形成しリンパ節腫脹もたらす。やがて分裂停止し中心細胞 (centrocyte) となると胚中心外側に位置する領域移動して濾胞樹状細胞相互作用する。

※この「増幅」の解説は、「B細胞」の解説の一部です。
「増幅」を含む「B細胞」の記事については、「B細胞」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「増幅」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「増幅」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

増幅のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



増幅のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの増幅 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、WikipediaのALGO! (改訂履歴)、スレイヤーズの呪文一覧 (改訂履歴)、負性抵抗 (改訂履歴)、B細胞 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS