.mgとは?

MG

英語 MORRIS GARAGES

イギリス自動車企業家ウィリアム・リチャード・モーリス(のちのナフィールド卿)が1910年に興した自動車モーターサイクル販売生業とした会社13年にはモーリス初の4輪車オックスフォード市販した。買いやすい価格安定した品質好評を博し、第1次世界大戦後イギリスベストセラーとなった。支配人のセシル・キンバーが入社した22年からスポーツ志向のMGを販売28年発売のMタイプミジェットで世界にその名を広めた。MGは数々スポーツカー乗用車生産していたが、52年にナフィールド・オーガニゼーションとオースチン・オーガニゼーションが合併してBMC(British Motor Corporation)となった。その後BLMC、BL(British leyland)、オースチンローバー、ローバー、そしてBMW変遷して、なおフェニックスグループのなかでMGの名をとどめる。さらにルマンへの挑戦はMGワークスとして出場した。

※「大車林」の内容は、発行日である2004年時点の情報となっております。

マグネシウム(Mg)

マグネシウム(Magnesium)は、元素記号 Mg で表され、原子番号12原子量は約24.31比重は1.74(g/cc)である。銀白色展性に富む。海水中には陽イオンとしてナトリウム次いで多量含まれる
産業用の金属非鉄金属の中で最軽量であり、リサイクル要するエネルギー消費少な循環素材として用途拡大進んでいる。

マグネシウムジカチオン

分子式Mg
その他の名称:Magnesium dication
体系名:マグネシウムジカチオン


マグネシウム粉

分子式Mg
その他の名称:Magnesium、Mg、マグネシウム粉、Magnesium powder
体系名:マグネシウム


物質
マグネシウム
英語名
Magnesium
元素記号
Mg
原子番号
12
分子量
24.305
発見
1808年
原子半径(Å)
1.6
融点(℃)
651
沸点(℃)
1097
密度(g/cm3
1.74
比熱(cal/g ℃)
0.25
イオン化エネルギー(eV)
7.646
電子親和力(eV)
0


マグネシウム(Mg)

マグネシウムは生物にとって必須金属で、神経の伝達酵素反応などさまざまな働きをしています。地殻中には約2.3%、海水中には約1300mg/リットル含まれています。主な用途としては、金属マグネシウムとして、断熱材アルミニウム合金鉄鋼材料等、マグネシウム塩として食品豆腐凝固剤農業用等があります

マグネシウム

読み方まぐねしうむ
【英】:Mg

 人体に必要なミネラル一種です。成人では、体内に約20g~30gが存在し、その約6割はリン酸マグネシウムや炭酸水素マグネシウムとして骨や歯に含まれ、残り筋肉脳・神経存在しています。300種類上の酵素活性化する働きがあり、筋肉収縮神経情報伝達体温血圧調整にも役立っています。
 マグネシウムが不足すると骨の形成影響が出るほか、不整脈虚血性心疾患高血圧筋肉けいれんを引き起こします。また、神経過敏抑うつ感などが生じることもあります
 健康な人の場合余分なマグネシウムは腎臓排出されますが、腎臓疾患があると血液中のマグネシウム濃度が高くなることがあります通常の食事では摂り過ぎることはありませんが、それ以外にサプリメントでマグネシウムを摂り過ぎると下痢起こすことがあります


M・G

読み方:えむじーえむ・じー

  1. 機関銃隊のことをいふ。独語Das mashienen-Gewehr(ダス マシーネン ガウエール)の頭字を取つたものである。〔軍隊語〕
  2. 機関銃隊のことをいふ。独語Das mashienen Gewehr頭字を取つたものである

分類 軍隊

隠語大辞典は、明治以降の隠語解説文献や辞典、関係記事などをオリジナルのまま収録しているため、不適切な項目が含れていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

.mg

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2011/06/13 07:28 UTC 版)

.mg
マダガスカルの旗
施行 1995年
TLDの種類 国別コードトップレベルドメイン
現在の状態 利用可
管理団体 Network Information Center Madagascar
後援組織 Network Information Center Madagascar
利用地域 マダガスカルに関係する団体・個人
使用状況 マダガスカルでは広く使われている。
登録の制限 企業、組織、商標の登録を開示しなければならない。
階層構造 第二レベルドメインに直接登録されるか、第二レベルドメインの下の第三レベルドメインに登録される。
関連文書 NIC-MG articles of association; Naming charter
ウェブサイト nic.mg
  

.mg国別コードトップレベルドメインccTLD)の一つで、マダガスカルに割り当てられている。

サブドメイン

第二レベルドメインに登録されるが、以下の第二レベルドメインの下に第三レベルドメインとして置かれることもある。

  • .org.mg: 組織
  • .nom.mg: 個人
  • .gov.mg: 政府
  • .prd.mg: 研究プロジェクト
  • .tm.mg: 登録商標
  • .edu.mg: 教育機関
  • .mil.mg: 軍部
  • .com.mg: 商業用

外部リンク



MG

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/08/20 13:58 UTC 版)

Jump to navigation Jump to search

MG, Mg, mg

記号・単位

  • Mg - マグネシウム (magnesium) の元素記号
  • Mg - 質量の単位「メガグラム」 (Megagram) 。トンに等しい
  • mg - ミリグラム (milligram)
  • MG - チーズなどの脂肪分 (matière grasse)。チーズの場合、チーズから水分を除いた残りの成分(乾燥成分)に含まれる脂肪の量を表す。% または g(グラム)で表現する。例えば「MG 45%」や「MGは100gに27g」など。

正式名称

略語・略称

一般名詞・術語


固有名詞

コード・形式名

他の記号等を付して用いるもの

関連項目




.mgと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「.mg」の関連用語

.mgのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



.mgのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2019 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
三栄書房三栄書房
Copyright c San-eishobo Publishing Co.,Ltd.All Rights Reserved.
丸ヱム製作所丸ヱム製作所
© 1998-2019 Maruemu Works Co,. Ltd. All rights reserved.
独立行政法人科学技術振興機構独立行政法人科学技術振興機構
All Rights Reserved, Copyright © Japan Science and Technology Agency
京浜河川事務所京浜河川事務所
Copyright (C) 2019 京浜河川事務所 All rights reserved.
厚生労働省厚生労働省
(C)2019 Ministry of Health, Labour and Welfare, All Right reserved.
e-ヘルスネット
皓星社皓星社
Copyright (C) 2019 株式会社皓星社 All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの.mg (改訂履歴)、MG (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS