.noとは?

ノー [1] 【no】

( 名 )
外来語の上に付いて,ないこと,禁止されていること,不要であることなどの意を表す。 「 --ネクタイ
( 感 )
否定拒否を表す語。いいえ。いや。否。 ↔ イエス

No


一酸化窒素(NO)

無色ガスで,空気中で酸化されて,直ち赤褐色二酸化窒素変わります。一酸化窒素は活性弱く気道,肺を通じて血液入り,ここではじめ赤血球反応してヘモグロビンメトヘモグロビン変化させます血液毒であると同時に中枢神経にも作用して麻痺起こします。

一酸化窒素(NO) (いっさんかちっそ)

 窒素酸化物(NOx)の一つ。物が燃焼するとき発生する窒素酸化物は、はじめ90%以上がNOとして発生するが、大気中で酸化されNO2変化する。

ノーベリウム

分子式No
その他の名称:No、Nobelium
体系名:ノーベリウム


ニトロキシル

分子式NO
その他の名称:Oxoamine、ニトロキシル、Nitroxyl、1-Aza-2-oxaethene
体系名:オキソアミン、1-アザ-2-オキサエテン


ニトロシル

分子式NO
その他の名称:Nitrosyl
体系名:ニトロシル


ニトロソラジカル

分子式NO
その他の名称:Nitrosoradical
体系名:ニトロソラジカル


(アミノオキシ)ラジカル

分子式NO
その他の名称:(Aminooxy)radical、Nitroxide radical、ニトロキシドラジカル
体系名:(アミノオキシ)ラジカル


ニトロソニウム

分子式NO
その他の名称:Nitrosocation、Oxoaminylium、ニトロソニウム、Nitrosonium
体系名:ニトロソカチオン、オキソアミニリウム


ノーベリウム

分子式No
その他の名称:No、Nobelium
体系名:ノーベリウム


一酸化窒素


物質
ノーベリウム
英語名
Nobelium
元素記号
No
原子番号
102
分子量
259
発見
1958年


物質
一酸化窒素
化学式
NO
原子量
30.0
融点(℃)
-163.6
沸点(℃)
-151.8
密度(g/cm3
1.34

気体。無h速で、に溶けやすい。

No

作者西村京太郎

収載図書北陸の海に消えた女
出版社講談社
刊行年月1997.6
シリーズ名講談社ノベルス


No

名前 ノ; ノー

.no

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/01/06 06:06 UTC 版)

ナビゲーションに移動 検索に移動
.no
施行 1987年
TLDの種類 国別コードトップレベルドメイン
現在の状態 利用可
管理団体 UNINETT Norid
後援組織 UNINETT Norid
利用地域 ノルウェーに関連のある団体
使用状況 ノルウェーでは一般的。利用可能な第3レベルより、第2レベルでの登録が多い。
登録の制限 ノルウェーで登録されている団体である必要有。ただし、.priv.noの下は除く。これは、個人による登録が許されている。特定のサブドメインは様々な用件が必要。組織1つに付き第2レベルの登録は20個と制限されている。
階層構造 登録は第2レベル、もしくは、多様に存在する様々な第2レベルの下の第3レベルに直接行うことができる。
関連文書 Domain name policy for .no
紛争解決方針 Complaint procedure
ウェブサイト Norid
テンプレートを表示

.noノルウェーに割り当てられている国別コードトップレベルドメイン(ccTLD)。登録は所定の機関により審査され、国際化ドメイン名も同時に登録することができる(詳細参照)

外部リンク


NO

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/04/11 01:35 UTC 版)

ナビゲーションに移動 検索に移動

NO

No

no

No.

関連項目


N.O.

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/12/06 13:37 UTC 版)

ナビゲーションに移動 検索に移動
N.O.
電気グルーヴシングル
初出アルバム『VITAMIN
B面 4U Rack And Roll
リリース
規格 8cmシングル
ジャンル テクノ
レーベル キューンソニーレコード
作詞・作曲 作詞・作曲:石野卓球
プロデュース 電気グルーヴ
チャート最高順位
  • 週間21位(オリコン
  • 登場回数12回(オリコン)
電気グルーヴ シングル 年表
SNAKEFINGER
1992年
N.O.
1994年
ポポ
(1994年)
テンプレートを表示

N.O.」(エヌ・オー)は、日本テクノユニットである電気グルーヴの3枚目のシングル。

1994年2月2日キューンレコードよりリリースされた。

アルバム『VITAMIN』からのシングルカット。

録音

元々はインディーズでのアルバム『662 BPM BY DG』に収録されていた「無能の人(LESS THAN ZERO)」のリメイクで、「人生」解散当時の石野の心情を歌ったもの。一部歌詞を書き直し、トラックも新規に製作された(打ち込みは砂原良徳が担当)。

タイトルは石野卓球が校則が厳しかった高校時代、落ち込んでいた石野の心を癒してくれた英国のバンド「ニュー・オーダー」の略で「無」を意味する英語「NO」との掛詞であるが、後のセルフトリビュートアルバム『The Last Supper』収録時には「Nord Ost」(ドイツ語で北東)と略と改めて付け加えられている。

トラックのコンセプトは、子門'z名義の「トランジスタラジオ」に続いて“完全居酒屋対応チューン”として制作された。本曲はメジャーデビュー後もファンからのリメイクの要望が強く、石野もそれを望んではいたが、いささか正統派ポップス歌謡的なその内容は『VITAMIN』制作時の同グループにとって目指していた方向性と正反対に位置する楽曲でもあった。

器楽曲中心に構成された『VITAMIN』の内容に危機感をもったレコード会社側が急遽アルバムのラストにこの曲を収録する事を命じ、メンバーは「ボーナストラック」扱いで最後に収録することを条件に渋々それを飲んだというエピソードが残っている。

曲中の『We like the music, we like the disco sound, hey!!』と歌う声は、石野が敬愛するイギリスのユニットポップ・ウィル・イート・イットセルフ1989年のシングル「Can U Dig It?」の中からサンプリングしたものである。

『662 BPM BY DG』製作時の電気グルーヴのスタイルは、サンプリングを売り物にしていたポップ・ウィル・イート・イットセルフの手法を参考に確立されたものであるが、ポップ・ウィル・イート・イットセルフは、元々、1977年ディスコヒット、ベル・エポック (Belle Epoque) の「Black is black」からこのフレーズをサンプリングしているため、電気グルーヴの引用は孫引きということになる。なお、ベル・エポックの「Black is black」は、スペインのグループ Los Bravosの原曲をディスコ調にカバーしたものであり、『We like the music, we like the disco sound, hey!!』のフレーズもこの時のディスコアレンジで加えられたものである。

ミュージック・ビデオ

ミュージック・ビデオでは白い空間の中でメンバーが白色の衣装を着て演奏する。監督は塩坂芳樹。瀧は、特殊メイクによりフランケンシュタインコスプレをしてステージ上を徘徊するという動きを見せた。DVD『電気グルーヴのゴールデンクリップス~Stocktaking』に収録。

ライブ・パフォーマンス

この曲をテレビ番組で披露する際、途中の歌以外、特に担当ポジションの無い瀧が奇妙なパフォーマンスを行って「演奏した」と言い張っていた。

  • スーパージョッキー』(日本テレビ)にゲスト出演した際、細川ふみえが「今回は特別な楽器で演奏します」と発表したものの、実際は瀧が後ろで轆轤を回転させた上で陶芸粘土で形を作っただけであった。演奏終了後、司会のビートたけしは「何をやっていたんでしょうか」と苦笑した。
  • タモリの音楽は世界だ』(テレビ東京)のテクノ特集でゲスト出演し、この曲を披露した際、瀧はおもちゃのギターをぶん回していた。途中、勢い余って遠くに飛んでいき、慌てて拾いに行ったりもしている。
  • MJ -MUSIC JOURNAL-』(フジテレビ)に出演した際、瀧はローランドのロゴのついたサンドバッグを殴ったり、数羽のニワトリを逃がして捕まえるというパフォーマンスを行っている。途中逃げ回ったニワトリが思ったよりもスタジオ中に行ってしまい、瀧が画面からフェイドアウトしてしまっている。
  • その他、わたあめを作る、ギターを振り回す、琵琶を弾く、おにぎりを握るなどの「演奏」をしている。

メディアでの使用

1996年にハドソンから発売されたスーパーファミコン用ソフト『桃太郎電鉄HAPPY』の「シードーム」でのコンサートイベントに登場する電気グルーヴをモチーフにした「電グル」なるバンドの曲として、「MOMOOH[1]と言う「N.O.」に似た曲が流れる。

別バージョン

同時収録の「N.O. (Ken Ishii Reproduction)」はケン・イシイとしては初のリミックス提供作品。このシングルが発売された当時、既にイシイはR&Sや+8といった当時のテクノ主力レーベルから作品を発表してはいたが、日本ではその情報がほとんど皆無に等しかった時代であり、石野も渡英した際に現地のテクノファンからその名を知らされた程であった。

帰国後、すぐさま『電気グルーヴのオールナイトニッポン』(ニッポン放送)ではイシイのアルバム『Garden On The Palm』の収録曲が放送された。イシイが日本居住者であることがわかるとすぐさま石野は接触を図り、本リミックスの制作が実現した。初対面の際には石野とイシイ、お互いの当時の恋人が同席して紹介しあったらしい。

一部ノイズが入っているが、このリミックス制作当時、ギタリストの友人がケン・イシイ自宅スタジオを訪れた際に、ミキサーにギターをつなぎ全開で音を出して以降、ノイズが入るようになってしまったとのこと。

The Last Supper』には衛藤利恵ヴォーカルによるドイツ語歌詞ヴァージョンが収録されている。NHK教育ドイツ語会話2001年度OPに使われた。

カバー

シングル収録曲

  1. N.O.
  2. 4U Rack And Roll
    • 作詞:石野卓球/作曲:砂原良徳、石野卓球
  3. N.O. (Ken Ishii Reproduction)

脚注

  1. ^ 曲名はこのゲームのサウンドテストで確認可能。

No.

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/02/21 16:11 UTC 版)

ナビゲーションに移動 検索に移動
この項目に含まれる文字は、オペレーティングシステムブラウザなどの環境により表示が異なります。 の文字は公式の表記と異なる可能性があります。
この項目には、JIS X 0213:2004 で規定されている文字が含まれています(詳細)。

No. は、番号を示す数字の前に置かれる記号であり、英語では numero sign と呼ぶ。日本語では「ナンバー英語: number)」と読まれる。番号記号の # と意味はほぼ同じで、たとえば「No.5」なら5番の意である。番号を意味する語の省略形 no. の最初の文字を大文字とし記号化された。

元々ラテン語で「数えると」という意味の numeronumerus の単数奪格)の最初と最後の文字を取って no. となった。ロマンス語圏では、各国語で相当する語(スペイン語ポルトガル語: númeroフランス語: numéroイタリア語: numero など)の略とも解釈される。英語でも number の省略形は no. である[1]

表記

No の「o」を上部に書く(No)、「o」の下にアンダーバーを引く(No、No)、「o」でなく「°」を使用する (N°)など、いろいろな表記があるが、共通して同じ意味である。"No"のみの表記は多く誤用されているが"No"(いいえ、否定形)との違いが全くなくもちいるべきではない。

各言語での違い

スペイン語

スペイン語では記号というより、単に número(番号)という単語の省略形である。スペイン語で単語を省略形にする時には、末尾の何文字かを下線付きの上付き小文字で表記する(voladitas と呼ぶ)。したがって número を省略形にすると単数ならば no、複数ならば nos となる。同様な省略形として、たとえば FcoFrancisco(人名)、MaMaría(人名)の省略形である。

否定詞の no と紛らわしいため、No. という表記はしない。

フランス語

フランス語では numéro(番号)という単語とほぼ対応しており、表記法は様々である(No. · no. · No · no など)。複数形では s がつき nos などとなる。

英語イタリア語スペイン語などとは違って、フランス語には no という単語はないため、混乱することはない。

ロシア語

キリル文字には「N」という字はないのだが、ロシア語では記号として「」が使われており、コンピュータやタイプライタのキーボードにもこの記号がある(数字の3と同じキー・JISキーボードでは#の位置)。ロシア語ではこの記号を「Знак номера」と呼ぶ。

その他のヨーロッパ言語

この表記を使わない言語もある。ドイツ語では、代わりに Nr.: Nummer の省略形)が使われる。

コンピュータでの表現

Unicodeにはこの記号が文字様記号ブロックに U+2116 として収録されている。コードチャートのグリフは「」となっている(ただしこのグリフに強制力はない)。

しかしこの文字は、レガシー標準との互換性のために導入された互換文字であり、互換性維持以外の目的での使用は推奨されない。分解マッピングは「<compat> 004E 006F」(004E = N、006F = o)なので、「No」と(必要ならばこれにマークアップを施して)書くことが推奨される。

キリル文字や東アジアの文字集合にはこの文字が含まれているものもある。たとえば、JIS X 0208(JIS第1・第2水準)には含まれていないが、JIS X 0213(JIS第3・第4水準)には含まれている。

8ビット文字集合では、「No」のほか、「N°」(2文字目が度記号[2]、「No.」(最後にピリオド)、「Nº」(2文字目が序数標識)などとも書かれる。

符号位置

記号 Unicode JIS X 0213 文字参照 名称
U+2116 1-13-66 &#x2116;
&#8470;

脚注

[ヘルプ]
  1. ^ 英語の numbers(複数形)の省略形は nos. である
  2. ^ Unicode Standard「14.2 Letterlike Symbols」

関連項目


NO.

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/08/08 05:41 UTC 版)

ナビゲーションに移動 検索に移動
NO.
ジャンル 音楽番組
製作
制作 テレビ朝日
放送
音声形式 ステレオ放送
放送国・地域 日本
放送期間 1993年4月 -1999年10月1日
放送時間 毎週月曜~金曜 20:54~20:56
放送分 2分
テンプレートを表示

NO.』(エヌオー)は、テレビ朝日系列1993年4月から1999年10月1日まで、毎週月曜日から金曜日に放送されていた音楽番組ミニ番組である。

概要

  • 音楽制作会社のビーイングに所属する、ビーイング系アーティストの新譜情報などを伝える、ミニ音楽番組。
  • ビーイング系アーティストのプロモーションビデオが毎日約1分半放映され、普段、あまり見ることが出来ないアーティストのレコーディング作業や、当番組でしか視聴出来ない別バージョンのプロモーションビデオも放映されていた。
  • 当時ヒット曲を多数送り出していたビーイングのマスメディアに対する方針として、93年春頃からメディアへの露出を極力抑えるイメージ戦略があったとされ、当番組の開始時期はZARDやWANDSがテレビに出演しなくなった時期と重なっている。
  • 音楽番組などのテレビに出演しないアーティストの動く映像や、ビデオクリップが多数紹介された。特に金曜日のミュージックステーション終了直後のオンエアでは有力アーティストが配置され、自社がスポンサー提供する帯番組を最大限に活用してアーティスト像のイメージコントロールをするという形での宣伝も担っていた。
  • ナレーターは、元・Mi-Ke村上遙が担当し、オープニングの「エヌオーッ!」というタイトルコールの叫びは、ナレーターを務める村上遥が「エヌオーッ!」のタイトルコールを叫ぶ回と、プロモーションビデオに出演するアーティスト自ら「エヌオーッ!」のタイトルコールを叫ぶ回があり、オープニングの「エヌオーッ!」のタイトルコールの声で、今日はどのアーティストのプロモーションビデオが放映されるかが分かる目安にもなっていた。ただし、必ず声とその日に登場するアーティストが一致しているわけではなかった。ちなみに、「エヌオーッ!」のタイトルコールを収録していたアーティストは、B'zZARD坂井泉水)・大黒摩季宇徳敬子FIELD OF VIEW(ボーカルの浅岡雄也)・PAMELAH(ボーカルの水原由貴)などであった。
  • 1996年から1998年には、年末の1時間スペシャル番組として「NO.スペシャル」が一部系列局を除き放送されていた[1]。司会は村上遥とUJが担当していた回や、テレビ朝日高井正憲アナ(当時)が担当していた回もあった。
  • オープニングや放送中に表示されるタイトルロゴは何度か変遷しており、1993年の放送開始~1998年3月まではオープニングで使用された様々なロゴをそのまま使用し、1998年4月からは、NO.の文字ロゴ、オープニングのタイトルコール、担当ナレーターが一新され、1998年夏から1999年の1月末までは、当時「CD NEWS」のナレーターも担当していた鈴木聖子がナレーターを担当、1999年2月から9月24日の最終回まではHIROMIがナレーターを担当した。
  • キー局のテレビ朝日では月曜から金曜の20:54から20:56までの2分間の放送であったが、放送時間帯は各系列局によって異なっていた。各局の過去の放送時間は、各局の放送時間を参照のこと。
  • 1997年1月には、放送1000回を数え、その1000回目に放送されたのは、B'z稲葉浩志の初のソロアルバム『マグマ』の収録曲「波」のビデオクリップだった。
  • 当番組で放送された多数のビデオクリップは、VHSやDVDでの商品化に至っていない映像も多数存在しているが、2003年7月21日に発売された、アニメ『スラムダンク』のコンピレーション・アルバム『THE BEST OF TV ANIMATION SLAM DUNK〜Single Collection〜』に付属している特典DVDに、ZARD「マイ フレンド」や大黒摩季「あなただけ見つめてる」などの、当時放送された映像をそのまま収録しており、「NO.」で放送された映像を、唯一公式にDVD化した作品となっている。
  • 1999年5月27日にZARDの初のベストアルバム『ZARD BEST The Single Collection 〜軌跡〜』が発売されるにあたり、当番組ではこのベストアルバムの紹介映像が放送される際には、画面左上にテロップで「発売まであと○日」と表示し、カウントダウンを行っていた。
  • 1999年8月31日に豪華客船ぱしふぃっくびーなす号で行われた、ZARDの初ライブの映像から、「世界はきっと未来の中」が放送された。

主な放送内容

※特記のない場合は、通常のビデオクリップ放送を指す。

1993年

1994年

1995年

1996年

1997年

1998年

1999年

各局の放送時間

放送対象地域 放送局 放送日時 備考
関東広域圏 テレビ朝日(EX)【制作局】 毎週月曜-金曜 20:54-20:56
北海道 北海道テレビ放送(HTB) 毎週月曜-金曜 18:58-19:00 [4]
香川県岡山県 瀬戸内海放送(KSB) 毎週月曜-金曜 18:57-18:59 [5]
関西広域圏 朝日放送(ABC) 毎週月曜~木曜 24:24-24:29 金曜 24:19-24:24 [6]
熊本県 熊本朝日放送(KAB) 不明
大分県 大分朝日放送(OAB) 毎週月曜-金曜 18:57-18:59
石川県 北陸朝日放送(HAB) 毎週月曜-金曜 18:58-19:00

関連項目

  • CD NEWS 「NO.」と同一時期に放送を開始し、同時期に放送を終了した、ビーイング所属アーティストのビデオクリップが放送されていた、ミニ音楽番組。千葉テレビ放送制作。
  • MU-GEN 2004年から2009年まで放送された、音楽番組。千葉テレビ放送制作。
  • MUSIC FOCUS 2009年から2012年まで放送された、音楽番組。千葉テレビ放送制作。
  • MUSIC LAUNCHER 2012年から現在放送中の音楽番組。千葉テレビ放送制作。
  • ヘヴィー・ローテーション
  • 世界の車窓から(同じく、同時期のテレ朝の帯番組)
  • 都のかおり(同じく、同時期のテレ朝の帯番組)

脚注

  1. ^ ABC朝日放送やKSB瀬戸内海放送では、3年間の間、一度も特別番組の放送は実現しなかった。
  2. ^ 前田亘輝の初のベストアルバム「Single Collection +」の初回限定版にソロ楽曲のビデオクリップを収録したDVDが付属したが、この曲のビデオクリップの収録は見送られている。
  3. ^ この当時、後に追悼ライブ「What a beautiful memory」で披露される事になる、ミュージックステーションのスタッフと共に制作されたビデオクリップが放送されていた。
  4. ^ 当時放送されていた「myステーション」→「情報ワイド 夕方Don!Don!」の終了直後に放送。19時台の番組にステブレレスで繋いだ。
  5. ^ 当時放送されていた「KSBステーションEYE」の終了直後の15秒の番組宣伝の後にCMが30秒流れた後に放送されていた。
  6. ^ 当時放送されていた「ナイトinナイト」の各曜日放送終了後の「ABCフラッシュニュース」「ABCニュース」の後番組として放送されていた。金曜日は、「探偵!ナイトスクープ」の放送があり、この放送終了後の番組として放送されていたため、開始時間が異なっていた。



.noと同じ種類の言葉


固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

.noのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



.noのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2020 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
九州環境管理協会九州環境管理協会
財団法人 九州環境管理協会(以下、「当協会」とします)ホームページに記載されている全ての文章、写真その他の画像等の著作権は、すべて当協会に帰属します。これらを無断で転載・複製することは、私的使用または引用として使用する場合を除き、著作権法で禁止されています。
環境省環境省
Copyright © 2020 Kankyosho All rights reserved.
独立行政法人科学技術振興機構独立行政法人科学技術振興機構
All Rights Reserved, Copyright © Japan Science and Technology Agency
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの.no (改訂履歴)、NO (改訂履歴)、N.O. (改訂履歴)、No. (改訂履歴)、NO. (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS