里山とは? わかりやすく解説

さと‐やま【里山】

読み方:さとやま

人里近くにある、生活に結びついた山や森林(たきぎ)や山菜採取などに利用される適度に人の手入ること生態系つりあいがとれている地域指し山林隣接する農地集落含めていうこともある。→里海


里山

同義/類義語:里山林
英訳・(英)同義/類義語:country side forest

人の集落近くにあり、生活利用のために人手加えられ環境維持されている山のこと。

里山

作者中津原徹雄

収載図書生まれ変わった少年
出版社のべる出版
刊行年月2008.10


里山

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/10/22 05:47 UTC 版)

里山(さとやま)とは、集落、人里に隣接した結果、人間の影響を受けた生態系が存在するをいう。深山(みやま)の対義語。


注釈

  1. ^ 後に木村伊兵衛賞受賞。

出典

  1. ^ 有岡利幸『里山』1、法政大学出版局〈ものと人間の文化史〉、2004年3月、1-2頁。ISBN 4588211811
  2. ^ 佐々木高明 『日本文化の多様性』 小学館、2009年、126-127頁。なお、「ウチヤマ」は焼畑を行う土地や薪炭林、畑など。「オクヤマ」は材木を調達したり狩猟をしたりする山林で、「ダケ」は最も標高が高い部分で原生林となっている。
  3. ^ 四手井綱英 『森林はモリやハヤシではない―私の森林論』 ナカニシヤ出版、2006年、3章。ここで四手井は上述の近世の「里山」の用例に言及しつつ、日本列島の農用林を「里山」と名付けた経緯について語っている。
  4. ^ Photologue - 飯沢耕太郎の写真談話(26) 知的好奇心をくすぐる自然写真(4)”. マイナビニュース. 2019年4月26日閲覧。
  5. ^ 佐藤洋一郎、石川隆二『〈三内丸山遺跡〉植物の世界-DNA考古学の視点から-』裳華房〈ポピュラー・サイエンス〉、2004年。ISBN 4785387653[要ページ番号]
  6. ^ Jared Diamond, "Collapse: How Societies choose to fail or succeed", Penguin Books, 2005, pp297-298.
  7. ^ Ibid, p298.[要文献特定詳細情報]
  8. ^ 別項「はげ山」に「1894年」という記述がある。
  9. ^ 太田猛彦『森林飽和』NHK出版〈NHKブックス〉、2012年、161-163頁。
  10. ^ 有岡 2004b, pp. 67–98.
  11. ^ 穂別高齢者の語りを聞く会『穂別高齢者の語り聞き史(昭和編)大地を踏みしめて 下 冨内駅・物流拠点としての役割』穂別高齢者の語りを聞く会、2014年、213頁。
  12. ^ 若林幹夫『郊外の社会学』筑摩書房、2007年。ISBN 9784480063502[要ページ番号]
  13. ^ 有岡、前掲書、113-166ページ[要文献特定詳細情報]
  14. ^ 有岡、前掲書、180-184ページ[要文献特定詳細情報]
  15. ^ 内山節『「里」という思想』新潮社、2005年。ISBN 4106035545[要ページ番号]
  16. ^ 野本寛一『生態と民俗』講談社〈講談社学術文庫〉、2008年5月、299-301頁。ISBN 9784061598737
  17. ^ 有岡、前掲書、170-173ページ[要文献特定詳細情報]
  18. ^ 有岡、前掲書、192-230ページ[要文献特定詳細情報]
  19. ^ 市街地山林への相続税---高過ぎる評価額と物納の可能性”. バードレポート. 2019年4月26日閲覧。
  20. ^ 有岡、前掲書、35-58ページ[要文献特定詳細情報]
  21. ^ 宮本常一「世間師(二)」『忘れられた日本人』岩波書店〈岩波文庫〉、1984年。
  22. ^ 有岡 2004b, pp. 1–5.
  23. ^ 有岡、前掲書、1ページ[要文献特定詳細情報]


「里山」の続きの解説一覧

「里山」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



里山と同じ種類の言葉


固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

里山のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



里山のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
JabionJabion
Copyright (C) 2022 NII,NIG,TUS. All Rights Reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの里山 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS