アザラシとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 生物 > 動物 > アザラシ > アザラシの意味・解説 

あざらし【海豹】

読み方:あざらし

鰭脚(ききゃく)目アザラシ科哺乳類総称陸上では、後肢後方に向いたままで、前肢体を引きずって前進する。クラカケアザラシ・ゴマフアザラシ・ゾウアザラシなど約20種が、世界各地海洋、特に北洋多く淡水湖にも分布シールかいひょう。《 春》


海豹

読み方:アザラシ(azarashi), カイヒョウ(kaihyou)

食肉目アザラシ科海獣総称


アザラシ

アザラシ、アシカ類の鰭脚目ききゃくもく)は、アシカ亜目、アザラシ亜目セイウチ科分類され、3科1834となります
アシカ亜目は、アシカ科7属14種。内訳はアシカ亜科5種、オットセイ亜科9種。セイウチ科1属1種
アザラシ亜目は、アザラシ科1019種。内訳は、キタアザラシ亜科10種、ミナミアザラシ亜科が9種です。
このうちワシントン条約付属書リストされているものは、アシカ科のグアダループオットセイが、付属書Ⅰ、ミナミオットセイ属全種が、付属書です。
アザラシ科では、モンクアザラシ属全種付属書Ⅰ、ミナミゾウアザラシ付属書リストされており、それ以外の種は該当していません。


アザラシ

作者J.M.G.ル・クレジオ

収載図書海を見たことがなかった少年モンドほか少年たち物語
出版社集英社
刊行年月1995.6
シリーズ名集英社文庫


水豹

読み方:アザラシ(azarashi)

アザラシ科海獣総称


海豹

読み方:アザラシ(azarashi)

アザラシ科海獣総称


海豹

読み方:アザラシ(azarashi)

海豹と呼んでいる動物には数種ある。哺乳類のうち食肉目アザラシ科分類されている

季節

分類 動物


海豹

読み方:アザラシ(azarashi)

作者 萩原朔太郎

初出 大正14年

ジャンル


海豹

読み方:アザラシ(azarashi)

作者 八木義徳

初出 昭和12年

ジャンル 小説


アザラシ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/11/18 00:54 UTC 版)

アザラシ(海豹、Phocidae)は、鰭脚類に含まれる海棲哺乳類海獣)のグループである[1]。アザラシ科、もしくはアザラシ科アザラシ亜科に分類される。


  1. ^ a b アザラシの海洋適応に伴うタンパク質進化のしくみを解明 岡山大学プレスリリース(2021年8月23日)2021年10月8日閲覧
  2. ^ とっかりセンター用語辞典 北海道紋別市(2021年10月8日閲覧)
  3. ^ a b BRUTUS』2016年9月1日号 No.830、40頁[信頼性要検証]
  4. ^ 日本哺乳類学会「世界哺乳類標準和名リスト2021年度版」(https://www.mammalogy.jp/list/)


「アザラシ」の続きの解説一覧

アザラシ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/01/24 14:53 UTC 版)

動物の愛称一覧」の記事における「アザラシ」の解説

Category:アザラシの個体」も参照 ウタちゃん カジちゃん カモちゃん コロちゃん タマちゃん ナカちゃん フーバー - 人間言葉真似ことのできたゼニガタアザラシみなぞう - 新江ノ島水族館飼育されていたミナミゾウアザラシ

※この「アザラシ」の解説は、「動物の愛称一覧」の解説の一部です。
「アザラシ」を含む「動物の愛称一覧」の記事については、「動物の愛称一覧」の概要を参照ください。


アザラシ(Seal)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/01 00:04 UTC 版)

ドンキーコング64」の記事における「アザラシ(Seal)」の解説

ガリオンとうだいにいるが当初は囚われの身救出後ドンキー水上レース対戦してくれる。コース中に浮いている木箱に当たるタイムロスになりコイン3枚失う。また、赤と緑の浮きの間を通過しなければならず、6回ミスする強制終了となる。コースを2周する間にコイン10以上ゲットしなおかつ勝たないゴールデンバナナ貰えない。『スーパードンキーコング2』のクラッパーに似ている。

※この「アザラシ(Seal)」の解説は、「ドンキーコング64」の解説の一部です。
「アザラシ(Seal)」を含む「ドンキーコング64」の記事については、「ドンキーコング64」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「アザラシ」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

アザラシ

出典:『Wiktionary』 (2018/06/25 05:06 UTC 版)

名詞

アザラシ

  1. あざらし学術的表記

「アザラシ」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



アザラシと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「アザラシ」の関連用語

1
100% |||||

2
100% |||||

3
100% |||||

4
100% |||||


6
100% |||||

7
100% |||||

8
100% |||||

9
100% |||||

10
100% |||||

アザラシのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



アザラシのページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
全日本爬虫類皮革産業協同組合全日本爬虫類皮革産業協同組合
Copyright 2022 ALL JAPAN ASSOCIATION OF REPTILES SKIN AND LEATHER. All Rights Reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのアザラシ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの動物の愛称一覧 (改訂履歴)、ドンキーコング64 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryのアザラシ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS