前世とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 生活 > 時間 > むかし > 前世の意味・解説 

さき‐せ【前世】

読み方:さきせ

「ぜんせ(前世)」に同じ。

何様(どう)いふ—の因縁だか判次郎恋慕ひ」〈人・美婦禰・五〉


ぜん‐せ【前世】

読み方:ぜんせ

古くは「ぜんぜ」》この世生まれ出る以前の世。さきの世。仏教では三世の一。過去世ぜんせい。→現世来世


ぜん‐せい【前世】

読み方:ぜんせい

⇒ぜんせ(前世)


前世

作者生島治郎

収載図書あなたに悪夢
出版社勁文社
刊行年月1992.1
シリーズ名ケイブンシャ文庫

収載図書28ショック
出版社出版芸術社
刊行年月1993.3
シリーズ名ふしぎ文学館


前世

作者筒井康隆

収載図書怪物たちの夜
出版社徳間書店
刊行年月2002.7
シリーズ名徳間文庫


前世

作者小泉吉宏

収載図書四月天才
出版社文藝春秋
刊行年月2002.11

収載図書四月天才
出版社文藝春秋
刊行年月2005.11
シリーズ名文春文庫


前世

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/04/05 14:15 UTC 版)

前世(ぜんせ)とは、ある人生を起点として、それより前の人生のことを指す。転生を認める世界観ならば、必然的に内包する概念である。人の転生が何度も繰り返されているということを認めるならば、全ての人は皆、ひとつではなく多数の前世を持っているということになる。


  1. ^ ブライアン・L.ワイス『前世療法 : 米国精神科医が体験した輪廻転生の神秘』山川紘矢・亜希子訳、PHP研究所〈PHP文庫〉、1996年。ISBN 4-569-56932-3


「前世」の続きの解説一覧

前世

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/18 15:17 UTC 版)

月野うさぎ」の記事における「前世」の解説

前世は月の王国「シルバー・ミレニアム」の王女プリンセス・セレニティ月の一族長寿生命体地球生命の進化見守る使命持ち、前世のマーキュリーマーズジュピターヴィーナスセレニティを守る親衛隊四守護神)だった。 地球憧れて月から眺め日々送っていたが、地球国王子プリンス・エンディミオン恋に落ちる。しかし、古くからの掟で「月の人間と地球人間通じてならない」と決められていた。その後ダーク・キングダム引き起こした月と地球戦争命を落とし、母であるクイーン・セレニティの力で20世紀地球人月野うさぎ生まれ変わった原作と『Crystal』では、ヴィーナスを「ヴィー」と呼んで振り回すおてんばな性格敵の攻撃から自分庇って倒れたエンディミオンの後を追い四守護神伝わ伝説の聖剣自害したテレビアニメ版実写版では、うさぎと逆におとなし性格テレビアニメ版では、エンディミオン説得拒絶したクイン・ベリルがクイン・メタリアに攻撃させ、二人共殺されたテレビアニメ版ではアイススケート得意でカセットコレクション3『Prelude of Romanceの中で自身を「乾いた」「孤独の星」と呼んでいる。 実写版では、エンディミオンの死を目の当たりにし銀水晶増幅され負の心からシルバー・ミレニアム地球国滅ぼしてしまい、自らも命を落とすセレニティ自身の人格は「プリンセス・セーラームーン」としてうさぎの中に眠っている

※この「前世」の解説は、「月野うさぎ」の解説の一部です。
「前世」を含む「月野うさぎ」の記事については、「月野うさぎ」の概要を参照ください。


前世

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/08 06:07 UTC 版)

プラデュムナ」の記事における「前世」の解説

プラデュムナ系図『バーガヴァタ・プラーナ』より) ヴァスデーヴァ ビーシュマカ クリシュナ ルクミニー ルクミン マーヤーヴァティー プラデュムナ ルクマヴァティー 欠名 アニルッダ ローチャナー 詩人カーリダーサ叙事詩『クマーラ・サムバヴァ』(軍神クマーラ誕生)によると、世界悪魔ターラカ脅威さらされたとき、世界救えるのはシヴァ神パールヴァティー間に生まれた息子だけとされた。そこでシヴァ神恋情掻き立て子供を作るよう仕向けるため、インドラ神の命カーマ派遣された。カーマは妻のラティ友人のヴァサンタ(春)とともにシヴァ神修行の場忍び込みシヴァパールヴァティー一緒にいるときを見計らって、サンモーハナ(魅了)の矢を弓につがえた。するとシヴァパールヴァティー心を動かされたが、シヴァ自制して、心が乱れた原因探った。そして弓を引き絞っているカーマの姿を発見し第三の目(英語版)から炎を発してカーマを灰にした。ラティ長い間嘆き悲しんだのち、火葬の炎に飛び込んで夫の後を追おうとした。すると天から声が響きシヴァパールヴァティー結婚したとき、カーマ復活し再会することができるだろうと予言した

※この「前世」の解説は、「プラデュムナ」の解説の一部です。
「前世」を含む「プラデュムナ」の記事については、「プラデュムナ」の概要を参照ください。


前世

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/12/11 10:22 UTC 版)

摩訶摩訶」の記事における「前世」の解説

主人公達それぞれTP一般的なRPGで言うMPに相当)を使用して、前世に変身してその能力を使うことができる。前世の能力を使うには霊媒師から前世を教えてもらう必要がある

※この「前世」の解説は、「摩訶摩訶」の解説の一部です。
「前世」を含む「摩訶摩訶」の記事については、「摩訶摩訶」の概要を参照ください。


前世

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/18 05:27 UTC 版)

あやかし緋扇」の記事における「前世」の解説

嶺羽(りょうは) 陵の前世で未桜想い人貴族病弱だったため、一年中病床伏していた。祇夕呪われ未桜に「来世また会おう」といい、息を引き取った未桜(みおう) 未来の前世で白拍子治癒力を持つ白拍子舞はとても美しいもので、嶺羽をたちまちにし、身分違い越えて嶺羽互いに想い合っていた。嶺羽の子美羽産んだが、とある一件憎しみを持って舞ってしまったため狂ってしまった時雨切り殺されてしまう。 箔晴はくせい) 青治の前世で嶺羽仕えていた術者神山一族先祖時雨(しぐれ) 優の前世で嶺羽異母兄弟未桜憎しみの舞で狂ってしまい未桜切り殺してしまう。 祇夕(ぎゆう) 門前払いになっていた未桜屋敷中に入れた、未桜の姉的存在あることで妖に魂を売ってしまい、妖となって嶺羽呪い殺した。しかし、未来と陵に救われ成仏していった美羽(みう) 嶺羽未桜間にできた子供

※この「前世」の解説は、「あやかし緋扇」の解説の一部です。
「前世」を含む「あやかし緋扇」の記事については、「あやかし緋扇」の概要を参照ください。


前世

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/10 13:45 UTC 版)

麻原彰晃」の記事における「前世」の解説

麻原自らの出版物を通して多くの前世を持つと以下のもの称していた。 意識堕落天(阿修羅界)の宗教上王 - 直前の生であったため、その世界麻原帰依していた人たち多く転生し現在の信者になっている教団内では信じられていた。松本家カニエビ食べているのに興味を持ってしまい、人間界落下し松本智津夫になってしまったという。 徳川家光 - 転輪聖王ではあったが島原の乱不受不施派弾圧したため、熊本県日蓮正宗によるオウムバッシングの原因となるカルマつくってしまったとしている。 近藤勇 朱元璋 - 彼のように全国統一達成したい考えており、1994年2月22日より、麻原一行中華人民共和国孝陵朱元璋陵墓)などを訪問し旅の途中麻原は「1997年私は日本の王になる2003年までに世界大部分はオウム真理教勢力になる。真理仇なす者はできるだけ早くポアしなければならない」「このままでは真理の根が途絶えてしまう。サリン東京に70tぶちまくしかない。」と世界征服目指すことを説法した。 チベットタントラ修行者 - 過去世松本知子と石久子を妻としていた。 イムホテプ - 道場では「宿命通」というアニメビデオを放映し麻原エジプトでの前世の物語展開していた。ジェゼル王に宗教的指導施し最古のピラミッドである「ジェゼル王の階段ピラミッド」を造ったとしている。 有能神 - 過去世の上史浩杉浦実を養子としていた。 ナーガ蛇神)の国の王 - 過去世松本知子が妻であったフリーメイソン創始者 - 現在のフリーメイソン物質主義になってしまったのでよくないとのこと欲界の王 夜摩天の王 光音天の魂 神聖天界の王 除冷天の王 - 過去世青山吉伸弟子としていた。 カッサパ仏の弟子 - 過去世新実智光火遊びによって起きた火事焼死したという。 兜率天軍人 - 天界軍の指揮官として阿修羅界と戦争し勝利した過去世石井紳一郎石井久子部下だった。 宮沢りえの夫 - 一部報道によると自称していたという。 その他

※この「前世」の解説は、「麻原彰晃」の解説の一部です。
「前世」を含む「麻原彰晃」の記事については、「麻原彰晃」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「前世」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

前世

出典:『Wiktionary』 (2021/08/22 02:13 UTC 版)

発音(?)

ぜ↘んせ
ぜ↘んせー

名詞

(ぜんせ、ぜんせい

  1. (仏教) 三世一つこの世生まれる前の生涯

類義語

関連語


「前世」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



前世と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

前世のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



前世のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの前世 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの月野うさぎ (改訂履歴)、プラデュムナ (改訂履歴)、摩訶摩訶 (改訂履歴)、あやかし緋扇 (改訂履歴)、麻原彰晃 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの前世 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS