容積とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 表現 > 容積 > 容積の意味・解説 

よう‐せき【容積】


容積

容積とは、いれものどれだけのものがはいるかを表すものである

容積を表すのに体積の単位をつかう。

参考

体積

(容積 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/09/01 23:29 UTC 版)

体積(たいせき)とは、ある物体が 3 次元の空間でどれだけの場所を占めるかを表す度合いである。和語では(かさ)という。


注釈

  1. ^ 計量法[1]第2条第1項第1号の列挙の単位、別表第1 体積の項。
  2. ^ 計量単位令[2]別表第1 第11号「体積」、別表第3 第5号「濃度」体積百分率など。
  3. ^ 食品表示基準[3]第3条(横断的義務表示)、内容量又は固形量及び内容総量 1において、「内容重量、内容体積又は内容数量を表示することとし、内容体積はミリリットル又はリットル…」としている。

出典

  1. ^ 計量法”. e-Gov法令検索. 総務省行政管理局. 2014年7月4日閲覧。
  2. ^ 計量単位令”. e-Gov法令検索. 総務省行政管理局. 2014年7月4日閲覧。
  3. ^ 食品表示基準”. e-Gov法令検索. 総務省行政管理局. 2016年4月17日閲覧。
  4. ^ a b c 穂坂光司「ガラス体積計の基礎知識」 クライミング、2020年4月15日閲覧


「体積」の続きの解説一覧

容積

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/11 15:34 UTC 版)

船体」の記事における「容積」の解説

トン数」も参照 船舶の容積は、総トン数純トン数責任トン数パナマ運河トン数スエズ運河トン数載貨容積トン数などがある。

※この「容積」の解説は、「船体」の解説の一部です。
「容積」を含む「船体」の記事については、「船体」の概要を参照ください。


容積

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/10 05:10 UTC 版)

タンクローリー」の記事における「容積」の解説

危険物ローリー消防法上「移動タンク貯蔵所」とされており、最大30,000リットル以下、一室4,000リットル以下に制限されている。 道路運送車両法車両制限令により単一車両では1台あたりの車両総重量25トンまで、トレーラー道路運送車両法特例8車種であり36トンまでで車両制限令上では一般道で)27トンまでとされているので、全長全幅兼ね合いからも30,000リットル積載可能な危険物ローリー成立しにくいが、2011年頃から生産されはじめ運行されている。 高圧ガスローリーは可燃性ガス最大18,000リットル未満アンモニアを除く毒性ガス最大8,000リットル未満となっている。 非危険物ローリーには特に規定はない。

※この「容積」の解説は、「タンクローリー」の解説の一部です。
「容積」を含む「タンクローリー」の記事については、「タンクローリー」の概要を参照ください。


容積

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/03/25 00:35 UTC 版)

アルケイレ」の記事における「容積」の解説

丸善単位辞典によれば、容積の1アルケイレは、乾量で13.5リットル液量で2.75リットルである。別の出典によれば、1アルケイレ大きさは、11.98リットルから45.43リットルまで様々である

※この「容積」の解説は、「アルケイレ」の解説の一部です。
「容積」を含む「アルケイレ」の記事については、「アルケイレ」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「容積」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

容積

出典:『Wiktionary』 (2021/08/13 12:53 UTC 版)

名詞

ようせき

  1. 収められ分量

関連語

翻訳


「容積」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



容積と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「容積」の関連用語

容積のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



容積のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
数理検定協会数理検定協会
Copyright©2023 数理検定協会 All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの体積 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの船体 (改訂履歴)、タンクローリー (改訂履歴)、アルケイレ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの容積 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2023 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2023 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2023 GRAS Group, Inc.RSS