チューニングとは? わかりやすく解説

チューニング【tuning】

読み方:ちゅーにんぐ

[名](スル)

ラジオテレビをある周波数同調させること。

楽器調律すること。また、合奏前に楽器音合わせをすること。

機械などを調整すること。チューン


チューニング


チューニング

英語 turning

エンジンサスペンション車体などを改造あるいは部品を交換することによって性能の向上や使用目的および個人好み沿った改造を施すこと。パワーアップチューンアップ同義語過去さかのぼれば、馬車仕立てたコーチビルドからの流れを汲んでいるとされているが、楽器の音などを調整する意味のチューニング(調律)という言葉自動車の世界に入り込んだのは、ハイコンプレッションシリンダーヘッドの改良キット出まわっといわれるT型フォード時代という説もある。また、日本では単にチューンということもあり、前後バンパーサイドスカート中心とした外観変更ドレスアップフロント周り改造クルマ顔つき変えるメイクアップなどといった言葉も使う。

※「大車林」の内容は、発行日である2004年時点の情報となっております。

チューニング[tuning]

(1)楽器音程調節すること。(2)楽器などを調整すること。

チューニング

名前 Chewning

チューニング

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/11/05 07:13 UTC 版)

チューニング (英語: tuning) とは、「調律する」「同調する」といった意味を持つ英語




「チューニング」の続きの解説一覧

チューニング

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/01 23:34 UTC 版)

パット・トーピー」の記事における「チューニング」の解説

タムタムフロアタムは打面をボトム較べて気持ち高くしている。 スネアドラム上下とも強め張っており、特に打面は音に膨らみがなくなるギリギリまで強く張っている。 バスドラム逆にフープヘッドキチッと抑えられるギリギリまで緩くしている。 ミュートはほとんどしておらず時期によってはバスドラムでさえしないこともあった。 求めているドラムサウンドは「できる限り色々な音色倍音タッチ聞こえるようにオープンなサウンド心がけている」とのこと

※この「チューニング」の解説は、「パット・トーピー」の解説の一部です。
「チューニング」を含む「パット・トーピー」の記事については、「パット・トーピー」の概要を参照ください。


チューニング

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/09 02:48 UTC 版)

トヨタ・アルテッツァ」の記事における「チューニング」の解説

発売当初FRスポーツアピールしていたこともありライトからヘビーまでさまざまなチューニングベースとして使用された。ただ初期には自体キャラクターユーザー想像とが乖離していたことと、ミッションデフキャパシティ低く改造した際の破損率が高かったことからアフター業界から不評買ってしまった。ディーラー販売モデルとしてトムスによるボルトオンターボ仕様車280Tやモデリスタによるクオリタート(Qualitat)などが存在していたが、これはトヨタ系のディーラーおよびメーカーによるカスタマイズ販売では先駆けとなった車である。パワー上のため、直列6気筒1JZ-GTEエンジン2JZ-GTEエンジンへのスワップした例もある。また日本国外ではセルシオ (LS430) などが搭載するV型8気筒エンジン換装された個体存在する。なおTRDからは、路面追従性を引き上げた改良型のリアサスペンションメンバーが限定販売された。また、トムスではサイドフレーム強化ブレースサスペンションメンバー強化ロッドなどが販売されていた。 レクサスモデルIS200として欧米販売されいた事もあり、IS200のチューニング部品取引行われたこのように発売初期こそ純粋なFRスポーツからの乖離バッシング対象となったが、その後様々なチューニング部品各種メーカーから発売された為、自分好みのチューニングが出来安価なスポーツセダンとして国内外人気を維持している。

※この「チューニング」の解説は、「トヨタ・アルテッツァ」の解説の一部です。
「チューニング」を含む「トヨタ・アルテッツァ」の記事については、「トヨタ・アルテッツァ」の概要を参照ください。


チューニング

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/18 13:51 UTC 版)

Assoluto Racing」の記事における「チューニング」の解説

ブレーキミッションサスペンションマフラーエンジンターボスーパーチャージャータイヤ車両重量段階的なアップグレードが行える。

※この「チューニング」の解説は、「Assoluto Racing」の解説の一部です。
「チューニング」を含む「Assoluto Racing」の記事については、「Assoluto Racing」の概要を参照ください。


チューニング

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/19 05:27 UTC 版)

アスファルト8:Airborne」の記事における「チューニング」の解説

購入したマシンにチューニングを施すことで、マシン性能向上するマシンにはランク設定され、チューニングを進めるとランク数値高くなる。 ・アップグレード クレジットまたはトークンまたはフュージョンコインを消費して加速最高速度ハンドリングニトロ作動時の速度上分)を向上させる。4項目すべてがレベル5の状態は「MAXアップグレード」となる。 ・PROキット フュージョンコインとパーツカードを消費して上記アップグレード目のうち2つを以下の表のとおり向上させる。パーツカードは倉庫保管されるオートバイでのPROキットアップデート廃止され、全オートバイアップグレードのみになったパーツ名とアップグレード目の関係パーツ自動車/オートバイアップグレード目加最高速度ハンドリングニトロタイヤ/二輪タイヤ ○ ○ サスペンション/フォークチューブ ○ ○ ドライブトレイン/トランスミッション○ ○ 排気量/二輪排気量○ ○

※この「チューニング」の解説は、「アスファルト8:Airborne」の解説の一部です。
「チューニング」を含む「アスファルト8:Airborne」の記事については、「アスファルト8:Airborne」の概要を参照ください。


チューニング

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/12 08:52 UTC 版)

ニード・フォー・スピード シフト」の記事における「チューニング」の解説

レース得た賞金を元にマシンのパワーアップ・カスタマイズが可能になるパーツには3段階のクラスがあり(上位の車になると下位パーツがないこともある)またチューニングのランク上げていくとセッティングできる箇所増える。 また一部車種は、限界までチューンすると「ワークスチューン」という項目が追加され性能外装・内装大きく変化する

※この「チューニング」の解説は、「ニード・フォー・スピード シフト」の解説の一部です。
「チューニング」を含む「ニード・フォー・スピード シフト」の記事については、「ニード・フォー・スピード シフト」の概要を参照ください。


チューニング

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/06/28 06:51 UTC 版)

ギブソン・ロボットギター」の記事における「チューニング」の解説

ユーザー7つのプリセットチューニングを使用できるが、そのうち6つ編集可能である。 チューニングの変更MCK表示されている文字選択することにより行う。 表記6弦5弦4弦3弦2弦1弦名称EE B E G# B E オープンE AD A D G A D Dモーダル DD A D G B E ドロップD GD G D G B D オープンD BEb Ab Db Gb Bb Eb 半音下げ eD A D G B D ダブルドロップD 単にMCKノブ引き上げ軽く弦をストロークすることにより、ノーマルチューニングに戻すことが出来る出荷時には.10のゲージにあわせて調整されており、許容誤差は1セントになっている。よりヘビーゲージ、ライトゲージな弦への対応、および許容誤差調整可能である。ユーザー大きな許容誤差容認するならば、ロボットギターのチューニングは迅速に行われる最大許容誤差2.5セントであれば、チューニングは15秒で終わるとギブソン主張している。プリセットチューニングはユーザによる編集可能だが、リセットにより出荷プリセットに戻る。 プレスリリースによると、バッテリー空になるまでに200回のチューニングが可能となっている。バッテリーACアダプターに繋ぐことにより、90分でフル充電可能である自動チューニングシステムを無効にして通常のギターのようにチューニングすることも可能である

※この「チューニング」の解説は、「ギブソン・ロボットギター」の解説の一部です。
「チューニング」を含む「ギブソン・ロボットギター」の記事については、「ギブソン・ロボットギター」の概要を参照ください。


チューニング

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/11/03 17:45 UTC 版)

核磁気共鳴分光法」の記事における「チューニング」の解説

試料管をコイル内部に入れるため、試料によってプローブ共鳴周波数影響を受けるそのため、試料ごとにチューニングを取りなおす必要がある。チューニングが正しく取れてない場合検出感度低下する。また照射されるパルス磁場強度低下するため、パルスにより倒れ磁化ベクトル角度変わってしまう。その結果デカップリング効果低下したり、パルスシークエンス用い測定では測定自体不可能になる

※この「チューニング」の解説は、「核磁気共鳴分光法」の解説の一部です。
「チューニング」を含む「核磁気共鳴分光法」の記事については、「核磁気共鳴分光法」の概要を参照ください。


チューニング

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/05/31 04:37 UTC 版)

サズ」の記事における「チューニング」の解説

代表的なバーラマ・チューニング(低音側からラソレ)、ボズック・チューニング(低音側からソレラ)の他、ミスケット・チューニング、アブダル・チューニング、ミュステザット・チューニング、アジェム・チューニングなどがある。

※この「チューニング」の解説は、「サズ」の解説の一部です。
「チューニング」を含む「サズ」の記事については、「サズ」の概要を参照ください。


チューニング

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/05 02:34 UTC 版)

コンガ」の記事における「チューニング」の解説

多くの製品一般的な工具と全く同じ形状スパナによってラグ下側ナット調整して行う。適切なサイズスパナでチューニングは可能であるが、楽器メーカーは「チューニングキー」と呼ぶスパナを添付または販売している。工具用のスパナ変わらない形状から、グリップ部分クッションついているもの、ディープソケット形状になっているものなど専用設計のものもある。 LP社は一般的なドラムキー使い打面側からチューニングが出来コンガ販売している(Top Tuning Congas)。

※この「チューニング」の解説は、「コンガ」の解説の一部です。
「チューニング」を含む「コンガ」の記事については、「コンガ」の概要を参照ください。


チューニング

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/18 06:19 UTC 版)

スティック」の記事における「チューニング」の解説

現在スティックのチューニングはプレイヤーアイディアにより多様化しているが、“標準のチューニング”は、5本のベース弦(グランド・スティック・モデルは6本)が5弦に向かうつれ高音となり、指板真ん中低音弦、そして5本のメロディ用弦(グランドスティックは6本)が4弦に向かって高音となり、また指板真ん中低音弦となる。チューニングの構成は、プレイヤースタイルによって変えることができ、リード楽器として演奏する人は、よりメロディベース進行はっきりと分け全体的に高音設定する楽器全体和音的に演奏する人は、ベース側とメロディ側をより親密に関連付け低音設定する。(“マッチド・レシプロカル”(相互調和)チューニングと呼ばれている)チャップマン・スティックの弦/チューニングの構成は、完全に調律されコードはっきりと演奏したいと願うプレイヤーにとって有利である典型的な運指法だけで“ヴォイシングの限界”を見る通常のギター比較すると、スティックのチューニングは、1つフレット位置音程を4から5オクターブまで選択できることになる。 この標準チューニングは、さらに別の利点もある。楽器全体で終始一貫して非常に安定していて幾何学的、そして“指で演奏可能なパターンからなる西洋音楽にとって典型的な和声的音階構造は、移調容易にし、さらにはぱっと見よりも楽器の習得楽にさせるまた、ベース/メロディ・パートでは、珍しエキゾチックな音を作り出す微分音チューニングも可能。 下記、スティックエンタープライゼスのウェブサイトには、チューニングに関する詳細な情報がある。http://www.stick.com/instruments/tunings/

※この「チューニング」の解説は、「スティック」の解説の一部です。
「チューニング」を含む「スティック」の記事については、「スティック」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「チューニング」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ



品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「チューニング」の関連用語

チューニングのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



チューニングのページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
三栄書房三栄書房
Copyright c San-eishobo Publishing Co.,Ltd.All Rights Reserved.
ヤマハミュージックメディアヤマハミュージックメディア
Copyright(C) 2000-2023 YAMAHA MUSIC MEDIA CORPORATION. All Rights Reserved.
ヤマハミュージックメディア音楽用語ダス
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのチューニング (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのパット・トーピー (改訂履歴)、トヨタ・アルテッツァ (改訂履歴)、Assoluto Racing (改訂履歴)、アスファルト8:Airborne (改訂履歴)、ニード・フォー・スピード シフト (改訂履歴)、ギブソン・ロボットギター (改訂履歴)、核磁気共鳴分光法 (改訂履歴)、サズ (改訂履歴)、コンガ (改訂履歴)、スティック (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2023 GRAS Group, Inc.RSS