ダカール・ラリーとは?

ダカール‐ラリー【Dakar rally】

世界的自動車ラリー競技大会創始者フランスティエリー=サビーヌフランスパリからセネガルダカールまで約1万2000キロメートル走破する「パリ‐ダカールラリー」として1979年創設1992年以降はほぼ毎年ルート変更しながら開催され、名称も変更されたが、日本では現在も「パリダカ」の愛称呼ばれる

[補説] 砂漠などの厳し自然環境政情安定地域通過することから「世界一過酷レース」ともいわれる2007年まではアフリカ開催されてきたが、治安悪化により2008年初め中止余儀なくされ、2009年からは南米のアルゼンチン・チリに舞台移し開催されている。日本人では、1997年篠塚建次郎20022003年増岡浩四輪の部で優勝している。


ダカール・ラリー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/07/06 09:45 UTC 版)


ダカール・ラリーDakar Rally)とは、フランス人冒険家ティエリー・サビーヌの発案により1978年から例年1月に開催されているラリーレイド競技大会である。アモリ・スポル・オルガニザシオン (A.S.O.) が主催。「世界一過酷なモータースポーツ競技」とも言われている。




  1. ^ 注:フランス語では、名詞を形容(修飾)する語句が名詞の後ろに置かれるのが基本であり、英語とは順番が異なる。
  2. ^ a b Carles 2007, p. 3.
  3. ^ a b Carles 2007, 1986.
  4. ^ a b Carles 2007, 1982.
  5. ^ Racing on 418, p. 14, 三菱自動車にとってのパリダカ.
  6. ^ Carles 2007, 1985.
  7. ^ Racing on 418, p. 23, インタビュー 夏木陽介.
  8. ^ Racing on 418, p. 44, 三菱パリダカマイスター Part 1 篠塚健次郎.
  9. ^ a b Carles 2007, 1987.
  10. ^ Racing on 418, p. 58, 対峙したライバルたち.
  11. ^ Racing on 418, p. 59, 対峙したライバルたち.
  12. ^ Carles 2007, 1988.
  13. ^ Carles 2007, 1992.
  14. ^ ダカール・ラリー2008、全面中止」。2008年1月5日、スラッシュドット ジャパン。2008年1月5日閲覧。
  15. ^ “パリ・ダカ、サハラ砂漠を走らない? 主催者幹部が発言”. 朝日新聞. (2008年1月5日). オリジナルの2008年1月8日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20080108112840/http://www.asahi.com/car/motorsports/TKY200801050174.html 2008年1月6日閲覧。 
  16. ^ “パリダカの代わりに、中欧舞台の新ラリー4月開催”. 産経新聞. (2008年2月4日). http://sankei.jp.msn.com/sports/other/080204/oth0802042320017-n1.htm [リンク切れ]
  17. ^ “パリ・ダカ、来年は南米での開催が決定”. 日刊スポーツ. (2008年2月12日). http://www.nikkansports.com/sports/motor/f-sp-tp2-20080212-320183.html 2011年2月16日閲覧。 
  18. ^ “三菱自動車、ダカールラリーのワークス活動終了について” (プレスリリース), 三菱自動車工業株式会社, (2009年2月4日), https://www.mitsubishi-motors.com/publish/pressrelease_jp/motorsports/2009/news/detail1892.html 2020年2月2日閲覧。 
  19. ^ 斬新なデザインと数々の装備を備えたランドスポーツ車「ホンダ XL250Rパリ・ダカール」を発売 - 本田技研工業。
  20. ^ 1981-1989 Honda パリ・ダカールラリー参戦記 - 本田技研工業。
  21. ^ オフロードマニア 第4節 もうひとつの記号“テネレ” - ヤマハ発動機。
  22. ^ “ラリー界に激震!三菱がパリダカから撤退”. 日刊スポーツ. (2009年2月5日). https://www.nikkansports.com/sports/motor/news/p-sp-tp2-20090205-457453.html 2017年12月21日閲覧。 
  23. ^ 日産自動車 ワークス体制で2003年ダカールラリーに参戦”. NISMO (2002年10月4日). 2017年12月21日閲覧。
  24. ^ “日産、ダカール・ラリーのワークス活動を1年前倒しで休止”. webCG (二玄社). (2005年3月4日). http://www.webcg.net/articles/-/13848 2017年12月21日閲覧。 
  25. ^ “ダカールラリー:2019年大会でトヨタが初の総合優勝。ハイラックス駆るアル-アティヤが通算3勝目”. オートスポーツWeb. (2019年1月18日). http://www.as-web.jp/rally/445334?all 2019年1月18日閲覧。 
  26. ^ ラリーレポート”. 2019年8月21日閲覧。
  27. ^ REPORT-STAGE14”. 2019年1月19日閲覧。
  28. ^ ラリーレポート”. 2019年1月19日閲覧。
  29. ^ 日本人の歴代出場者 - パリダカ日本事務局。
  30. ^ 二十一世紀に夢を:::冒険的趣向集団 Team ACP:::
  31. ^ ダカールラリー 取材同行の旅No.3- GAZOO.com(2016年)。
  32. ^ 三橋淳の公式サイト [1]
  33. ^ "日野チームスガワラ"、さらなる高みを目指した新チーム体制を発表日野自動車 2019年6月3日
  34. ^ 原田真人『砂漠のレーサーたち パリ・ダカール最前線』、早川書房、1986年、75頁。
  35. ^ PARIS-DAKAR 15,000 栄光への挑戦- Movie Walker。





固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ダカール・ラリー」の関連用語

ダカール・ラリーのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



ダカール・ラリーのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのダカール・ラリー (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS