間伐とは?

かん ばつ [0]間伐

スル
林業で、林木密度調節して生育助けるため、また主伐前に収穫を得るため、林木一部伐採すること。透かし伐()り。疎伐。 → 主伐


間伐

除伐後に行う作業で、立木密度調整して林木を健全に成長させるため、劣勢木、不用木など林木一部伐採することをいう。

間伐

 育成段階にある森林において樹木混み具合に応じて育成する樹木一部伐採間引き)し、残存木の成長促進する作業。この作業により生産された丸太間伐材一般に除伐後、主伐までの間に育成目的に応じて間断的に実施

間伐

森林維持していくために密生している木の一部を切ること。
間伐された木材(=間伐材)をとして使うことは森林保護につながる。

間伐

作者河津武俊

収載図書秋の川
出版社石風社
刊行年月2006.8


伐採

(間伐 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/11/02 18:34 UTC 版)

伐採(ばっさい)は、森林の木竹を伐り倒すことであり、通常は丸太を生産する行為をいう。林業における伐採の種類には主伐(しゅばつ)、間伐(かんばつ)、除伐(じょばつ)、皆伐(かいばつ)、択伐(たくばつ)がある。




  1. ^ a b c 山で働く”. 熊本県総合博物館ネットワーク・ポータルサイト. 2019年11月2日閲覧。
  2. ^ ハーベスタ(伐倒・枝払い・玉切り・集積)林野庁ホームページ
  3. ^ 但し、日本における現状は、高度成長期に需要を見込まれて植林されたものの、木材以外の材料へのシフト、安価な輸入木材の普及などの事情変化から国内森林の経済的価値が低下し、間伐されていない所も多いようである。収入を得る目的というよりは、環境保全、土砂災害防止など已むにやまれぬ間伐をしている所もある。また、費用面から間伐材を運び出せず、山にそのまま放置していることもある。


「伐採」の続きの解説一覧

間伐

出典:『Wiktionary』 (2018/06/25 09:26 UTC 版)

名詞

 かんばつ

  1. 植林による管理仕方で、成長ってになり過ぎ森林立木一部伐採すること。

派生語

関連語




品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「間伐」の関連用語

間伐のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



間伐のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2020 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
農林水産省農林水産省
Copyright:2020 The Ministry of Agriculture, Forestry and Fisheries of Japan
農林水産省農林水産省
Copyright:2020 The Ministry of Agriculture, Forestry and Fisheries of Japan
薪おじさん薪おじさん
Copyright(C)2020 maki-ojisan.com All Rights Reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの伐採 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの間伐 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2020 Weblio RSS