第1集とは? わかりやすく解説

第1集

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/07 20:41 UTC 版)

きけ わだつみのこえ」の記事における「第1集」の解説

きけ わだつみのこえ 日本戰歿學生の手記』日本戰歿學生手記編集委員會編、東大協同組合出版部1949年10月20日。NCID BN05063014。『きけわだつみのこえ 日本戦歿學生の手記』日本戦歿学生手記編集委員会編、東京大学出版会東大新書〉、1952年2月29日。.mw-parser-output cite.citation{font-style:inherit}.mw-parser-output .citation q{quotes:"\"""\"""'""'"}.mw-parser-output .id-lock-free a,.mw-parser-output .citation .cs1-lock-free a{background:linear-gradient(transparent,transparent),url("//upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/6/65/Lock-green.svg")right 0.1em center/9px no-repeat}.mw-parser-output .id-lock-limited a,.mw-parser-output .id-lock-registration a,.mw-parser-output .citation .cs1-lock-limited a,.mw-parser-output .citation .cs1-lock-registration a{background:linear-gradient(transparent,transparent),url("//upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/d/d6/Lock-gray-alt-2.svg")right 0.1em center/9px no-repeat}.mw-parser-output .id-lock-subscription a,.mw-parser-output .citation .cs1-lock-subscription a{background:linear-gradient(transparent,transparent),url("//upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/a/aa/Lock-red-alt-2.svg")right 0.1em center/9px no-repeat}.mw-parser-output .cs1-subscription,.mw-parser-output .cs1-registration{color:#555}.mw-parser-output .cs1-subscription span,.mw-parser-output .cs1-registration span{border-bottom:1px dotted;cursor:help}.mw-parser-output .cs1-ws-icon a{background:linear-gradient(transparent,transparent),url("//upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/4/4c/Wikisource-logo.svg")right 0.1em center/12px no-repeat}.mw-parser-output code.cs1-code{color:inherit;background:inherit;border:none;padding:inherit}.mw-parser-output .cs1-hidden-error{display:none;font-size:100%}.mw-parser-output .cs1-visible-error{font-size:100%}.mw-parser-output .cs1-maint{display:none;color:#33aa33;margin-left:0.3em}.mw-parser-output .cs1-format{font-size:95%}.mw-parser-output .cs1-kern-left,.mw-parser-output .cs1-kern-wl-left{padding-left:0.2em}.mw-parser-output .cs1-kern-right,.mw-parser-output .cs1-kern-wl-right{padding-right:0.2em}.mw-parser-output .citation .mw-selflink{font-weight:inherit}ISBN 978-4-13-004002-0。 『きけわだつみのこえ 日本戦没学生の手記』日本戦没学生手記編集委員会編、光文社カッパ・ブックス〉、1959年10月20日新版。『きけわだつみのこえ 日本戦没学生の手記』第1集、日本戦没学生記念会編、光文社カッパ・ブックス 名著復刻〉、1995年6月ISBN 4-334-04103-5。 『きけわだつみのこえ 日本戦没学生の手記』日本戦没学生記念会監修光文社2005年8月4日新版ISBN 4-334-04113-2。[リンク切れ] - 光文社1959年刊)新版複製光文社創業60周年記念出版。 「きけわだつみの声」日本戦没学生記念会編、梶井基次郎著者代表『青春屈折上巻大岡昇平平野謙佐々木基一埴谷雄高花田清輝責任編集学芸書林全集現代文学発見 第14巻〉、1968年。「きけわだつみの声」日本戦没学生記念会編、梶井基次郎著者代表『青春屈折上巻大岡昇平平野謙佐々木基一埴谷雄高花田清輝責任編集学芸書林全集現代文学発見 第14巻〉、1976年5月愛蔵版。 「きけわだつみのこえ日本戦没学生記念会編、梶井基次郎著者代表『青春屈折上巻大岡昇平平野謙佐々木基一埴谷雄高花田清輝責任編集學藝書林全集 現代文学発見 第14巻〉、2005年2月新装版ISBN 4-87517-072-6。 『きけ わだつみのこえ 日本戦没学生の手記』日本戦没学生記念会編、岩波書店岩波文庫〉、1982年7月。『きけ わだつみのこえ 日本戦没学生の手記』日本戦没学生記念会編、岩波書店ワイド版岩波文庫〉、1994年6月ISBN 4-00-007138-6。 『きけ わだつみのこえ 日本戦没学生の手記』日本戦没学生記念会編、岩波書店岩波文庫 青157-1〉、1995年12月18日新版ISBN 4-00-331571-5。 『きけ わだつみのこえ 日本戦没学生の手記』日本戦没学生記念会編、岩波書店ワイド版岩波文庫〉、1997年9月16日新版ISBN 4-00-007138-6。 『きけわだつみのこえ 日本戦没学生の手記』日本戦没学生記念会編、光文社光文社文庫〉、1985年8月ISBN 4-334-70191-4。

※この「第1集」の解説は、「きけ わだつみのこえ」の解説の一部です。
「第1集」を含む「きけ わだつみのこえ」の記事については、「きけ わだつみのこえ」の概要を参照ください。


第1集

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/12 14:19 UTC 版)

オーヴェルニュの歌」の記事における「第1集」の解説

野原羊飼いのおとめ “La pastoura als camps (La bergère aux champs)”ロット県ベニヤック地方民謡。 バイレロ (オートオーヴェルニュ羊飼いの唄)“Baïlèro (Chant de bergers de Haute-Auvergne)”カンタル県ヴィック=シュル=セール地方民謡3つのブーレTrois bourrées泉の水 “L'aio de rotso (L'eau de source)”高オーベルニュ地方カンタル県プィ・ヴィオラン・ア・コランドレスのブーレー。 どこに羊を放そうか “Ound'onoren gorda ? (Ou irons-nous garder?)”カンタル県オーリヤックブーレー。 あちらのリムーザンに “Obal, din lou limouzi (La-bas dans le limousin)”カンタル県モール周辺祭日歌い踊られるブーレー

※この「第1集」の解説は、「オーヴェルニュの歌」の解説の一部です。
「第1集」を含む「オーヴェルニュの歌」の記事については、「オーヴェルニュの歌」の概要を参照ください。


第1集

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/08 15:47 UTC 版)

草陰の小径」の記事における「第1集」の解説

次の10曲から成り全曲を通して27分前後を要する全曲を通じて拍子速度頻繁な変更目立ちポリリズム多用されている。拍子表示小節線扱いなど、記譜法興味深いヤナーチェク生前発表された曲集なので、作曲者によってすべての小品詩的な題名添えられている。終曲題名にあるフクロウは、モラヴィアでは死の象徴であるという。 われらの夕べ Naše večery (Modrato - Adagio - Tempo I) 散りゆく木の葉stek odvanutý (Andante - Più mosso -Con moto - Tempo II) 一緒においで Pojďte smi! (Andante - Adagio) フリーデク聖母マリア Frýdecká panna Maria (Grave - Un poco più mosso - Tempo I) 彼女らは燕のように喋り立てた Štěbetaly laštovičky (Con moto - Meno mosso - Tempo I - Meno mosso - Più mosso - Adagio - Tempo I- Meno mosso) 言葉もなく Nelze domluvit! (Andante - Più mosso - Tempo I- Adagio - Tempo I) おやすみ Dobrou noc! (Andante) こんなにひどく怯えて Tak neskonale úzko (Andante - Poco mosso - Meno mosso - Tempo I) 涙ながらに V pláči (Larghetto - Adagio) ふくろう飛び去らなかった Sýček neodletěl! (Andante - Meno mosso - Tempo I)

※この「第1集」の解説は、「草陰の小径」の解説の一部です。
「第1集」を含む「草陰の小径」の記事については、「草陰の小径」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「第1集」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

第1集のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



第1集のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのきけ わだつみのこえ (改訂履歴)、オーヴェルニュの歌 (改訂履歴)、草陰の小径 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS