奥の細道とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > デジタル大辞泉 > 奥の細道の意味・解説 

おくのほそみち【おくのほそ道/奥の細道】

江戸中期俳諧紀行。1冊。松尾芭蕉著。元禄15年(1702)刊。元禄2年3月門人曽良(そら)と江戸深川出発奥州北陸名所・旧跡巡り9月大垣に至るまでの紀行を、発句をまじえて記したもの


おくのほそみち【奥の細道】


奥の細道

読み方:オクノホソミチ(okunohosomichi)

江戸時代俳諧紀行松尾芭蕉著。


奥の細道

主名称: 奥の細道
指定番号 2255
枝番 00
指定年月日 1972.05.30(昭和47.05.30)
国宝重文区分 重要文化財
部門種別 書跡典籍
ト書 元禄七年記夏素竜書写奥書
員数 1冊
時代区分 江戸
年代 1694
検索年代
解説文:  松尾芭蕉紀行文代表作として著名な奥の細道には曽良本・去来本・衛本などがあるが、本書はその晩年成稿能筆の素竜に浄書させて所持し、遺言により去来に渡った本である。袋綴冊子本外題箋は芭蕉自筆と見られる。奥の細道の自筆本が伝わらない今日において、国文学史特筆される奥の細道の定本として重要である。

奥の細道

作者清水義範

収載図書日本文学全集
出版社実業之日本社
刊行年月1992.10

収載図書普及版 日本文学全集 第1集
出版社集英社
刊行年月1996.2
シリーズ名集英社文庫


奥の細道

作者ジョン・ハスケル

収載図書僕はジャクソン・ポロックじゃない。
出版社白水社
刊行年月2005.8


奥の細道

読み方:オクノホソミチ(okunohosomichi)

分野 俳諧紀行

年代 江戸中期

作者 松尾芭蕉


おくのほそ道

(奥の細道 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/24 06:34 UTC 版)

おくのほそ道』(おくのほそみち)は、元禄文化期に活躍した俳人松尾芭蕉紀行及び俳諧元禄15年(1702年)刊。日本の古典における紀行作品の代表的存在であり、芭蕉の著作中で最も著名で「月日は百代の過客にして、行きかふ年も又旅人也」という序文より始まる。


注釈

  1. ^ 現在の東京都、埼玉県、栃木県、福島県、宮城県、岩手県、山形県、秋田県、新潟県、富山県、石川県、福井県、滋賀県、岐阜県の14都県を通ってきたことになる[2]
  2. ^ 芭蕉がここで「松島やああ松島や松島や」と詠んだというのは全くの俗説。没後百年ほどして、仙台藩の儒者である桜田欽齊『松島図誌』に収載された江戸後期の狂歌師・田原坊の「松嶋やさてまつしまや松嶋や」に由来するものであり、正岡子規も「箸にも棒にもかからぬ駄句なり、芭蕉の句であるわけが無し」と酷評している。→おくのほそ道総合データベース http://www.bashouan.com/puBashous.htm 参照。
  3. ^ 『奥の細道、旅立ちの地は…「千住論争」25年』 読売新聞 2014年7月23日
  4. ^ 実際には「嶋々や 千々にくだけて夏の海」の句がある[11]
  5. ^ 本文では「一笑いつせうと云うものは、此道にすける名のほのぼの聞こえて、世に知人も侍りしに、去年こぞの冬、早世したりとて、」
  6. ^ おくのほそ道の風景地 - 文化遺産オンライン文化庁

出典

  1. ^ a b c d e f g h 浅井建爾 2001, pp. 136–137.
  2. ^ a b 浅井建爾 2015, pp. 128–129.
  3. ^ a b 岡本勝雲英末雄 『新版近世文学研究事典』 おうふう、2006年2月、319頁。 
  4. ^ 中尾堅一郎氏死去/中尾松泉堂書店会長四国新聞社、2009/07/12
  5. ^ a b c 『奥の細道』の緒本芭蕉DB, 伊藤洋、山梨県立大学
  6. ^ a b c 講演記録 「目で見る江戸俳諧の真髄展」記念講演会 芭蕉と蕪村の「奥の細道」藤田真一 (関西大学図書館, 2009-06-30) 掲載雑誌名:関西大学図書館フォーラム. (14)
  7. ^ 元禄初版本(早稲田大学図書館/請求記号:文庫31・A01 http://www.wul.waseda.ac.jp/kotenseki/html/bunko31/bunko31_a0150/
  8. ^ おくのほそ道文学館 2006, 素龍が書写した「おくのほそ道」.
  9. ^ 佐藤勝明 『21世紀日本文学ガイドブック5 松尾芭蕉』 ひつじ書房、2011年10月、172-174頁。 
  10. ^ 杉本苑子 2005, p. 8曾良の『旅日記』では「巳三月廿日」となっている。7日以上のずれがある。のちに諸説紛々として揉めることとなった。
  11. ^ 宇和川匠助 1970, p. 79.
  12. ^ 杉本苑子 2005, p. 210。世間では西行作で通っているが、西行のどの歌集にも載ってはおらず、調べたところ蓮如上人の歌だった。
  13. ^ 曹洞宗 清涼山 天龍寺 福井県吉田郡永平寺町松岡春日
  14. ^ ミュージカル おくの細道”. 劇団わらび座. 2021年11月4日閲覧。
  15. ^ 公演が終了した舞台「ミュージカル おくの細道」”. 劇団わらび座. 2021年11月4日閲覧。


「おくのほそ道」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「奥の細道」の関連用語

奥の細道のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



奥の細道のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
文化庁文化庁
Copyright (c) 1997-2022 The Agency for Cultural Affairs, All Rights Reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのおくのほそ道 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS