ダカール・ラリーとは?

ダカール・ラリー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/01/12 18:53 UTC 版)

ダカール・ラリーDakar Rally)とは、フランス人冒険家ティエリー・サビーヌの発案により1978年から例年1月に開催されているラリーレイド競技大会である。アモリ・スポル・オルガニザシオン (A.S.O.) が主催。「世界一過酷なモータースポーツ競技」とも言われている。




  1. ^ 注:フランス語では、名詞を形容(修飾)する語句が名詞の後ろに置かれるのが基本であり、英語とは順番が異なる。
  2. ^ ダカール・ラリー2008、全面中止」。2008年1月5日、スラッシュドット ジャパン。2008年1月5日閲覧。
  3. ^ “パリ・ダカ、サハラ砂漠を走らない? 主催者幹部が発言”. 朝日新聞. (2008年1月5日). http://www.asahi.com/car/motorsports/TKY200801050174.html 2008年1月6日閲覧。 
  4. ^ “パリダカの代わりに、中欧舞台の新ラリー4月開催”. 産経新聞. (2008年2月4日). http://sankei.jp.msn.com/sports/other/080204/oth0802042320017-n1.htm 
  5. ^ “パリ・ダカ、来年は南米での開催が決定”. 日刊スポーツ. (2008年2月12日). http://www.nikkansports.com/sports/motor/f-sp-tp2-20080212-320183.html 2011年2月16日閲覧。 
  6. ^ 斬新なデザインと数々の装備を備えたランドスポーツ車「ホンダ XL250Rパリ・ダカール」を発売 - 本田技研工業。
  7. ^ 1981-1989 Honda パリ・ダカールラリー参戦記 - 本田技研工業。
  8. ^ オフロードマニア 第4節 もうひとつの記号“テネレ” - ヤマハ発動機。
  9. ^ “ラリー界に激震!三菱がパリダカから撤退”. 日刊スポーツ. (2009年2月5日). https://www.nikkansports.com/sports/motor/news/p-sp-tp2-20090205-457453.html 2017年12月21日閲覧。 
  10. ^ 日産自動車 ワークス体制で2003年ダカールラリーに参戦”. NISMO (2002年10月4日). 2017年12月21日閲覧。
  11. ^ “日産、ダカール・ラリーのワークス活動を1年前倒しで休止”. webCG (二玄社). (2005年3月4日). http://www.webcg.net/articles/-/13848 2017年12月21日閲覧。 
  12. ^ “ダカールラリー:2019年大会でトヨタが初の総合優勝。ハイラックス駆るアル-アティヤが通算3勝目”. オートスポーツWeb. (2019年1月18日). http://www.as-web.jp/rally/445334?all 2019年1月18日閲覧。 
  13. ^ ラリーレポート”. 2019年8月21日閲覧。
  14. ^ REPORT-STAGE14”. 2019年1月19日閲覧。
  15. ^ ラリーレポート”. 2019年1月19日閲覧。
  16. ^ 日本人の歴代出場者 - パリダカ日本事務局。
  17. ^ 二十一世紀に夢を:::冒険的趣向集団 Team ACP:::
  18. ^ ダカールラリー 取材同行の旅No.3- GAZOO.com(2016年)。
  19. ^ 三橋淳の公式サイト [1]
  20. ^ "日野チームスガワラ"、さらなる高みを目指した新チーム体制を発表日野自動車 2019年6月3日
  21. ^ 原田真人『砂漠のレーサーたち パリ・ダカール最前線』、早川書房、1986年、75頁。
  22. ^ PARIS-DAKAR 15,000 栄光への挑戦- Movie Walker。





固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ダカール・ラリー」の関連用語

ダカール・ラリーのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



ダカール・ラリーのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのダカール・ラリー (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS