roとは? わかりやすく解説

RO

別名:革命組織地下革命組織혁명조직
英語:Revolutionary Organization

北朝鮮同調し韓国政府転覆企図したとされる韓国の国会議員などが所属していた地下組織のこと。ただし、2014年2月現在、組織実在を疑う意見もある。

大韓民国国家情報院発表した情報によると、2013年5月に、ROの秘密会合京畿道龍仁市開かれ韓国国内通信施設石油施設など破壊企てる謀議が行われたとされる。ROは金日成主体思想理念として掲げており、韓国北朝鮮戦争状態になった際には、北朝鮮与して韓国国内後方撹乱を行う計画立てていたとされる

ROの構成員指揮系統などについては不明な点が多いが、国家情報院により、ROの総責任者として統合進歩党李石基(イ・ソッキ)議員の名が挙げられた。李石基は、以前から反米従北」を信条とする革命運動家として知られており、2002年には反国家団体所属したとして逮捕され懲役2年6か月判決受けたこともあった。

李石基2013年8月に、内乱陰謀罪国家保安法違反などの容疑で、公安部および国家情報院による強制捜査を受け、拘束された。9月には、国会議員過半数賛成によって逮捕決定された。2014年2月裁判では、水原地方裁判所起訴事実、すなわちROの実在謀議内容認めとともに李石基に対して懲役12年議員資格停止10年判決下した。なお、李石基のほか6人が、ROの活動関わったとして起訴されており、それぞれ有罪判決言い渡された。

検察側の主張に対して李石基議員弁護団は、RO自体を「国家情報院想像上の組織」とする反対意見述べた。ROの決議文具体計画などの証拠提示されておらず国家情報院検察捜査にも、録音した会話内容恣意的編集するなど、不審な点見られるとする指摘もある。

アール‐オー【RO】

読み方:あーるおー

reverse osmosis operation逆浸透法は通すが、無機塩類通さない半透膜用いて海水淡水化無機成分を含む排水処理水中細菌除去などを行う方法


Ro

名前 ノ; ロー

.ro

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/01/29 06:17 UTC 版)

.roルーマニア国別トップレベルドメインコード。国立R&D情報科学局が運営している。






「.ro」の続きの解説一覧

RO

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2012/02/19 15:07 UTC 版)

RO, ro



RO

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/07/04 08:33 UTC 版)

特許協力条約の用語集」の記事における「RO」の解説

#受理官庁(Receiving Office)。

※この「RO」の解説は、「特許協力条約の用語集」の解説の一部です。
「RO」を含む「特許協力条約の用語集」の記事については、「特許協力条約の用語集」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「ro」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「ro」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

roのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



roのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
新語時事用語辞典新語時事用語辞典
Copyright © 2022 新語時事用語辞典 All Rights Reserved.
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの.ro (改訂履歴)、RO (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの特許協力条約の用語集 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS