19世紀末とは? わかりやすく解説

19世紀末

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/09 15:32 UTC 版)

アイルランドのラグビーユニオン」の記事における「19世紀末」の解説

1860年代1870年代1880年代の間、ラグビーは、サッカーと共にアイルランド人気になり始めたダブリン大学トリニティ・カレッジラグビー初期の拠点だった。

※この「19世紀末」の解説は、「アイルランドのラグビーユニオン」の解説の一部です。
「19世紀末」を含む「アイルランドのラグビーユニオン」の記事については、「アイルランドのラグビーユニオン」の概要を参照ください。


19世紀末

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/12/31 03:21 UTC 版)

ハガナー情報局」の記事における「19世紀末」の解説

19世紀末、主に東欧からユダヤ人移民オスマン帝国支配下の歴史的シリア地方入植し始める。そこは彼らの祖父の地エレッツ・イスラエル(イスラエル人の地)と重なっていたのは偶然でなく、ホベベイ・ツィオン(シオン愛好者)やシオニズム運動影響である。同地方のユダヤ人社会イスラエル建国までイシューヴ呼ばれた

※この「19世紀末」の解説は、「ハガナー情報局」の解説の一部です。
「19世紀末」を含む「ハガナー情報局」の記事については、「ハガナー情報局」の概要を参照ください。


19世紀末

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/11 01:03 UTC 版)

スー族」の記事における「19世紀末」の解説

19世紀末になると、他のインディアン部族と同様に、白人による居留地政策によって、狩猟採集生活禁止され居留地Reservation)内での定住生活強制される。こうして狩猟民族としての文化数々破壊された。(つまりは二度白人によって文化破壊されたことになる)

※この「19世紀末」の解説は、「スー族」の解説の一部です。
「19世紀末」を含む「スー族」の記事については、「スー族」の概要を参照ください。


19世紀末

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/14 08:55 UTC 版)

アジア・アフリカ諸国の独立年表」の記事における「19世紀末」の解説

独立国アジア清国日本シャム後のタイ王国)、ネパールオスマン帝国、(ガージャール朝ペルシアアフリカエチオピアメリナ王国マダガスカル1847年 - リベリアアメリカ合衆国から独立黒人奴隷帰還目的設立したリベリア植民地」からの独立1895年 - 李氏朝鮮清国から独立李氏朝鮮独立為に日清戦争大日本帝国代理戦争闘い戦後下関条約朝鮮独立国である事を確認同時に台湾大日本帝国領土となった李氏朝鮮1897年に自ら大韓帝国改名し立憲君主国として再樹立1899年 - フィリピン第一共和国スペイン帝国から独立宣言米比戦争敗れて1901年アメリカ合衆国植民地となる。

※この「19世紀末」の解説は、「アジア・アフリカ諸国の独立年表」の解説の一部です。
「19世紀末」を含む「アジア・アフリカ諸国の独立年表」の記事については、「アジア・アフリカ諸国の独立年表」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「19世紀末」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

19世紀末のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



19世紀末のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのアイルランドのラグビーユニオン (改訂履歴)、ハガナー情報局 (改訂履歴)、スー族 (改訂履歴)、アジア・アフリカ諸国の独立年表 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS