2003とは? わかりやすく解説

2003

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/02/11 04:16 UTC 版)

2003二千三、にせんさん)は自然数、また整数において、2002の次で2004の前の数である。




「2003」の続きの解説一覧

2003

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/11/13 14:16 UTC 版)

ヴィトール・メイラ」の記事における「2003」の解説

メイラ2003年にチーム・メナードから初めインディ500参戦ルーキーとして12位でフィニッシュした。続く7戦をジョンズ・マンビルがスポンサードするメナード2番車をドライブしたが、ケンタッキー・スピードウェイでのプラクティス中のクラッシュで3戦を欠場した手首怪我から復帰彼は終盤2戦に出走最終戦では4位入賞した

※この「2003」の解説は、「ヴィトール・メイラ」の解説の一部です。
「2003」を含む「ヴィトール・メイラ」の記事については、「ヴィトール・メイラ」の概要を参照ください。


2003

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/02 04:00 UTC 版)

国際交流基金地球市民賞」の記事における「2003」の解説

アーティスト・イン・レジデンス美濃・紙芸術村実行委員会岐阜県美濃和紙素材とする海外からのアーティストたちの創作活動ホームステイへの支援を通じ地域新たな活力創造武生国際音楽祭推進会議福井県市民ボランティア情熱支えられた、市民手作り世界的レベル現代音楽中心とした音楽祭北方国際シンポジウム 実行委員会北海道) 「流氷」を地域知的資源とし、国内外研究者集まってシンポジウム市民支え地域風土見直活動

※この「2003」の解説は、「国際交流基金地球市民賞」の解説の一部です。
「2003」を含む「国際交流基金地球市民賞」の記事については、「国際交流基金地球市民賞」の概要を参照ください。


2003

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/11 23:57 UTC 版)

タイ・ロー」の記事における「2003」の解説

ローこの年記録的な強力守備一員としてプロボウル選出された(1試合平均失点(14.9)、対戦相手パサーレイティング(56.2)、インターセプト29)、被パッシングTD29))AFCチャンピオンシップゲームでは、インディアナポリス・コルツペイトン・マニングからインターセプト奪いチーム勝利貢献した過去3年2度目スーパーボウル出場となった第38回スーパーボウルカロライナ・パンサーズ破りスーパーボウル連覇果たした

※この「2003」の解説は、「タイ・ロー」の解説の一部です。
「2003」を含む「タイ・ロー」の記事については、「タイ・ロー」の概要を参照ください。


2003

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/15 06:16 UTC 版)

東雅雄」の記事における「2003」の解説

2003年シーズン開幕前、32歳になる東はこのシーズンいっぱいで引退密かに決意していた。長年在籍したリエージュ・コンペティションを去りフィンランドアジョ・モータースポーツ移籍し引き続きホンダRS125Rブリヂストンタイヤパッケージ戦うことになったが、GP参戦2年目チームではメカニック未熟でマシンセッティング苦しんで思うような成績残せないままシーズン終盤迎えた。そしてもてぎでおこなわれた第13戦パシフィックGP決勝前にこのシーズン限りでの現役引退公式に発表得意のウェットレースとなった15オーストラリアGPでは、に強いブリヂストンタイヤ武器2位表彰台獲得。これがこのシーズン唯一の表彰台となり、シリーズランキング16位で最後のシーズン終えた

※この「2003」の解説は、「東雅雄」の解説の一部です。
「2003」を含む「東雅雄」の記事については、「東雅雄」の概要を参照ください。


2003

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/02 13:32 UTC 版)

史上最強の移動遊園地 DREAMS COME TRUE WONDERLAND」の記事における「2003」の解説

2003年は、これまでのDWLのようなフライング等の派手な演出控え、歌と演奏をよりじっくり聴かせるコンセプトのもと、都市近郊野外会場ロックフェスティバル要素を取り入れ、7都市開催され30万人動員した。ステージセットもシンプルで、く通称ドリームみかん箱』と呼ばれたまた、DWLとしては初のドリカムの夕べ」(楽器だけを持って行きそのまま演奏するというライブ)を沖縄開催した。また西川脱退後初のDWLとなった。 「一日中ワンダーランド」をテーマとし、会場内には、音楽を楽しむ「ライヴガーデン」と、飲食店各地名産品が並ぶ「アミューズメントガーデン」の2つエリア構成された。この時運営方法が、後の音楽以外でのイベントでのフォーマットとして使用されているまた、座席には家族でも楽しめるように初のファミリーゾーンを設置したこの年吉田美和ソロアルバムbeauty and harmony 2をリリースしたため吉田美和ソロ楽曲リクエスト行われその中から上位3曲を披露した

※この「2003」の解説は、「史上最強の移動遊園地 DREAMS COME TRUE WONDERLAND」の解説の一部です。
「2003」を含む「史上最強の移動遊園地 DREAMS COME TRUE WONDERLAND」の記事については、「史上最強の移動遊園地 DREAMS COME TRUE WONDERLAND」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「2003」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「2003」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

「2003」に関係したコラム

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

2003のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



2003のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの2003 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのヴィトール・メイラ (改訂履歴)、国際交流基金地球市民賞 (改訂履歴)、タイ・ロー (改訂履歴)、東雅雄 (改訂履歴)、史上最強の移動遊園地 DREAMS COME TRUE WONDERLAND (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS