.gyとは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 情報 > 記号 > 記号 > .gyの意味・解説 

グレイ(Gy)

グレイは、放射線をある物体当て場合その物体が吸収した放射線エネルギー量を表す単位で、吸収線量よばれる。 1グレイは、放射線を受けた物体キログラムあたり1ジュールエネルギー吸収したことに相当する。 この単位放射線物質種類によらず適用されるもので、放射線物質人体を含む)に与え影響評価するときの基本的物差しになる。

吸収線量 (Gy, グレイ)

物質吸収された放射線エネルギー。1Gyは、1kgあたりに1J(ジュール)の放射線吸収されたことを表す(1J = 0.24 Cal(カロリー))

グレイ

英訳・(英)同義/類義語:gray, Gy, gray

放射線量に関する標準単位で、単位質量当たりに吸収される放射線エネルギー量。1kgの物質に1Jのエネルギー吸収される放射線量を1Gyとする・

グレイ

Gy

放射線の量を現す単位のひとつで、吸収線量単位です。人体どれだけ吸収されたか、単位質量あたりに吸収されたエネルギーの量をグレイ(Gy)であらわします。

線量


.gy

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/11/01 02:14 UTC 版)

.gy国別コードトップレベルドメイン(ccTLD)の一つで、ガイアナに割り当てられている。ドメインの管理、運営はガイアナ大学のウェブサイトで行われている。






「.gy」の続きの解説一覧

GY

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2013/06/06 10:23 UTC 版)

GY

Gy

gy

Gygy



グレイ (単位)

(.gy から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/10/21 16:21 UTC 版)

グレイ (gray、記号:Gy) とは、放射線によって人体をはじめとした物体に与えられたエネルギーを表す単位を言う。吸収線量[1]またはカーマ[1]単位[2]として主に用いられる。




  1. ^ a b c d e 1992年(平成4年)11月18日政令第357号「計量単位令」
  2. ^ SI組立単位の一つである。
  3. ^ 医療の領域では、数mGyの診断に伴う被曝から、放射線治療に伴う数10Gyに及ぶ線量まで幅広い線量領域の被曝が取り扱われる。そのため、定義から等価線量実効線量は用いることはできない(数Gyに比例する高い線量域において等価線量は適用できない)。この幅広い線量領域で共通して使える線量は、線量概念の基本量としての吸収線量である。 草間(2005) p.22
  4. ^ CJK Compatibility” (2015年). 2016年2月21日閲覧。
  5. ^ The Unicode Standard, Version 8.0.0”. Mountain View, CA: The Unicode Consortium (2015年). 2016年2月21日閲覧。


「グレイ (単位)」の続きの解説一覧



.gyと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「.gy」の関連用語

.gyのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



.gyのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
文部科学省文部科学省
Copyright (C) 2021 文部科学省 All rights reserved.
環境防災Nネットホームページ原子力防災基礎用語集
内閣府原子力委員会内閣府原子力委員会
Copyright (C) 2021 Atomic Energy Commission of Japan. All Rights Reserved.
JabionJabion
Copyright (C) 2021 NII,NIG,TUS. All Rights Reserved.
VOL-NetVOL-Net
Copyright(C) 2002-2021 声を聴き合う患者たち&ネットワーク「VOL-Net」. All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの.gy (改訂履歴)、GY (改訂履歴)、グレイ (単位) (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS