マダガスカルとは?

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 地域・地名 > 国家・自治体 > 国名 > 島国 > マダガスカルの意味・解説 

マダガスカル 【Madagascar】 ◇

アフリカ大陸南東方、インド洋にある南北長い世界第四大島モザンビーク海峡大陸隔てられているため、動物相植物相異なり、キツネザル・タビビトノキなど、多く珍種発見されている。
マダガスカル島占め共和国1960年フランスから独立。コーヒー・バニラ・米・香料などを産出する。住民は主にマレー系インドネシア系。首都アンタナナリボ。主要言語はフランス語マダガスカル語面積587千平キロメートル人口18602005)。別称、マラガシュ。正称マダガスカル共和国。 〔「馬達加斯加」とも当てた〕

マダガスカル 【Madagascar】

アフリカ大陸南東方、インド洋西にある大島(「大きな島」と愛称)。鉄器時代から東南アジア人やアフリカ人次いでアラブ人たちが移住し、一六世紀以降ポルトガル・イギリス・フランス人が進出した。一八九六年からフランス領だったが、一九六〇年独立して共和国首都アンタナナリヴォ自然崇拝部族信仰もあり、イスラム教キリスト教とがある。キリスト教一九世紀以後伝道団が活躍カトリックプロテスタントより若干多い。イスラム海岸地帯に多い。

マダガスカル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/09/15 09:43 UTC 版)

マダガスカル共和国(マダガスカルきょうわこく)、通称マダガスカルは、アフリカ大陸の南東海岸部から沖へ約400キロメートル離れた西インド洋にあるマダガスカル島および周辺の島々からなる島国である。




注釈

  1. ^ ただしアフリカ連合と南部アフリカ開発共同体は2009年政治危機以来加盟資格が停止されていた期間がある。
  2. ^ 約束の地」はヘブライ語聖書の言葉。
  3. ^ 大型の動物をその生態系の中に含む動物相。
  4. ^ 蹄を持つ動物の中で唯一のマダガスカル在来種であったが、ヨーロッパ人到来以前に絶滅した。
  5. ^ マダガスカルはジャンダルムリという憲兵隊が地方の治安維持も管轄するフランス型の警察制度を採る。
  6. ^ 要するに警察署やジャンダルムリの駐屯地などのインフラが不足しているということ。
  7. ^ 一つの訳例である。以下同じ。

出典

  1. ^ a b c d IMF Data and Statistics 2019年1月4日閲覧([1]
  2. ^ a b IMF Executive Board Approves US$304.7 million Extended Credit Facility Arrangement for Madagascar” (2016年7月28日). 2016年8月6日閲覧。
  3. ^ National Geographic. “Style Manual”. 2011年7月10日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年8月31日閲覧。
  4. ^ Cousins (1895), pp. 11–12
  5. ^ a b c d Room 2006, p. 230.
  6. ^ Chatterjee, Sankar; Scotese, Christopher R.; Bajpai, Sunil (2017). Indian Plate and Its Epic Voyage from Gondwana to Asia: Its Tectonic, Paleoclimatic, and Paleobiogeographic Evolution. Geological Society of America. pp. 48-49. ISBN 9780813725291. https://books.google.com/books?id=0DI5DwAAQBAJ&pg=PAPA48. 
  7. ^ a b c d e f Conservation International (2007年). “Madagascar and the Indian Ocean Islands”. Biodiversity Hotspots. Conservation International. 2011年8月24日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年8月24日閲覧。
  8. ^ Tattersall, Ian (2006). Origin of the Malagasy Strepshirhine Primates. Springer. pp. 1–6. ISBN 0-387-34585-X. https://books.google.com/books?id=nsBtrhsMU5EC&pg=PA3. 
  9. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r Bureau of African Affairs (2011年5月3日). “Background Note: Madagascar”. U.S. Department of State. 2011年8月24日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年8月24日閲覧。
  10. ^ a b Central Intelligence Agency (2011年). “Madagascar”. The World Factbook. 2011年8月25日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年8月24日閲覧。
  11. ^ Moriarty (1891), pp. 1–2
  12. ^ a b c “Madagascar as a model region of species diversification”. Trends in Ecology and Evolution 24 (8): 456–465. (June 2009). doi:10.1016/j.tree.2009.03.011. PMID 19500874. オリジナルの2012年2月11日時点によるアーカイブ。. https://www.webcitation.org/65N9YtmnD?url=http://www.mvences.de/p/p1/Vences_A163.pdf 2012年2月11日閲覧。. 
  13. ^ a b c d e f g Encyclopaedia Britannica (2011年). “Madagascar”. Encyclopaedia Britannica. Eb.com. 2012年1月13日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年8月25日閲覧。
  14. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u Metz, Helen Chapin (1994年). “Library of Congress Country Studies: Madagascar”. 2012年1月16日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年2月1日閲覧。
  15. ^ 小山直樹(2009)『マダガスカル島(西インド洋地域研究入門)』289ページ
  16. ^ a b Halpern, Georges M.; Weverka, Peter (2002). The Healing Trail: Essential Oils of Madagascar. Basic Health Publications, Inc.. p. 7. ISBN 9781591200161. https://books.google.com/books?id=595byAiZLygC&pg=PAPA7. 
  17. ^ a b Hobbes & Dolan (2008), p. 517
  18. ^ Hillstrom & Collier Hillstrom (2003), p. 50
  19. ^ Tyson, Peter (2013). Madagascar: The Eighth Continent : Life, Death and Discovery in a Lost World. Bradt Travel Guides (Travel Literature) Series. Bradt Travel Guides. ISBN 9781841624419. https://books.google.com/books?id=PQyvHTIB5JEC&pg=PAPA5. 
  20. ^ a b Callmander, Martin; et. al (2011). “The endemic and non-endemic vascular flora of Madagascar updated”. Plant Ecology and Evolution 144 (2): 121–125. doi:10.5091/plecevo.2011.513. オリジナルの2012年2月11日時点によるアーカイブ。. https://www.webcitation.org/65NBBr5AX?url=http://www.mobot.org/MOBOT/Research/curators/pdf/PLECEVO_2011.pdf 2012年2月11日閲覧。. 
  21. ^ Lavranos, John (2004). “Pachypodium makayense: A New Species From Madagascar”. Cactus and Succulent Journal 76 (2): 85–88. 
  22. ^ a b Bradt (2011), p. 38
  23. ^ “Biogeography and floral evolution of baobabs (Adansonia, Bombacaceae) as inferred from multiple data sets”. Systematic Biology 47 (2): 181–207. (1998). doi:10.1080/106351598260879. PMID 12064226. 
  24. ^ McLendon, Chuck (2000年5月16日). “Ravenala madagascariensis”. Floridata.com. 2011年3月19日時点のオリジナルよりアーカイブ。2009年9月14日閲覧。
  25. ^ Lambahoany Ecotourism Centre (2011年8月24日). “Nature of Madagascar”. Lambahoany Ecotourism Centre. 2011年8月24日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年8月24日閲覧。
  26. ^ Ellis (1859), p. 302
  27. ^ Foster, Steven (December 2010). “From Herbs to Medicines: The Madagascar Periwinkle's Impact on Childhood Leukemia: A Serendipitous Discovery for Treatment”. Alternative and Complementary Therapies 16 (6): 347–350. doi:10.1089/act.2010.16609. 
  28. ^ a b Mittermeier, R.A.; Wallis, J.; Rylands, A.B. et al., eds (2009) (PDF). Primates in Peril: The World's 25 Most Endangered Primates 2008–2010. Illustrated by S.D. Nash. IUCN/SSC Primate Specialist Group, International Primatological Society, and Conservation International. pp. 1–92. http://www.primate-sg.org/storage/PDF/Primates.in.Peril.2008-2010.pdf. 
  29. ^ a b Black, Richard (2012年7月13日). “Lemurs sliding toward extinction”. BBC News. オリジナルの2012年8月27日時点によるアーカイブ。. https://www.webcitation.org/6ADneLepE?url=http://www.bbc.co.uk/news/science-environment-18825901 2012年8月26日閲覧。 
  30. ^ Mittermeier, R.; Ganzhorn, J.; Konstant, W.; Glander, K.; Tattersall, I.; Groves, C.; Rylands, A.; Hapke, A.; Ratsimbazafy, J.; Mayor, M.; Louis, E.; Rumpler, Y.; Schwitzer, C.; Rasoloarison, R. (December 2008). “Lemur diversity in Madagascar”. International Journal of Primatology 29 (6): 1607–1656. doi:10.1007/s10764-008-9317-y. 
  31. ^ Jungers, W.L.; Godfrey, L.R.; Simons, E.L.; Chatrath, P.S. (1997). “Phalangeal curvature and positional behavior in extinct sloth lemurs (Primates, Palaeopropithecidae)”. Proceedings of the National Academy of Sciences USA 94 (22): 11998–2001. Bibcode1997PNAS...9411998J. doi:10.1073/pnas.94.22.11998. PMC: 23681. PMID 11038588. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC23681/. 
  32. ^ a b “Mitogenomic perspectives into iguanid phylogeny and biogeography: Gondwanan vicariance for the origin of Madagascan oplurines”. Gene 441 (1–2): 28–35. (2009). doi:10.1016/j.gene.2008.06.011. PMID 18598742. 
  33. ^ Glaw, F.; Köhler, J. R.; Townsend, T. M.; Vences, M. (2012). Salamin, Nicolas. ed. “Rivaling the World's Smallest Reptiles: Discovery of Miniaturized and Microendemic New Species of Leaf Chameleons (Brookesia) from Northern Madagascar”. PLoS ONE 7 (2): e31314. doi:10.1371/journal.pone.0031314. PMC: 3279364. PMID 22348069. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC3279364/. 
  34. ^ a b c d e 『マダガスカルを知るための62章』(明石書店、2013年)
  35. ^ a b c 『マダガスカルを知るための62章』pp.70-74
  36. ^ Everglades, Madagascar Rain Forest on UNESCO List”. ABC News (2010年7月30日). 2011年3月19日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年2月11日閲覧。
  37. ^ World Wildlife Fund (2001). "Madagascar subhumid forests". WildWorld Ecoregion Profile. National Geographic Society. Archived from the original on 2010-03-08. Retrieved 30 April 2006.
  38. ^ a b c d Gade, Daniel W. (1996). “Deforestation and its effects in Highland Madagascar”. Mountain Research and Development 16 (2): 101–116. doi:10.2307/3674005. JSTOR 3674005. 
  39. ^ Kull (2004), p. 153
  40. ^ Campbell, Gwyn (1993). “The Structure of Trade in Madagascar, 1750–1810”. The International Journal of African Historical Studies 26 (1): 111–148. doi:10.2307/219188. 
  41. ^ Virah-Sawmy, M.; Willis, K. J.; Gillson, L. (2010). “Evidence for drought and forest declines during the recent megafaunal extinctions in Madagascar”. Journal of Biogeography 37 (3): 506–519. doi:10.1111/j.1365-2699.2009.02203.x. 
  42. ^ a b c Campbell, Gwyn (1993). “The Structure of Trade in Madagascar, 1750–1810”. The International Journal of African Historical Studies 26 (1): 111. doi:10.2307/219188. 
  43. ^ Emoff (2004), pp. 51–62
  44. ^ Harper, Grady J.; Steininger, Marc; Tucker, Compton; Juhn, Daniel; Hawkins, Frank (2007). “Fifty years of deforestation and forest fragmentation in Madagascar”. Environmental Conservation (Cambridge Journals) 34 (4): 325–333. doi:10.1017/S0376892907004262. 
  45. ^ a b c d e f Countries at the Crossroads 2011: Madagascar”. Freedom House (2011年). 2012年8月25日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年8月25日閲覧。
  46. ^ “Deforestation history of the eastern rainforests of Madagascar from satellite images”. Science 248 (4952): 212–215. (1990). Bibcode1990Sci...248..212G. doi:10.1126/science.248.4952.212. PMID 17740137. 
  47. ^ Madagascar National Parks (2011年). “The Conservation”. parcs-madagascar.com. 2011年8月27日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年8月25日閲覧。
  48. ^ Rainforests of the Atsinanana”. UNESCO. 2011年8月27日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年4月30日閲覧。
  49. ^ Bearak, Barry (2010年5月24日). “Shaky Rule in Madagascar Threatens Trees”. New York Times. オリジナルの2011年3月19日時点によるアーカイブ。. https://www.webcitation.org/5xJPiZaaW?url=http://www.nytimes.com/2010/05/25/world/africa/25madagascar.html?_r=1 2011年3月20日閲覧。 
  50. ^ Davies (2003), pp. 99–101
  51. ^ Handwerk, Brian (2009年8月21日). “Lemurs Hunted, Eaten Amid Civil Unrest, Group Says”. National Geographic News. 2011年3月19日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年3月15日閲覧。
  52. ^ Morelle, Rebecca (2014年5月29日). “Asian relative of cane toad threatens Madagascar havoc”. BBC News. http://www.bbc.com/news/science-environment-27607978 2014年7月29日閲覧。 
  53. ^ a b c d e f 『マダガスカルを知るための62章』80-83頁
  54. ^ Crowley, B.E. (2010). “A refined chronology of prehistoric Madagascar and the demise of the megafauna”. Quaternary Science Reviews 29 (19–20): 2591–2603. Bibcode2010QSRv...29.2591C. doi:10.1016/j.quascirev.2010.06.030. 
  55. ^ Dewar, Robert E.; Wright, Henry T. (1993). “The Culture History of Madagascar”. Journal of World Prehistory 7 (4). https://deepblue.lib.umich.edu/bitstream/handle/2027.42/45256/10963_2004_Article_BF00997802.pdf 2016年9月17日閲覧。. 
  56. ^ Gommery, D.; Ramanivosoa, B.; Faure, M.; Guérin, C.; Kerloc'h, P.; Sénégas, F.; Randrianantenaina, H. (2011). “Oldest evidence of human activities in Madagascar on subfossil hippopotamus bones from Anjohibe (Mahajanga Province)”. Comptes Rendus Palevol 10 (4): 271–278. doi:10.1016/j.crpv.2011.01.006. 
  57. ^ Dewar, R. E.; Radimilahy, C.; Wright, H. T.; Jacobs, Z.; Kelly, G. O.; Berna, F. (2013). “Stone tools and foraging in northern Madagascar challenge Holocene extinction models”. Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America 110 (31): 12583–12588. doi:10.1073/pnas.1306100110. 
  58. ^ a b 『マダガスカルを知るための62章』84-89頁
  59. ^ a b 小山直樹『マダガスカル島(南インド洋地域研究入門)』(東海大学出版会、2009年)190-200ページ
  60. ^ a b Hurles, M; Sykes, B; Jobling, M; Forster, P (2005). “The Dual Origin of the Malagasy in Island Southeast Asia and East Africa: Evidence from Maternal and Paternal Lineages”. The American Journal of Human Genetics 76 (5): 894–901. doi:10.1086/430051. PMC: 1199379. PMID 15793703. http://linkinghub.elsevier.com/retrieve/pii/S0002-9297(07)60736-8. 
  61. ^ a b 『アフリカ史』(山川出版会、2009年)深澤秀夫「第三章マダガスカルとインド洋西域島嶼世界」
  62. ^ Wink (2004), p. 185
  63. ^ 川田順造『地域からの世界史9アフリカ』161-164ページ
  64. ^ a b c d Domenichini, J.P.. “Antehiroka et Royauté Vazimba” (フランス語). Express de Madagascar. Madatana.com. 2011年7月10日時点のオリジナルよりアーカイブ。2010年11月5日閲覧。
  65. ^ a b c 山口(1991)『マダガスカル アフリカに一番近いアジアの国』
  66. ^ Razafimahazo, S. (2011年). “Vazimba: Mythe ou Realité?” (フランス語). Revue de l'Océan Indien. Madatana.com. 2011年7月10日時点のオリジナルよりアーカイブ。2010年11月8日閲覧。
  67. ^ Oliver (1886), p. 16
  68. ^ Kent (1976), pp. 65–71
  69. ^ Kingdoms of Madagascar: Maroserana and Merina”. Metmuseum.org. 2011年7月10日時点のオリジナルよりアーカイブ。2010年4月25日閲覧。
  70. ^ a b Ogot (1992), p. 418
  71. ^ Hodder (1982), p. 59
  72. ^ Royal Hill of Ambohimanga”. UNESCO. 2011年7月10日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年4月30日閲覧。
  73. ^ a b Ade Ajayi (1998), pp. 413–422
  74. ^ Campbell, Gwyn (October 1991). “The state and pre-colonial demographic history: the case of nineteenth century Madagascar”. Journal of African History 23 (3): 415–445. 
  75. ^ a b c 藤野(1997)『赤い島ー物語マダガスカルの歴史』
  76. ^ Oliver (1886), pp. 124–126
  77. ^ Uwechue (1981), p. 473
  78. ^ a b c Thompson & Adloff (1965), pp. 9–10
  79. ^ a b c d e Fage, Flint & Oliver (1986), pp. 522–524
  80. ^ Van Den Boogaerde (2008), p. 7
  81. ^ Randier (2006), p. 400
  82. ^ Curtin (1998), p. 186
  83. ^ Oliver, Fage & Sanderson (1985), p. 529
  84. ^ Oliver, Fage & Sanderson (1985), p. 532
  85. ^ Campbell (2005), p. 107
  86. ^ Shillington (2005), p. 878
  87. ^ Fournet-Guérin (2007), pp. 45–54
  88. ^ Frémigacci (1999), pp. 421–444
  89. ^ Gallieni (1908), pp. 341–343
  90. ^ Reinsch (1905), p. 377
  91. ^ Browning (2004), pp. 81–89
  92. ^ Kennedy (2007), pp. 511–512
  93. ^ Lehoullier (2010), p. 107
  94. ^ a b Kitchen (1962), p. 256
  95. ^ Pryor (1990), pp. 209–210
  96. ^ a b c Marcus, Richard (August 2004). Political change in Madagascar: populist democracy or neopatrimonialism by another name?. Institute for Security Studies. オリジナルの7 September 2004時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20040907223329/http://www.iss.org.za/pubs/papers/89/Paper89.htm 2012年2月15日閲覧。. 
  97. ^ a b c Madagascar: La Crise a un Tournant Critique?” (フランス語). International Crisis Group. 2011年7月10日時点のオリジナルよりアーカイブ。2010年11月25日閲覧。
  98. ^ マダガスカル大統領選挙について(外務報道官談話) 外務省
  99. ^ Centre d'actualités de l'ONU – Madagascar : l'ONU salue le bon déroulement du deuxième tour des élections présidentielles”. Un.org. 2014年2月10日閲覧。
  100. ^ a b c d Nalla (2010), pp. 122–128
  101. ^ a b c d e Madagascar Profile: Media”. BBC News (2012年6月20日). 2012年8月25日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年8月25日閲覧。
  102. ^ MADAGASCAR: Former president sentenced to five years in prison”. Irinnews.org (2003年12月17日). 2011年7月10日時点のオリジナルよりアーカイブ。2010年4月25日閲覧。
  103. ^ Madagascar: Appeal launched despite political uncertainty”. Irinnews.org (2009年4月7日). 2011年7月10日時点のオリジナルよりアーカイブ。2010年4月25日閲覧。
  104. ^ a b Leithead, Alastair (2002年5月14日). “Ethnic strife rocks Madagascar”. BBC News. オリジナルの2012年1月21日時点によるアーカイブ。. https://www.webcitation.org/64rGphWDh?url=http://news.bbc.co.uk/2/hi/africa/1987383.stm 2012年1月22日閲覧。 
  105. ^ “Pressure grows on Madagascar coup”. BBC News. (2009年3月20日). オリジナルの2011年7月10日時点によるアーカイブ。. https://www.webcitation.org/604XDz2yB?url=http://news.bbc.co.uk/2/hi/africa/7954356.stm 2009年3月30日閲覧。 
  106. ^ Numéros utiles” (フランス語). AirMadagascar.com (2012年1月28日). 2012年1月28日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年1月28日閲覧。
  107. ^ a b c Bureau of Democracy, Human Rights, and Labor (2011年4月8日). “2010 Human Rights Report: Madagascar”. U.S. Department of State. 2011年7月10日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年7月10日閲覧。
  108. ^ Barendse (2002), pp. 259–274
  109. ^ Freeman & Johns (1840), p. 25
  110. ^ Chapus & Mondain (1953), p. 377
  111. ^ The Military Balance 2010”. International Institute of Strategic Studies. pp. 314–315, 467. 2011年4月1日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年4月1日閲覧。
  112. ^ Sharp (2002), p. 87
  113. ^ Strakes (2006), p. 86
  114. ^ a b c d “Presentation des resultats de la cartographie numerique en preparation du troisieme recensement generale de la population et de l'habitation” (フランス語) (プレスリリース), Institut nationale de la statistique (INSTAT), Government of Madagascar, (2010), オリジナルの2012年1月16日時点によるアーカイブ。, https://www.webcitation.org/64jHAqXGw?url=http://www.instat.mg/pdf/carto_poly.pdf 2012年1月15日閲覧。 
  115. ^ DECRET n°2015 – 593 portant création des circonscriptions administratives. (PDF)”. 2015年11月13日閲覧。
  116. ^ Rodd & Stackhouse (2008), p. 246
  117. ^ Madagascar at a glance”. World Bank (2011年2月25日). 2012年2月5日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年2月4日閲覧。
  118. ^ a b c d AFDB, OECD, UNDP, UNECA (2011年). “African Economic Outlook 2011: Madagascar”. AfricanEconomicOutlook.org. 2012年1月28日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年1月28日閲覧。
  119. ^ Christie, Iain; Crompton, Elizabeth (November 2003). Republic of Madagascar: Tourism Sector Study. Africa Region Working Paper No. 63. Antananarivo: World Bank. オリジナルの2012年1月28日時点によるアーカイブ。. https://www.webcitation.org/651T9jMDr?url=http://www.worldbank.org/afr/wps/wp63.pdf 2012年1月28日閲覧。. 
  120. ^ 焦点:銀より高いバニラ、業界揺るがす価格高騰の「裏事情」”. ロイター (2019年6月7日). 2019年6月8日閲覧。
  121. ^ a b 【JICAの現場から】(48)マダガスカル事務所長・村上博信氏/日本企業から熱い視線『日刊工業新聞』2018年7月28日(5面)2018年8月3日閲覧
  122. ^ a b c Made in Madagascar: Exporting Handicrafts to the U.S. Market: Final Report”. United Nations Public-Private Alliance for Rural Development (2005年). 2011年7月10日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年7月10日閲覧。
  123. ^ United Nations (2013年). “FAO Stat”. Food and Agriculture Organization. 2013年4月13日閲覧。
  124. ^ International Federation of Red Cross And Red Crescent Societies (2005年2月25日). “Madagascar: Cyclone Gafilo, Final Report, Appeal 08/04”. ReliefWeb. 2012年8月31日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年3月31日閲覧。
  125. ^ Pezzotta (2001), p. 32
  126. ^ a b About QMM”. Rio Tinto (2009年). 2012年9月19日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年9月19日閲覧。
  127. ^ Metals – Ambatovy Joint Venture”. Sherritt International Corporation (2012年). 2012年9月19日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年9月19日閲覧。
  128. ^ Madagascar's oil fortunes evolving slowly”. PennWell Corporation (2012年2月6日). 2012年9月19日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年9月19日閲覧。
  129. ^ Bradt (2011), p. 2.
  130. ^ Production Electricité” (French). Jirama (2011年). 2013年8月28日閲覧。
  131. ^ Ralibera (1993), p. 196
  132. ^ Ranaivoson, Samuel (1980) (フランス語). La formation du personnel enseignant de l'éducation de base à Madagascar: Une etude de cas. Quelques reflections intéressant la programmation de l'assistance de l'UNICEF. Paris: UNESCO. オリジナルの2011年7月10日時点によるアーカイブ。. https://www.webcitation.org/604ferPRD?url=http://unesdoc.unesco.org/images/0004/000404/040436Fb.pdf 2011年7月10日閲覧。. 
  133. ^ Mukonoweshuro, E.G. (1990). “State "resilience" and chronic political instability in Madagascar”. Canadian Journal of African Studies 24 (3): 376–398. doi:10.2307/485627. JSTOR 485627. 
  134. ^ a b c Lassibille, Gerard; Tan, Jee-Peng; Jesse, Cornelia; Nguyen, Trang Van (6 August 2010). “Managing for results in primary education in Madagascar: Evaluating the impact of selected workflow interventions”. The World Bank Economic Review (Oxford University Press) 24 (2): 303–329. doi:10.1093/wber/lhq009. オリジナルの2012年2月11日時点によるアーカイブ。. https://www.webcitation.org/65MknBr6d?url=http://www.povertyactionlab.org/publication/managing-results-primary-education-madagascar-evaluating-impact-selected-workflow-interventions 2012年2月10日閲覧。. 
  135. ^ Ministère de l'Education Secondaire et l'Education de Base (2005) (フランス語). Curriculum de formation des élèves-maîtres. Antananarivo, Madagascar: Government Printing Office. 
  136. ^ Public spending on education; total ( percent of government expenditure) in Madagascar”. TradingEconomics.com (2011年). 2012年1月28日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年1月28日閲覧。
  137. ^ Hurles ME, Sykes BC, Jobling MA, Forster P; Sykes; Jobling; Forster (2005). “The dual origin of the Malagasy in Island Southeast Asia and East Africa: evidence from maternal and paternal lineages”. American Journal of Human Genetics 76 (5): 894–901. doi:10.1086/430051. PMC: 1199379. PMID 15793703. オリジナルの2011年3月20日時点によるアーカイブ。. https://www.webcitation.org/5xKUHogZj?url=http://www.sanger.ac.uk/about/press/2005/050504.html 2011年4月30日閲覧。. 
  138. ^ Tofanelli S, Bertoncini S, Castrì L, Luiselli D, Calafell F, Donati G, Paoli G.; Bertoncini; Castrì; Luiselli; Calafell; Donati; Paoli (2009). “On the origins and admixture of Malagasy: new evidence from high-resolution analyses of paternal and maternal lineages”. Molecular Biology and Evolution 26 (9): 2109–2124. doi:10.1093/molbev/msp120. PMID 19535740. 
  139. ^ Adelaar (2006), pp. 205–235
  140. ^ Rajaonarimanana (2001), p. 8
  141. ^ Haute Cour Constitutionnelle De Madagascar, Décision n°03-HCC/D2 Du 12 avril 2000” (フランス語). Saflii.org (2000年4月12日). 2011年7月10日時点のオリジナルよりアーカイブ。2010年4月25日閲覧。
  142. ^ Madagascar: 2007 Constitutional referendum”. Electoral Institute for the Sustainability of Democracy in Africa (2010年6月). 2012年1月21日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年1月22日閲覧。
  143. ^ Le Comité Consultatif Constitutionnel (2010年10月1日). “Projet de Constitution de la Quatrième République de Madagascar” (フランス語). Madagascar Tribune. 2011年8月25日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年8月24日閲覧。
  144. ^ 箕浦信勝 (2016年4月21日). “マダガスカル手話の記述的研究”. 2019年7月10日閲覧。
  145. ^ “マラガシ語”. 言語学大辞典. 三省堂. 
  146. ^ a b 箕浦信勝 (2016年4月21日). “会話と手話の相互行為分析に基づくマダガスカル言語文化の共通構造と差異の比較研究”. 2019年7月10日閲覧。
  147. ^ a b Bearak, Barry (2010年9月5日). “Dead Join the Living in a Family Celebration”. New York Times: p. A7. オリジナルの2012年1月13日時点によるアーカイブ。. https://www.webcitation.org/64fFKK5JL?url=http://www.nytimes.com/2010/09/06/world/africa/06madagascar.html 2012年1月13日閲覧。 
  148. ^ a b Bradt (2011), pp. 13–20
  149. ^ Ade Ajayi (1989), p. 437
  150. ^ Bureau of Democracy, Human Rights, and Labor (2006年). “International Religious Freedom Report: Madagascar”. U.S. Department of State. 2012年1月21日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年1月22日閲覧。
  151. ^ Keller, Eva (2006) The Road to Clarity: Seventh-Day Adventism in Madagascar (Contemporary Anthropology of Religion). Palsgrave Macmillan. ISBN 1403970769
  152. ^ Report of the High Level Committee on the Indian Diaspora”. Ministry of External Affairs, India (2004年). 2012年8月31日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年1月22日閲覧。
  153. ^ Middleton (1999), pp. 259–262, 272, 309
  154. ^ Ames (2003), p. 101
  155. ^ Blench, Roger (1982). “Evidence for the Indonesian origins of certain elements of African culture”. African Music 6 (2): 81–93. JSTOR 30249759. 
  156. ^ Kus, Susan; Raharijaona, Victor (2000). “House to Palace, Village to State: Scaling up Architecture and Ideology”. American Anthropologist, New Series 1 (102): 98–113. doi:10.1525/aa.2000.102.1.98. 
  157. ^ Acquier (1997), pp. 143–175
  158. ^ Kusimba, Odland & Bronson (2004), p. 12
  159. ^ Bradt (2011), p. 312
  160. ^ a b “消費量は日本の2倍! 実はお米大国マダガスカルのワンプレート料理”. ナショナルジオグラフィック. (2016年8月25日). http://natgeo.nikkeibp.co.jp/atcl/web/15/352321/081900012/ 2016年10月1日閲覧。 
  161. ^ Fox (1990), p. 39
  162. ^ Ravalitera, P. “Origine Confuse des Vazimba du Betsiriry” (フランス語). Journal Express. Madatana.com. 2011年7月10日時点のオリジナルよりアーカイブ。2010年11月11日閲覧。
  163. ^ Unknown. “Ibonia: the text in 17 sections”. University of Virginia. 2011年7月10日時点のオリジナルよりアーカイブ。2010年11月15日閲覧。
  164. ^ Rabearivelo (2007), p. x
  165. ^ Auzias & Labourdette (2007), p. 142
  166. ^ Randrianary (2001), pp. 109–137
  167. ^ a b Heale & Abdul Latif (2008), pp. 108–111
  168. ^ Woodcrafting Knowledge of the Zafimaniry”. UNESCO. 2012年8月24日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年8月24日閲覧。
  169. ^ “Des nouveaux talents mis en relief” (フランス語). L'Express de Madagascar (l'expressmada.com). (2009年8月7日). オリジナルの2012年8月24日時点によるアーカイブ。. https://www.webcitation.org/6AACBykvX?url=http://www.lexpressmada.com/4376/hosotra-2009-madagascar/284-des-nouveaux-talents-mis-en-relief.htm 2012年8月24日閲覧。 
  170. ^ a b c Ratsimbazafy 2010, pp. 14-18.
  171. ^ Kusimba, Odland & Bronson (2004), p. 87
  172. ^ City of Antananarivo. “Antananarivo: Histoire de la commune” (フランス語). 2011年2月17日時点のオリジナルよりアーカイブ。2010年8月2日閲覧。
  173. ^ Madagascar take Sevens honours”. International Rugby Board (2007年8月23日). 2012年8月29日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年7月24日閲覧。
  174. ^ Vegar, Ness (1999年10月4日). “Madagascar won the World Championship”. petanque.org. 2012年1月14日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年1月14日閲覧。
  175. ^ 2011 FIBA Africa Championship, FIBA.com, Retrieved 26 October 2015.
  176. ^ 2009 FIBA Africa Championship for Women, FIBA.com, Retrieved 26 October 2015.
  177. ^ 2014 FIBA Africa Under-18 Championship, FIBA.com, Retrieved 26 October 2015.
  178. ^ 2013 FIBA Africa Under-16 Championship, FIBA.com, Retrieved 26 October 2015.
  179. ^ 2015 FIBA Africa Under-16 Championship for Women, FIBA.com, Retrieved 26 October 2015.
  180. ^ Triennal review: Census as at 1 December 2010”. World Organization of the Scout Movement (2010年12月1日). 2012年8月31日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年1月13日閲覧。
  181. ^ ペスト:地域別罹患率・死亡率の検討-2004年~2009年 CDC Travelers' Health, Outbreak Notice(2010年2月18日)2017年3月4日





マダガスカルと同じ種類の言葉


固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「マダガスカル」の関連用語

マダガスカルのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



マダガスカルのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2019 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
中経出版中経出版
Copyright (C) 2019 Chukei Publishing Company. All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのマダガスカル (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS