立木とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 植物 > 草木 > > 立木の意味・解説 

りゅう ぼく りふ- [0] 【立木】

〘法〙 土地生育する樹木集団立木法上の登記を行なったものは、土地から離れ独立不動産として扱われる。

たち き [0][3] 【立(ち)木】

地面生えている木。
りゅうぼく(立木)」に同じ。

立木(りゅうぼく)

 土地生育する個々樹木

立木

読み方:タチキ(tachiki)

所在 千葉県茂原市


立木

読み方:タツギ(tatsugi)

所在 茨城県北相馬郡利根町


立木

読み方:タツギ(tatsugi)

所在 栃木県小山市


立木

読み方:タテキ(tateki)

所在 山形県西村山郡朝日町

地名辞典では2006年8月時点の情報を掲載しています。

立木

読み方:タチキ(tachiki)

所在 京都府(JR山陰本線)

駅名辞典では2006年8月時点の情報を掲載しています。

立木

読み方
立木たき
立木たちき
立木たちぎ
立木たつき
立木たつぎ
立木たてき
立木たてぎ
立木ついき

立木

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/09/09 13:31 UTC 版)

立木(たちき、りゅうぼく)、立ち木(たちき)とは、地面に生育している樹木をいう。また、法律上特定の樹木に関して立木(りゅうぼく)と定義して特別の扱いをすることがある。


  1. ^ 民法第86条第1項
  2. ^ 立木法第2条第2項および第3項
  3. ^ 地方空港建設や愛知万博誘致等 平成9年警察白書
  4. ^ 圏央道 国土交通省相武国道事務所記者発表資料 (PDF)” (2006年7月10日). 2007年11月22日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2007年11月15日閲覧。
  5. ^ 収用制度活用プラン【2011改訂版】―収用制度の理解と活用に向けて- (PDF)”. 東京都収用委員会事務局. pp. 26-28 (2011年3月). 2013年12月3日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2013年11月29日閲覧。
  6. ^ のちに反対同盟に追放される
  7. ^ 北原鉱治『大地の乱 成田闘争―三里塚反対同盟事務局長の30年』 お茶の水書房、1996年、39頁。
  8. ^ 立木トラスト名札掛け”. 2017年8月19日閲覧。
  9. ^ 東九州道:福岡県がミカン園強制収用の行政代執行毎日新聞 2015年7月14日
  10. ^ リニア、立ち木トラスト始まる。山梨県中央市でまずは405本。”. 2017年8月19日閲覧。


「立木」の続きの解説一覧



立木と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「立木」の関連用語

1
100% |||||

2
100% |||||

3
100% |||||

4
100% |||||

5
100% |||||

6
100% |||||

7
100% |||||

8
100% |||||


10
92% |||||

立木のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



立木のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2018 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
農林水産省農林水産省
Copyright:2018 The Ministry of Agriculture, Forestry and Fisheries of Japan
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
EDRDGEDRDG
This page uses the JMnedict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの立木 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2018 Weblio RSS