長大とは?

ちょう‐だい〔チヤウ‐〕【長大】

【一】[名・形動

長く大きいこと。たけが高く大きいこと。また、そのさま。「長大な小説」「長大な植物」⇔短小

大人になること。また、そのさま。

然らば、年—なるに及び」〈中村訳・西国立志編

[派生] ちょうだい[名]

【二】[名]長崎大学俗称。→ながだい(長大)


なが‐だい【長大】

長岡大学」「長野大学」の略称。→ちょうだい(長大)【二】


ちょう‐だい チャウ‥ 【長大】

〔名〕

① (形動ながくて大きいこと。たけ高く大きなこと。また、そのさま。

常陸風土記717‐724頃)那賀上古(いにしへ)、人あり。躰極めて長大にして、身は丘壟の上に居て手は海浜の蜃を摎る」〔史記淮陰侯伝〕

② (形動) (━する) 成長すること。年たけておとなになること。また、年たけたさま。

霊異記810‐824)上「長大して年十有余の頃、朝庭力人有り聞き試みむと念ひ、大宮の辺に来り居り」〔魏文帝‐又与呉質書〕

才能すぐれた人。〔礼記月令


長大

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/10/09 02:29 UTC 版)

株式会社長大(ちょうだい、: CHODAI CO.,LTD.)は、東京都中央区に本社を置く大手総合建設コンサルタント会社。橋梁の分野は業界トップレベルであり、国内の長大橋梁のほとんどを手掛ける。代表的なものとして、明石海峡大橋瀬戸大橋レインボーブリッジ多々羅大橋白鳥大橋などがある。明石海峡大橋については橋長3911m、最大支間長1991mで世界最長の吊橋としてギネス記録に認定されており、これを手掛けた長大の技術力は海外からも評価されている。道路・交通・ITS分野にも強みを持ち、ETC2.0を手掛けるなど様々な分野(港湾河川、環境・エネルギー、都市計画、情報・電気通信、PPP/PFI、建築、鉄道など)で幅広い活躍をみせる。




「長大」の続きの解説一覧

長大

出典:『Wiktionary』 (2021/10/11 11:14 UTC 版)

形容動詞

長大ちょうだい

  1. 長く大きいさま。

活用

翻訳

関連語

名詞

長大ちょうだい

  1. 長く大きいこと。
  2. (用法) 背丈

固有名詞

  1. ちょうだい長崎大学略語
  2. ながだい長野大学略語

動詞

長大する

  1. (用法) 成長する。

活用




固有名詞の分類


品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

「長大」に関係したコラム

  • FXのローソク足のパターンの見方

    FX(外国為替証拠金取引)のローソク足にはさまざまなパターンがあります。ローソク足の長さや上ヒゲ、下ヒゲ、陰線、陽線などはその時の相場の動きを暗示したもので、そのパターンから今後の相場を読み取ることも...

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「長大」の関連用語

長大のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



長大のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの長大 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの長大 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS