怨みとは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 活用形辞書 > 怨みの意味・解説 

うらみ【恨み/怨み/憾み】

他からの仕打ちを不満に思って憤り憎む気持ち怨恨(えんこん)。「あいつには—がある」「—を晴らす

憾み)他と比べて不満に思われる点。もの足りなく感じること。「技巧走りすぎた—がある」

残念に思う気持ち心残り未練。「—の」「あの結果を—に思う」

悲しみ嘆き

「行く者の悲しみ、残る者の—」〈奥の細道


怨み

日本語活用形辞書はプログラムで機械的に活用形や説明を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

怨み

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/02/10 09:13 UTC 版)

怨み(うらみ)とは、相手からひどい仕打ちを受け、機会あらば報復しようとする感情を指す。怨念(おんねん)ともいう。




「怨み」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「怨み」の関連用語

怨みのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



怨みのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの怨み (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS