ブーストとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > ビジネス > 新語時事用語辞典 > ブーストの意味・解説 

ブースト

英語:boost

ブーストとは、ブーストの意味

ブーストとは「増加させる」こと全般意味するカタカナ用語である。ブーストは英語では「boost」であり、通常動詞他動詞として使われる

日本語におけるブーストは、「押し上げる」「圧力高める」「機能を高める」などの意味で使われることが多い。例えば、音響機器分野においては、ブーストとは音量押し上げることである。ブーストボタン機能有した音楽再生アプリでは、ボタン押下することで音量全体底上げや、低音増強などが可能になる

自働車の分野におけるブーストとは

自動車分野においては、ブーストとはターボスーパーチャージャーなどの過給圧高めることである。ターボスーパーチャージャーなどの過給機搭載され自動車では、「ブースト」と呼ばれるチューニング改造)により、エンジン流れ込む空気過給圧高めることができる。過給圧高めればその分だけ加速性能向上するが、やりすぎるタービンなどを破損することもある。

スマホにおけるブーストとは

スマホスマートフォン)における「ブースト」とは、動作遅くなった(重くなった)スマホを元に戻す作業を指す。具体的には、使用しないアプリ削除や、キャッシュされたデータ消去などが挙げられる




ブースト【boost】

押し上げること。また、与圧すること。電圧上げること。


ブースト

※「大車林」の内容は、発行日である2004年時点の情報となっております。

ブースト


ブースト

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/11/19 16:30 UTC 版)

ブースト: boost)は、「引き上げる」「押し上げる」「強化する」といった意味を持つ英語の動詞あるいは名詞。




「ブースト」の続きの解説一覧

「ブースト」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

ブーストのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



ブーストのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
新語時事用語辞典新語時事用語辞典
Copyright © 2022 新語時事用語辞典 All Rights Reserved.
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
三栄書房三栄書房
Copyright c San-eishobo Publishing Co.,Ltd.All Rights Reserved.
中四国エイズセンター中四国エイズセンター
Copyright (C) 2022, Chugoku-Shikoku Regional AIDS Center
VOL-NetVOL-Net
Copyright(C) 2002-2022 声を聴き合う患者たち&ネットワーク「VOL-Net」. All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのブースト (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS