ラリー・モンテカルロとは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > ラリー・モンテカルロの意味・解説 

ラリー・モンテカルロ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/03/05 02:59 UTC 版)

ラリー・モンテカルロ: Rallye Automobile Monte Carlo)は、モナコ公国を中心に行われる世界ラリー選手権 (WRC) のイベント。1911年より行われている、ラリー競技の雛形となった歴史的イベントである。




  1. ^ 「コンセントレーション(集結)」を意味するフランス語。
  2. ^ 1996年と1997年にも行われたが、この年はWRCのタイトルが掛けられていない
  3. ^ 1906年には初の国際グランプリとなるACFグランプリがフランスで開催された。
  4. ^ 上位はアミルカー1100、セルティック・ビニャーニ。他にもドイツ製シュタイア等がエントリーしていた。
  5. ^ BMC・ADO16に代表されるバッジエンジニアリング車であるライレー・エルフ及びケストレル、ウーズレー・ホーネットバンデン・プラ・プリンセス、MG・1100など、年々ミニ母体のエンジン仕様の違いによってもエントリー分散化していく。
  6. ^ それ以前にもACMが「アンチ・ミニ」の態度を示しているようにも見えた事からこの様な事態へと繋がった。この繰上りで優勝となったのはヘンリの父であるパウリ・トイヴォネン。
  7. ^ 1980年代初頭までにワルター・ロールによるフィアット・アバルト131オペル・アスコナ400などFR車がランキングトップに台頭してくるとそのジンクスも薄れていった。
  8. ^ 1968年、アテネ-モナコでのコンサントラシオン中、コ・ドライバーであるルチアーノ・ロンバルディの運転するフルヴィアは一般車と衝突、ロンバルディは死亡。助手席で仮眠を取っていたムナーリは重傷を負う事故となり、翌日ベッドの上でこの悲運を知る事になる。以後、ムナーリ自身このラリーに特別な並々ならぬ感情を抱き、成長していくことになる。
  9. ^ ランチア・ストラトスでは4連ライトポッド、フィアット・124・アバルトスパイダーダットサン・280Zなどではボンネット埋め込み形状のものが試されている。
  10. ^ 無線機をラリーやレースに持ち込み始めたのはランチアを率いるチェーザレ・フィオリオで、ストラトスを実戦投入すると変わりゆく山岳の天候や現地側トラブルにいち早く対応できており、後の1985年ラリー037時代でのSS中のサービスが禁止されていなかった当時、コースコンディションが変わる直前のSS中路肩でのタイヤ交換等でも無線機が活躍している(三栄ムック ラリーカーズ Vol.1 Lanchia Stratos HF「Interview with Key Person チェザーレ・フィオリオ」、1985年当時映像より抜粋参考)。
  11. ^ ただし、当時実際参戦した履歴のある同一シリアルN.O.のマシンでなくても同型、同年式の市販車を競技規則に則した範囲の改造及びリビルドを施した上での参戦も可能。




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ラリー・モンテカルロ」の関連用語

ラリー・モンテカルロのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



ラリー・モンテカルロのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのラリー・モンテカルロ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS