勇気とは? わかりやすく解説

ゆう‐き【勇気】

読み方:ゆうき

いさまし意気困難や危険を恐れない心。「—がわく」「—を出す」「—凜々(りんりん)」


勇気

作者牛島信

収載図書逆転 リベンジ企業法小説集
出版社産経新聞ニュースサービス
刊行年月2004.2

収載図書逆転 リベンジ
出版社幻冬舎
刊行年月2007.6
シリーズ名幻冬舎文庫


勇気

作者広瀬天由

収載図書子供ホッと胸をなでおろすゆったりとした味わいを〜
出版社日本文学館
刊行年月2006.11


勇気

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/17 10:03 UTC 版)

勇気(ゆうき、: ἀνδρεία, : fortia, : courage)とは、普通の人が、恐怖不安、躊躇、あるいは恥ずかしいなどと感じることを恐れずに(自分の信念を貫き)向かっていく積極的で強い心意気のこと。勇ましい強い心をいう。語義解によれば、いさむ(強)にはつよい、悪い、乱暴の意を含む。




「勇気」の続きの解説一覧

勇氣

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/10/26 00:21 UTC 版)

勇氣(ヨンチー、ピン音:Yǒng Qì )は、マレーシア出身の歌手、梁静茹(フィッシュ・リョン)の2作目のアルバム。






「勇氣」の続きの解説一覧

勇気

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/08/28 01:04 UTC 版)

エクストリーム・プログラミング」の記事における「勇気」解説

いくつかのプラクティスは勇気を体現している1つは、明日のためではなく、常に今日のために設計コーディングをするという戒めである。これは、設計行き詰まり避け余計なもの実装するために費やす多くの労力回避するための取り組みである。勇気により、開発者必要に応じてコードリファクタリング快適に行える。つまり、既存システム見直し将来変更をより簡単に実装できるようにする。勇気のもう一つの例は、コード捨てタイミングを知ることだ: そのソースコード作成するためにどれだけ労力費やされていたとしても、陳腐化したソースコード削除する勇気である。 また、勇気とは永続性意味する: プログラマー複雑な問題一日中悩まされても、翌日にはすぐに問題解決しているかもしれない。だが、それは永続性がある場合限られる

※この「勇気」の解説は、「エクストリーム・プログラミング」の解説の一部です。
「勇気」を含む「エクストリーム・プログラミング」の記事については、「エクストリーム・プログラミング」の概要を参照ください。


勇気(ムテキ)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/03/23 00:57 UTC 版)

La Vie en Doll」の記事における「勇気(ムテキ)」の解説

かすみのクラスメイトスポーツマン人気者。かすみにとっては憧れ存在

※この「勇気(ムテキ)」の解説は、「La Vie en Doll」の解説の一部です。
「勇気(ムテキ)」を含む「La Vie en Doll」の記事については、「La Vie en Doll」の概要を参照ください。


勇気

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/06/11 14:57 UTC 版)

精神コマンド一覧」の記事における「勇気」解説

第3次α以降採用されている。「熱血」「必中「不屈」加速」「直撃」「気合」が同時にかかる。なお、この6つ精神コマンド全て第2次α』で獅子王凱修得した物である。

※この「勇気」の解説は、「精神コマンド一覧」の解説の一部です。
「勇気」を含む「精神コマンド一覧」の記事については、「精神コマンド一覧」の概要を参照ください。


勇気(トゥラ)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/27 05:01 UTC 版)

パシュトゥーンワーリー」の記事における「勇気(トゥラ)」の解説

自らの家屋土地・財産侵略から守らなければならない

※この「勇気(トゥラ)」の解説は、「パシュトゥーンワーリー」の解説の一部です。
「勇気(トゥラ)」を含む「パシュトゥーンワーリー」の記事については、「パシュトゥーンワーリー」の概要を参照ください。


勇気

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/04 00:17 UTC 版)

ラケス (対話篇)」の記事における「勇気」解説

本篇では、「勇気」という概念明確化を巡って好戦的な将軍ラケス穏健派ニキアス相手に、ソクラテスによる執拗な追及問答繰り広げられる作中「勇気」の定義として、 「戦列に踏みとどまって敵を防ぎ、逃げようとしないこと」 (← ソクラテス個別具体的過ぎる」) 「忍耐強さ」 (← ソクラテス「「全ての忍耐心」が「勇気」であるわけではない」)「思慮ある忍耐心」 (← ソクラテス実際は無思慮な危険を冒す我慢強さ」」) 「恐ろしいものと、恐ろしくないものを見分ける知識」 (← ラケス「各対象個別知識技術無ければ見分けられるわけがない」)「「未来予期される悪いもの」と、「未来予期される悪くないもの・善きもの」を知っていること」 (← ソクラテス知識技術対象は、過去・現在・未来など時間的に限定されない」) 「善・悪を見分ける知識」(← ソクラテス「それはもう「徳そのものと言えるようなものであり、「徳の一部分」としての「勇気」範疇を超えしまっている」) 等が提示されるが、ソクラテス執拗な追及によって、ことごとく提示され諸定義欠陥顕にされ、堂々巡り行き詰まりアポリア)に陥ってしまう。 対となる概念である「節制思慮健全さ)」と共に伝統的に主要な徳目枢要徳)の1つとして扱われてきた「勇気」だが、プラトンはこの概念を、「善・悪を見分ける知識」一緒になって初め機能する概念であることを、ソクラテス問答を通して論証している。こうした徳目をめぐる議論問答によって、究極的に重要なのは「善・悪を見分ける知識」であると明らかにされる、という構成は、初期のアポリア対話篇共通する特徴である。 なお、この「勇気」は、初期対話篇プロタゴラス』においても主たる論題として扱われ類似の議論展開されている。 ちなみに、この「勇気」と同様に、プラトン「善・悪を見分ける知識」一緒になって初め機能する積極的・能動的概念として挙げているものとしては、他には「快楽」があり、『ヒッピアス (大)』『プロタゴラス』『ゴルギアス』といった初期対話篇や、後期対話篇ピレボス』などで言及されている。

※この「勇気」の解説は、「ラケス (対話篇)」の解説の一部です。
「勇気」を含む「ラケス (対話篇)」の記事については、「ラケス (対話篇)」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「勇気」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

勇気

出典:『Wiktionary』 (2021/07/31 13:26 UTC 版)

名詞

ゆうき

  1. 恐怖不安躊躇、あるいは恥ずかしいなどと感じる事を積極的向かうあるいは敢えて行う意思

類義語

対義語

関連語

複合語

翻訳


「勇気」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



勇気と同じ種類の言葉


固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

勇気のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



勇気のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの勇気 (改訂履歴)、勇氣 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのエクストリーム・プログラミング (改訂履歴)、La Vie en Doll (改訂履歴)、精神コマンド一覧 (改訂履歴)、パシュトゥーンワーリー (改訂履歴)、ラケス (対話篇) (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの勇気 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS