.foとは? わかりやすく解説

エフ‐オー【FO】

読み方:えふおー

fade-outフェードアウト


エフ‐オー【FO】

読み方:えふおー

《(フランス)Force Ouvrièreフランス労働総同盟のうち、右派1947年結成した組合


FO(えふ・おー)

英字free out, free discharge
船内人夫賃は船主負担、揚船内人夫賃は荷主負担することです。

フェードアウト 【fade out[FO]】


酸素モノフルオリド

分子式FO
その他の名称Oxygen monofluoride、酸素モノフルオリド


ヒドロキシフルオリド

分子式FO
その他の名称Hydroxy fluoride
体系名:ヒドロキシフルオリド


酸素モノフルオリドイオン(+)

分子式FO
その他の名称酸素モノフルオリドイオン(+)、Oxygen monofluoride ion(+)


5‐フルオロオロト酸

分子式C5H3FN2O4
その他の名称WR-152520、FO、5-Fluoroorotic acid1,2,3,6-Tetrahydro-2,6-dioxo-5-fluoro-4-pyrimidinecarboxylic acid、5-Fluoro-2,6-dioxo-1,2,3,6-tetrahydro-4-pyrimidinecarboxylic acid、5-Fluoro-1,2,3,6-tetrahydro-2,6-dioxo-4-pyrimidinecarboxylic acid、5-フルオロオロット酸、5-フルオロオロチン酸
体系名:1,2,3,6-テトラヒドロ-2,6-ジオキソ-5-フルオロ-4-ピリミジンカルボン酸、5-フルオロ-2,6-ジオキソ-1,2,3,6-テトラヒドロ-4-ピリミジンカルボン酸、5-フルオロ-1,2,3,6-テトラヒドロ-2,6-ジオキソ-4-ピリミジンカルボン酸、5-フルオロオロト酸


補酵素F420

分子式C16H17N3O7
その他の名称1-Deoxy-1-[(2,3,4,10-tetrahydro-8-hydroxy-2,4-dioxopyrimido[4,5-b]quinolin)-10-yl]-D-ribitol、補酵素F420Coenzyme F420、1-Deoxy-1-(3,4-dihydro-8-hydroxy-2,4-dioxopyrimido[4,5-b]quinoline-10(2H)-yl)-D-ribitol、1-Deoxy-1-(3,4-dihydro-2,4-dioxo-8-hydroxypyrimido[4,5-b]quinoline-10(2H)-yl)-D-ribitol、8-ヒドロキシ-5-デアザリボフラビン、8-Hydroxy-5- Deazariboflavin、補酵素F420、Coenzyme F420、7,8-Didemethyl-8-hydroxy-5-carbariboflavin、1-Deoxy-1-(2,4-dioxo-3,4-dihydro-8-hydroxypyrimido[4,5-b]quinoline-10(2H)-yl)-D-ribitol、Fo、7,8-ジデメチル-8-ヒドロキシ-5-デアザリボフラビン、7,8-Didemethyl-8-hydroxy-5-deazariboflavin
体系名:1-デオキシ-1-[[2,3,4,10-テトラヒドロ-8-ヒドロキシ-2,4-ジオキソピリミド[4,5-b]キノリン]-10-イル]-D-リビトール、1-デオキシ-1-[(2,3,4,10-テトラヒドロ-8-ヒドロキシ-2,4-ジオキソピリミド[4,5-b]キノリン)-10-イル]-D-リビトール、1-デオキシ-1-(3,4-ジヒドロ-8-ヒドロキシ-2,4-ジオキソピリミド[4,5-b]キノリン-10(2H)-イル)-D-リビトール、1-デオキシ-1-(3,4-ジヒドロ-2,4-ジオキソ-8-ヒドロキシピリミド[4,5-b]キノリン-10(2H)-イル)-D-リビトール7,8-ジデメチル-8-ヒドロキシ-5-カルバリボフラビン、1-デオキシ-1-(2,4-ジオキソ-3,4-ジヒドロ-8-ヒドロキシピリミド[4,5-b]キノリン-10(2H)-イル)-D-リビトール


酸素モノフルオリドイオン(−)

分子式FO
その他の名称Oxygen monofluoride ion(-)酸素モノフルオリドイオン(-)


Fo

名前 フォフォー

.fo

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/08/06 07:54 UTC 版)

.foは、デンマーク自治領であるフェロー諸島の国別トップレベルドメイン(ccTLD)である。




「.fo」の続きの解説一覧

FO

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/08/29 05:04 UTC 版)

FO, Fo, fo




「FO」の続きの解説一覧

「FO」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



.foと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

.foのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



.foのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日本ユニコム日本ユニコム
Copyright(C) 2022 NIHON UNICOM CORPORATION All Rights Reserved.
日本ユニコム商品先物取引用語集
社団法人日本映像ソフト協会社団法人日本映像ソフト協会
Copyright © 2000-2022 Japan Video Software Association
独立行政法人科学技術振興機構独立行政法人科学技術振興機構
All Rights Reserved, Copyright © Japan Science and Technology Agency
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの.fo (改訂履歴)、FO (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS