ランスとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 地理 > 都市 > 都市 > ランスの意味・解説 

ランス(フランス)

英語 Reims-Gueux

パリ東方シャンパーニュ地方都市ランスから約7km。1925年のグランプリ・ド・ラ・マルヌの開催コースとして著名1930年、7.8kmの長大なパーマネントコース建設ルマンのミュルサンヌ・ストレートを模した長いバックストレートをもち、平均時速は優に200km/hを超えた。32年初のGP del' ACF開催50年FIAによるF1世界選手権始まり記念すべきフランスで初戦開催66年までに計11回のF1が行われた。66年最後のF1はブラバム・レプコのJ.ブラバム平均約220km/hで優勝している。70年閉鎖

ランス(フランス)

※「大車林」の内容は、発行日である2004年時点の情報となっております。

ランス

作者ウラジーミル・ナボコフ

収載図書ナボコフの1ダース
出版社サンリオ
刊行年月1987.1
シリーズ名サンリオ文庫

収載図書ナボコフの一ダース
出版社筑摩書房
刊行年月1991.4
シリーズ名ちくま文庫

収載図書20世紀アメリカ短篇選 下
出版社岩波書店
刊行年月1999.7
シリーズ名岩波文庫

収載図書ナボコフ短篇全集 2
出版社作品社
刊行年月2001.7


ランス

名前 RheimsLanceLancellottiRanceReimsRhins

ランス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/10/11 20:58 UTC 版)

ランスロットの短縮形として名乗る人物もいる。




「ランス」の続きの解説一覧

ランス(Lance O'Donnell)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/10/22 20:03 UTC 版)

アサシン クリード III」の記事における「ランス(Lance O'Donnell)」の解説

ボストンからホームステッド入植した大工

※この「ランス(Lance O'Donnell)」の解説は、「アサシン クリード III」の解説の一部です。
「ランス(Lance O'Donnell)」を含む「アサシン クリード III」の記事については、「アサシン クリード III」の概要を参照ください。


ランス(声:山口隆行)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/06/18 06:38 UTC 版)

ゾイドインフィニティ」の記事における「ランス(声:山口隆行)」の解説

ゲームオリジナルストーリーモード主人公。『ゾイドVS.3』の主人公だったアロー生き別れの弟で、本当の家族記憶がない幼い頃開拓団引き取られ育てられていた。Ziファイターになることを夢見ていたが、アロー紹介受けたZOITEC社の令嬢アルマスカウトを受け、彼女が設立してリーダーを務めるチーム・ゾディアックに入った

※この「ランス(声:山口隆行)」の解説は、「ゾイドインフィニティ」の解説の一部です。
「ランス(声:山口隆行)」を含む「ゾイドインフィニティ」の記事については、「ゾイドインフィニティ」の概要を参照ください。


ランス (1)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/26 22:47 UTC 版)

半熟英雄」の記事における「ランス (1)」の解説

ランス (槍)攻撃する

※この「ランス (1)」の解説は、「半熟英雄」の解説の一部です。
「ランス (1)」を含む「半熟英雄」の記事については、「半熟英雄」の概要を参照ください。


ランス (Lance)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/24 05:34 UTC 版)

ファイアーエムブレム 封印の剣の登場人物」の記事における「ランス (Lance)」の解説

クラスソシアルナイトパラディン属性は理。20代他家から流れてきた新参騎士

※この「ランス (Lance)」の解説は、「ファイアーエムブレム 封印の剣の登場人物」の解説の一部です。
「ランス (Lance)」を含む「ファイアーエムブレム 封印の剣の登場人物」の記事については、「ファイアーエムブレム 封印の剣の登場人物」の概要を参照ください。


ランス(TACネーム)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/23 04:37 UTC 版)

エースコンバット インフィニティ」の記事における「ランス(TACネーム)」の解説

キャンペーンミッション#6にて新たに配属されるリッジバックス隊の2番機パイロットそのためエッジから「リッジバックス2」のコールサイン引き継いでいる。

※この「ランス(TACネーム)」の解説は、「エースコンバット インフィニティ」の解説の一部です。
「ランス(TACネーム)」を含む「エースコンバット インフィニティ」の記事については、「エースコンバット インフィニティ」の概要を参照ください。


ランス(Lance)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/09 17:43 UTC 版)

ザ・ハウス・オブ・ザ・デッド 2」の記事における「ランス(Lance)」の解説

前作パーラーに近い小型ミュータントテレポート透明になる能力持ち、レーザーナイフで攻撃してくる。攻撃を受けるとよく転倒する

※この「ランス(Lance)」の解説は、「ザ・ハウス・オブ・ザ・デッド 2」の解説の一部です。
「ランス(Lance)」を含む「ザ・ハウス・オブ・ザ・デッド 2」の記事については、「ザ・ハウス・オブ・ザ・デッド 2」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「ランス」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「ランス」の例文・使い方・用例・文例




ランスと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ランス」の関連用語

ランスのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



ランスのページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
三栄書房三栄書房
Copyright c San-eishobo Publishing Co.,Ltd.All Rights Reserved.
中経出版中経出版
Copyright (C) 2023 Chukei Publishing Company. All Rights Reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのランス (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのアサシン クリード III (改訂履歴)、ゾイドインフィニティ (改訂履歴)、半熟英雄 (改訂履歴)、ファイアーエムブレム 封印の剣の登場人物 (改訂履歴)、エースコンバット インフィニティ (改訂履歴)、ザ・ハウス・オブ・ザ・デッド 2 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2023 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2023 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2023 GRAS Group, Inc.RSS