択伐とは?

たく‐ばつ【択伐】

[名](スル)用材などに適した木を選んで切り、その跡に後継育てるなどして、森林更新を図ること。皆伐(かいばつ)に対していう。


択伐

森林内の樹木数年から数十年ごとに計画的繰り返し伐採抜き切り)することをいう。

択伐

出典:『Wiktionary』 (2018/07/05 20:51 UTC 版)

名詞

たくばつ

  1. 伐採対象となる地区の木の一部を切り、一部を残すこと。

対義語

関連語

動詞

活用

サ行変格活用
たくばつ-する



品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「択伐」の関連用語

択伐のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



択伐のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
農林水産省農林水産省
Copyright:2021 The Ministry of Agriculture, Forestry and Fisheries of Japan
農林水産省農林水産省
Copyright:2021 The Ministry of Agriculture, Forestry and Fisheries of Japan
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの択伐 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS