セネガルとは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 政治 > 国家 > 共和国 > セネガルの意味・解説 

セネガル 【Senegal】


セネガル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/10/01 23:07 UTC 版)

セネガル共和国(セネガルきょうわこく、フランス語: République du Sénégal [ʁepyblik dy seneɡal])、通称セネガルは、西アフリカサハラ砂漠西南端に位置する共和制をとる国家である。北東にモーリタニア、東にマリ、南東にギニア、南にギニアビサウと国境を接している。また、ガンビア川の岸に沿った細長い国土を持つガンビアとも国境を接し、セネガルは同国を陸上から囲んでいる。これによってセネガルの南部のカザマンス地方は、残りの地域から隔てられている。西は大西洋に面し、カーボベルデと海上の国境を接している。領内にはアフリカ大陸最西端で、カーボデルデの国名の由来となっているベルデ岬を抱えている。セネガルの経済的・政治的首都ダカールである。セネガルは旧世界アフロ・ユーラシア)の大陸部における最西の国である[2]。国名の由来は東と北の国境となるセネガル川にある。「Senegal」という名前はウォロフ語で「我々の船」を意味する「Sunuu Gaal」に由来する。かつて支配を受けたフランスとの関係は深く、フランコフォニー国際機関に加盟している。なお、首都のダカールはかつてのパリ・ダカール・ラリーの終着点として知られている。




注釈

  1. ^ 地球の自転速度の関係で、経度が15度違うと、本来は1時間の時差が生ずる。ただ、セネガルだけでなく周辺諸国も国際標準時を使用している国々が目立つ。陸上の国境を接するモーリタニアマリギニアギニアビサウガンビアのうち、経度0度の地点を持つのはマリだけだが、いずれの国も国際標準時を使用している。なお、海上の国境を接しているカーボベルデは、国際標準時と1時間の時差を設定している。

出典

  1. ^ a b c d e World Economic Outlook Database, October 2014” (英語). IMF (2014年10月). 2014年10月26日閲覧。
  2. ^ Janet H. Gritzner, Charles F. Gritzner – 2009, Senegal – Page 8
  3. ^ 小川了「イスラームの国セネガル」『セネガルとカーボベルデを知るための60章』小川了編著、明石書店〈エリア・スタディーズ78〉、東京、2010年3月31日、初版第一刷、30-31頁。
  4. ^ 小川了「セネガルはいかに「発見」されたか」『セネガルとカーボベルデを知るための60章』小川了編著、明石書店〈エリア・スタディーズ78〉、東京、2010年3月31日、初版第一刷、18-19頁。
  5. ^ 小川了「セネガルはいかに「発見」されたか」『セネガルとカーボベルデを知るための60章』小川了編著、明石書店〈エリア・スタディーズ78〉、東京、2010年3月31日、初版第一刷、19-21頁。
  6. ^ a b 小川了「フランスによる植民地化はどのようになされたか」『セネガルとカーボベルデを知るための60章』小川了編著、明石書店〈エリア・スタディーズ78〉、東京、2010年3月31日、初版第一刷、22-23頁。
  7. ^ 小川了「イスラームの国セネガル」『セネガルとカーボベルデを知るための60章』小川了編著、明石書店〈エリア・スタディーズ78〉、東京、2010年3月31日、初版第一刷、31頁。
  8. ^ 小川了「フェデルブ総督が来た」『セネガルとカーボベルデを知るための60章』小川了編著、明石書店〈エリア・スタディーズ78〉、東京、2010年3月31日、初版第一刷、217-218頁。
  9. ^ 小川了「ラット・ジョール王」『セネガルとカーボベルデを知るための60章』小川了編著、明石書店〈エリア・スタディーズ78〉、東京、2010年3月31日、初版第一刷、221-223頁。
  10. ^ 小川了「フランスによる植民地化はどのようになされたか」『セネガルとカーボベルデを知るための60章』小川了編著、明石書店〈エリア・スタディーズ78〉、東京、2010年3月31日、初版第一刷、24頁。
  11. ^ 小川了「フランスによる植民地化の完成からセネガル独立への動き」『セネガルとカーボベルデを知るための60章』小川了編著、明石書店〈エリア・スタディーズ78〉、東京、2010年3月31日、初版第一刷、25-28頁。
  12. ^ 小川了「「セネガル歩兵」とはなにか」『セネガルとカーボベルデを知るための60章』小川了編著、明石書店〈エリア・スタディーズ78〉、東京、2010年3月31日、初版第一刷、235-237頁。
  13. ^ “Au Sénégal, le Parlement adopte la réforme constitutionnelle”. France 24. (2019年5月4日). https://www.france24.com/fr/20190504-senegal-reforme-constitution-premier-ministre-suppression 2019年5月7日閲覧。 
  14. ^ 三島禎子「セネガル・モーリタニア紛争」『セネガルとカーボベルデを知るための60章』小川了編著、明石書店〈エリア・スタディーズ78〉、東京、2010年3月31日、初版第一刷、107-110頁。
  15. ^ 正木響「セネガルへの日本の関わり」『セネガルとカーボベルデを知るための60章』小川了編著、明石書店〈エリア・スタディーズ78〉、東京、2010年3月31日、初版第一刷、93-94頁。
  16. ^ 正木響「セネガルへの日本の関わり」『セネガルとカーボベルデを知るための60章』小川了編著、明石書店〈エリア・スタディーズ78〉、東京、2010年3月31日、初版第一刷、88-93頁。
  17. ^ 外務省 セネガル基礎データ
  18. ^ 外務省 セネガル基礎データ
  19. ^ 最西端の岬は、HÔTEL DES ALMADIESという名前のホテルのビーチ内にある。
  20. ^ 世界の食文化11アフリカ(小川了 著、農文協)
  21. ^ ヨーロッパ人及びレバノン人ベトナム人1%
  22. ^ 1988年の調査
  23. ^ a b CIA World Factbook "Senegal"2013年7月31日閲覧。
  24. ^ 小川了「イスラームの国セネガル」『セネガルとカーボベルデを知るための60章』小川了編著、明石書店〈エリア・スタディーズ78〉、東京、2010年3月31日、初版第一刷、30-33頁。
  25. ^ 阿毛香絵「アーマド・バンバの奇跡」『セネガルとカーボベルデを知るための60章』小川了編著、明石書店〈エリア・スタディーズ78〉、東京、2010年3月31日、初版第一刷、224-230頁。
  26. ^ 阿毛香絵「若者たちと「イスラーム」」『セネガルとカーボベルデを知るための60章』小川了編著、明石書店〈エリア・スタディーズ78〉、東京、2010年3月31日、初版第一刷、43-49頁。
  27. ^ 本城靖久『セネガルのお雇い日本人』 中央公論社〈中公文庫〉、東京、1983年12月10日、初版第一刷、184-188頁


「セネガル」の続きの解説一覧

セネガル

出典:『Wiktionary』 (2018/06/27 23:51 UTC 版)

固有名詞

  1. アフリカ西部にある正式名称セネガル共和国首都ダカール

翻訳




セネガルと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「セネガル」の関連用語

セネガルのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



セネガルのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
中経出版中経出版
Copyright (C) 2020 Chukei Publishing Company. All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのセネガル (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryのセネガル (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2020 Weblio RSS