冥王星とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 自然科学 > 宇宙 > > 冥王星の意味・解説 

めいおう‐せい〔メイワウ‐〕【冥王星】

読み方:めいおうせい

Pluto太陽系海王星外側を回る準惑星太陽からの平均距離59億1510キロ、すなわち39.5402天文単位公転周期247.796年。1930年米国ローウェル天文台C=Wトンボー発見し長らく第9惑星とされていたが、2006年国際天文学連合IAU)により新たに準惑星分類された。軌道離心率大きく海王星内側になることもある。最大光度13.6等。赤道半径は1195キロ質量地球の0.0022倍。カロン・ニクス・ヒドラ・ケルベロス・ステュクスの5衛星をもつ。プルートー

[補説] 2015年7月米国探査機ニューホライズンズ到達接近観測成功した


冥王星(めいおう・せい)

太陽周りを回る天体のひとつ

アメリカ天文学者トンボー海王星より外側にある天体として1930年発見した太陽地球間の40倍にあたる平均半径楕円軌道148年かけて一周する従来太陽系における9番目の惑星という地位にあった

冥王星は、太陽から非常に遠い場所にあるため、これまで地上望遠鏡からの観測しかできなかった。2006年1月NASA打ち上げた人工衛星ニュー・ホライズンズ」は、2015年の夏ごろ冥王星に最も接近し表面写真など詳細なデータ収集する予定だ。

プラハ開催され国際天文学連合IAU)の総会で、これまであいまいにされていた惑星について、(1)太陽周り回り(2)自己重力球形保ち(3)周回軌道上に他の天体存在しないもの、という定義が採択された。

冥王星の周回軌道上には小惑星多数存在し条件(3)満たさないため、惑星から格下げされた。今後、冥王星のような天体矮惑星 (dwarf planet) と呼ぶことになった

(2006.08.28掲載


冥王星

分類:太陽系


名称:冥王星
属す銀河銀河系
衛星カロン
到達観測した探査機:現在、惑星探査機到達観測行われていません。
大きさ直径約2,274km(地球の約0.18倍)
太陽からの平均距離:59億1,510km
公転周期:247.796年
自転周期:6.39日
質量:0.0022(地球=1)
平均密度:2.13g/立方cm
赤道重力:0.07(地球=1)

天王星海王星軌道理論値と合わないことから、19世紀末より海王星外側太陽系第9番目の未知惑星存在する考えられいました1915年には 、アメリカ天文学者パーシバル・ローウェルが冥王星の存在発表その後ローウェル天文台トンボーによって1930年2月18日発見されました。ギリシャ神話から「プルート」(冥界の王)と名付けられました。岩石質の惑星で、おそらく氷と凍結したメタンおおわれているだろうと考えられています。1978年衛星カロン発見され、その運動などから冥王星の質量直径明らかになりましたが、大きさ地球の月の約3分の2小さく、約40天文単位という遠方位置しているため、まだわからないことが多い未知惑星です。
2006年8月末にチェコプラハ開催され国際天文学連合総会で、天文学者惑星科学的に明確に定義しました。
(1)太陽周り回っていること。
(2)十分重く重力強いため丸いこと。
(3)その軌道周辺圧倒的に大きく、他の同じよう大きさ天体存在しないもの
1992年、冥王星と同じよう天体似たような場所に次々と発見され、その数は1,000個を超えてます。また、2005年には冥王星より大きな直径を持つ天体2003UB313発見されていることなどから、冥王星は(3)条件当てはまらず惑星仲間ではないと決議されました。(1)(2)条件満たし、また衛星ではない天体を「準惑星」と呼んでます。冥王星、2003UB313、それに現在までに発見され小惑星最大セレスも、この分類に含まれています。


冥王星

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2024/02/20 08:41 UTC 版)

冥王星(めいおうせい、134340 Pluto)は、太陽系外縁天体内のサブグループ(冥王星型天体)の代表例とされる、準惑星に区分される天体である。1930年クライド・トンボーによって発見され、2006年までは太陽系第9惑星とされていた。しかし他の8惑星と比べて離心率のある軌道黄道面から傾いた軌道傾斜角を持つ。直径は2,370キロメートル[2] であり、地球衛星であるの直径(3,474キロメートル)よりも小さい。冥王星の最大の衛星カロンは直径が冥王星の半分以上あり、それを理由に二重天体とみなされることもある。


注釈

  1. ^ 意味:「ぼくはきみの月」
  2. ^ 意味: 「冥王星はもう惑星じゃない」

出典

  1. ^ a b c d e f g h i j k l m (134340)Pluto, Charon, Nix, Hydra, Kerberos, and Styx --Orbital and physical data--”. Johnston's Archive. 2016年2月6日閲覧。
  2. ^ a b c d Recent Measurements of Pluto and Charon Obtained by New Horizons”. NASA (2015年7月14日). 2015年7月14日閲覧。
  3. ^ Orbits and photometry of Pluto's satellites: Charon, S/2005 P1 and S/2005 P2
  4. ^ a b c Pluto Fact Sheet”. NASA. 2016年2月6日閲覧。
  5. ^ http://www.solarviews.com/eng/pluto.htm
  6. ^ [1]
  7. ^ a b Discovery Circumstances: Numbered Minor Planets (130001)-(135000)
  8. ^ a b Rao, Joe (2005年3月11日). “Finding Pluto: Tough Task, Even 75 Years Later”. SPACE.com. 2006年9月8日閲覧。
  9. ^ THE ASTRONOMICAL SOCIETY OF THE PACIFIC “106th ANNUAL MEETING” HISTORY SESSIONS”. 2006年3月5日閲覧。
  10. ^ Mager, Brad. “The Search Continues”. Pluto: The Discovery of Planet X. 2015年8月2日閲覧。
  11. ^ Rincon, Paul. “The girl who named a planet”. BBC News. 2006年3月5日閲覧。
  12. ^ Claxton, K.M. “The Planet 'Pluto'”. Parents' Union School Diamond Jubilee Magazine, 1891-1951 (Ambleside:PUS, 1951), p. 30-32. 2006年8月24日閲覧。
  13. ^ How Pluto Got Its Name”. SMART NEWS. SMITHSONIAN.COM (2015年7月14日). 2015年8月2日閲覧。
  14. ^ Croswell, Ken (1997). Planet Quest: The Epic Discovery of Alien Solar Systems. New York: The Free Press. pp. 54-55. ISBN 978-0-684-83252-4 
  15. ^ Rincon, Paul (2006年1月13日). “The girl who named a planet”. BBC News. http://news.bbc.co.uk/1/hi/sci/tech/4596246.stm 2015年8月2日閲覧。 
  16. ^ JPL/NASA (2015年4月22日). “What is a Dwarf Planet?”. Jet Propulsion Laboratory. 2022年1月19日閲覧。
  17. ^ John Lewis, ed (2004). Physics and chemistry of the solar system (2 ed.). Elsevier. p. 64 
  18. ^ Akwagyiram, Alexis (2005年8月2日). “Farewell Pluto?”. BBC News. 2006年3月5日閲覧。
  19. ^ The Final IAU Resolution on the definition of "planet" ready for voting”. IAU (2006年8月24日). 2006年11月20日時点のオリジナルよりアーカイブ。2006年8月24日閲覧。
  20. ^ Kole, William J. (2006年8月24日). “Dinky Pluto loses its status as planet”. AP. 2006年8月24日閲覧。
  21. ^ Plutoid chosen as name for Solar System objects like Pluto”. International Astronomical Union (News Release - IAU0804) (Jun 11, 2008, Paris). 2008年6月13日時点のオリジナルよりアーカイブ。2008年6月11日閲覧。
  22. ^ a b 対外報告(第一報告):国際天文学連合における惑星の定義及び関連事項の取扱いについて” (PDF). 日本学術会議. pp. 14 (2007年4月9日). 2007年4月17日閲覧。
  23. ^ Spahr, Timothy B. (2006年9月7日). “MPEC 2006-R19 : EDITORIAL NOTICE”. Minor Planet Center. 2006年9月7日閲覧。
  24. ^ Shiga, David (2006年9月7日). “Pluto added to official "minor planet" list”. NewScientist. 2006年9月8日閲覧。
  25. ^ Tombaugh, Clyde W. (1946). “The Search for the Ninth Planet, Pluto”. Astronomical Society of the Pacific Leaflets 5: 73–80. Bibcode1946ASPL....5...73T. 
  26. ^ Crommelin, Andrew Claude de la Cherois (1931). “The Discovery of Pluto”. Monthly Notices of the Royal Astronomical Society 91: 380–385. Bibcode1931MNRAS..91..380.. doi:10.1093/mnras/91.4.380. 
  27. ^ Nicholson, Seth B.; Mayall, Nicholas U. (December 1930). “The Probable Value of the Mass of Pluto”. Publications of the Astronomical Society of the Pacific 42 (250): 350. Bibcode1930PASP...42..350N. doi:10.1086/124071. 
  28. ^ Nicholson, Seth B.; Mayall, Nicholas U. (January 1931). “Positions, Orbit, and Mass of Pluto”. Astrophysical Journal 73: 1. Bibcode1931ApJ....73....1N. doi:10.1086/143288. 
  29. ^ Kuiper, Gerard P. (1950). “The Diameter of Pluto”. Publications of the Astronomical Society of the Pacific 62 (366): 133–137. Bibcode1950PASP...62..133K. doi:10.1086/126255. 
  30. ^ Christy, James W.; Harrington, Robert Sutton (1978). “The Satellite of Pluto”. Astronomical Journal 83 (8): 1005–1008. Bibcode1978AJ.....83.1005C. doi:10.1086/112284. 
  31. ^ Seidelmann, P. Kenneth; Harrington, Robert Sutton (1988). “Planet X – The current status”. Celestial Mechanics and Dynamical Astronomy 43: 55–68. Bibcode1987CeMec..43...55S. doi:10.1007/BF01234554. http://www.springerlink.com/content/r42h4u7232t724uq/ 2016年2月6日閲覧。. 
  32. ^ Lellouch, Emmanuel; de Bergh, Catherine; Sicardy, Bruno et al. (2015-01-15). “Exploring the spatial, temporal, and vertical distribution of methane in Pluto's atmosphere”. Icarus 246: 268–278. arXiv:1403.3208. Bibcode2015Icar..246..268L. doi:10.1016/j.icarus.2014.03.027. 
  33. ^ a b How Big Is Pluto? New Horizons Settles Decades-Long Debate”. NASA (2015年7月14日). 2016年1月25日閲覧。
  34. ^ Than, Ker (2006年). “Astronomers: Pluto colder than expected”. Space.com (via CNN.com). 2006年3月5日閲覧。
  35. ^ IAU Circ. 4097; MNRAS 276, 571
  36. ^ Drastic expansion of Pluto's atmosphere as revealed by stellar occultations”. 2006年3月5日閲覧。
  37. ^ Pluto is undergoing global warming, researchers find” (2002年). 2006年3月5日閲覧。
  38. ^ Williams Scientists Contribute to New Finding About Pluto” (2002年). 2006年3月5日閲覧。
  39. ^ すばる望遠鏡 冥王星にエタンの氷、カロンに水の氷を発見”. すばる望遠鏡ホームページ (1999年7月19日). 2014年7月30日閲覧。
  40. ^ 極寒の冥王星の地下に海が存在できる謎を解明”. 東工大ニュース (2019年5月21日). 2022年2月14日閲覧。
  41. ^ : Plutinos
  42. ^ Chyba, C. F. et al. (1989). “Tidal evolution in the Neptune-Triton system”. Astronomy and Astrophysics 219: L23-L26. https://ui.adsabs.harvard.edu/abs/1989A%26A...219L..23C/abstract. 
  43. ^ Colossal Cousin to a Comet?”. New Horizons. 2011年8月20日時点のオリジナルよりアーカイブ。2006年6月23日閲覧。
  44. ^ Neil deGrasse Tyson (1999年). “Space Topics: Pluto Top Ten: Pluto Is Not a Planet”. The Planetary Society. 2006年6月23日閲覧。
  45. ^ Voyager Frequently Asked Questions”. Jet Propulsion Laboratory (2003年1月14日). 2011年7月21日時点のオリジナルよりアーカイブ。2006年9月8日閲覧。
  46. ^ Steffl, Andrew J.; S. Alan Stern. First Constraints on Rings in the Pluto System. astro-ph/0608036. http://arxiv.org/abs/astro-ph/0608036. 
  47. ^ 冥王星の分類について、国際天文学連合が態度表明”. 国立天文台・天文ニュース (238) (1999年2月4日). 2006年9月14日閲覧。
  48. ^ Tyson, Neil deGrasse (2001年2月2日). “Astronomer Responds to Pluto-Not-a-Planet Claim”. Space.com. 2006年9月8日閲覧。
  49. ^ : clear
  50. ^ “IAU 2006 General Assembly: Result of the IAU Resolution votes”. IAU. (2006年8月24日). オリジナルの2006年11月7日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20061107022302/http://www.iau2006.org/mirror/www.iau.org/iau0603/index.html 
  51. ^ 『宇宙に外側はあるか』光文社、111頁。 
  52. ^ MPC Archive Statistics
  53. ^ Britt, Robert Roy (2006年8月24日). “Pluto Demoted: No Longer a Planet in Highly Controversial Definition”. Space.com. http://space.com/scienceastronomy/060824_planet_definition.html 2006年9月8日閲覧。 
  54. ^ Britt, Robert Roy (2006年8月24日). “Scientists decide Pluto’s no longer a planet”. MSNBC. http://msnbc.msn.com/id/14489259/ 2006年9月8日閲覧。 
  55. ^ Shiga, David (2006年8月25日). “New planet definition sparks furore”. NewScientist.com. http://www.newscientistspace.com/article/dn9846-new-planet-definition-sparks-furore.html 2006年9月8日閲覧。 
  56. ^ Stern, S. Alan; and Levison, Harold F. (2002). “Regarding the criteria for planethood and proposed planetary classification schemes” (PDF). Highlights of Astronomy 12: 205-213, as presented at the XXIVth General Assembly of the IAU - 2000 [Manchester, UK, 7 - 18 August 2000]. http://www.boulder.swri.edu/~hal/PDF/planet_def.pdf. 
  57. ^ Pluto Is Demoted to ‘Dwarf Planet’, New York Times
  58. ^ DeVore, Edna (2006年9月7日). “Planetary Politics: Protecting Pluto”. Space.com. http://www.space.com/searchforlife/060907_pluto_politics.html 2006年9月8日閲覧。 
  59. ^ HR 36 Assembly House Resolution - INTRODUCED(テキスト), PDF カリフォルニア州下院決議案36号 2006年8月24日提出
  60. ^ かくして冥王星は降格された, p. 214.
  61. ^ Peck, Akkana (2009年3月28日). “Pluto visits the states”. San Jose Astronomical Association. 2009年5月22日閲覧。
  62. ^ かくして冥王星は降格された, p. 63.
  63. ^ かくして冥王星は降格された, p. 139.
  64. ^ かくして冥王星は降格された, p. 213.
  65. ^ かくして冥王星は降格された, p. 217.
  66. ^ : dwarf team
  67. ^ かくして冥王星は降格された, pp. 219–221.
  68. ^ 祝30周年記念 『創作四字熟語』で振り返る30年” (PDF). 住友生命保険 (2019年12月17日). 2022年9月13日閲覧。
  69. ^ http://www.americandialect.org/Word-of-the-Year_2006.pdf (PDF) 2007年1月9日閲覧.
  70. ^ 石川源晃『【実習】占星学入門』ISBN 4-89203-153-4



冥王星

出典:『Wiktionary』 (2021/10/04 10:09 UTC 版)

固有名詞

めいおうせい

  1. 海王星よりも遠くにある太陽系天体準惑星一つ2006年8月までは太陽番目に近い惑星とされていた。月より小さく代表的なカイパーベルト天体

発音(?)

めーおーせー

ただし、しばしば

めいおーせー
めーおーせい
めーおうせい
IPA: /??/
X-SAMPA/??/

翻訳

関連語


「冥王星」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



冥王星と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「冥王星」の関連用語

冥王星のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



冥王星のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
時事用語のABC時事用語のABC
Copyright©2024 時事用語のABC All Rights Reserved.
JAXAJAXA
Copyright 2024 Japan Aerospace Exploration Agency
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの冥王星 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの冥王星 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2024 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2024 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2024 GRAS Group, Inc.RSS