フグとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 生物 > > フグ > フグの意味・解説 

ふ‐ぐ【不具】

読み方:ふぐ

[名・形動

からだの一部障害があること。

物事備わっていないこと。ととのっていないこと。また、そのさま。不備

「物を必ず一具(いちぐ)に調へんとするつたなき者のする事なり。—なるこそよけれ」〈徒然・八二〉

自分気持ち文章尽くしていないこと。手紙終わりに書く語。不一不尽不備


ふ‐ぐ【不虞】

読み方:ふぐ

思いがけないこと。また、その事柄。不慮

「船には—の備へあり」〈読・弓張月拾遺


ふぐ【河豚/×鰒】

読み方:ふぐ

《「ふく」とも》フグ目フグ科総称海産のものが多い。体はふつう太っていて腹びれがなく、体表にとげ状のうろこをもつものや、うろこのないものがある。口は小さく、歯は癒合してくちばし状を呈し、よく飲んで体を膨らませる多く内臓に毒をもつ。肉は淡白美味。トラフグ・マフグ・キタマクラなど、日本近海に約40種が知られるフグ目にはハコフグ科ハリセンボン科なども含まれる。ふくべ。かとん。《 冬》「—の面世上の人を白眼(にら)む哉/蕪村


河豚

読み方:フグ(fugu), フグト(fuguto), フクベ(fukube)

フグ科とその近縁硬骨魚総称


河豚

読み方:フグ(fugu

フグ目海魚総称


読み方:フグ(fugu

フグ科魚類総称


布久

読み方:フグ(fugu

フグ科魚類総称


河豚

読み方:フグ(fugu

フグ科魚類総称


読み方:フグ(fugu

フグ科魚類総称


フグ

名前 Hug

フグ

読み方:ふぐ

  1. 河豚のやうにすぐ怒つてふくれる人の事。
隠語大辞典は、明治以降の隠語解説文献や辞典、関係記事などをオリジナルのまま収録しているため、不適切な項目が含れていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

河豚

読み方:フグ(fugu

フグ科総称美味だが肝臓卵巣猛毒含んでいる

季節

分類 動物


読み方:フグ(fugu

マフグ科の卵巣激しい毒がある

季節

分類 動物


河豚

読み方:フグ(fugu

作者 里見弴

ジャンル 小説


フグ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2024/05/11 04:41 UTC 版)

フグ河豚、吹吐魚、鯸䱌[1])は、フグ目、特にフグ科に属する魚の総称。


  1. ^ 『難訓辞典 中山泰昌編』東京堂出版、1956年。 
  2. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r わが国の水産業 ふぐ(社団法人日本水産資源保護協会)
  3. ^ 上野輝彌・坂本一男著『日本の魚』(中公新書、2004年)p.199ではフグ科について約160種としている
  4. ^ 自然毒のリスクプロファイル:魚類:フグ毒 厚生労働省
  5. ^ 日本の植物性自然毒による食中毒発生状況について 国立医薬品食品衛生研究所
  6. ^ 安全なフグを提供しましょう 厚生労働省
  7. ^ a b 上野輝彌・坂本一男著『日本の魚』中公新書 p.199 2004年
  8. ^ a b c d 上野輝彌・坂本一男著『日本の魚』中公新書 p.200 2004年
  9. ^ フグ科”. WEB魚図鑑. 2018年11月9日閲覧。
  10. ^ a b フグ”. せとうちネット. 2018年11月9日閲覧。
  11. ^ a b c 知っておくと面白い「ふぐ」という魚の生態や特徴”. ふるさと産直村. 2018年11月9日閲覧。
  12. ^ 縄文時代、フグは無毒だった!?
  13. ^ a b c d 上野輝彌・坂本一男著『日本の魚』中公新書 p.201 2004年
  14. ^ 高谷智裕、荒川修、鈴木重則 ほか、交雑フグの毒性 日本水産学会誌 2016年 82巻 2号 p.167, doi:10.2331/suisan.WA2232-3
  15. ^ “フグ 注意!雑種増加中 毒の部位不明、外見の判別難しく”. 毎日新聞朝刊. (2017年5月26日). https://mainichi.jp/articles/20170526/k00/00e/040/239000c 
  16. ^ 荒川修、フグ類が保有する毒の分布,蓄積機構,および生理機能 日本水産学会誌 2013年 79巻 3号 p.311-314, doi:10.2331/suisan.79.311
  17. ^ 高橋順太郎・猪子吉人「河豚之毒」明治22年(1889年)『帝国大学紀要医科』第1冊第5号
  18. ^ a b c おさかな雑学研究会『頭がよくなる おさかな雑学大事典』p.56 幻冬舎文庫 2002年
  19. ^ 石毛直道『食文化 新鮮市場』毎日新聞社、1992年、p.30
  20. ^ a b おさかな雑学研究会『頭がよくなる おさかな雑学大事典』p.55 幻冬舎文庫 2002年
  21. ^ かがわ県産品紹介【さぬき風】 - かがわさぬき野Web版・2004年秋
  22. ^ a b 講談社編『魚の目利き食通事典』講談社プラスアルファ文庫 p.172 2002年
  23. ^ a b 講談社編『魚の目利き食通事典』講談社プラスアルファ文庫 p.173 2002年
  24. ^ 【食ナビ】フグ漁獲量、実は輪島市が日本一/白子・すし…食べ尽くす『日本経済新聞』夕刊2017年11月14日
  25. ^ 「讃岐でんぶく」商標登録を認可/県産ナシフグ - 四国新聞・2010年3月31日
  26. ^ 冬の味覚「フグ」を“無毒”で養殖|日テレNEWS24
  27. ^ 農林水産省大臣官房統計情報部 『平成20年 漁業・養殖業生産統計年報』 財団法人 農林統計協会、2010年
  28. ^ ASAHI.com 輸入フグふくらんだ 門司税関調べ、初めて国内産上回る
  29. ^ フグの衛生確保について(厚生省環境衛生局長通知)
  30. ^ マリントキシン-毒を持つ魚介類に注意!- 自己判断は禁物、フグの毒国立科学博物館ホットニュース、2008年9月25日。
  31. ^ a b 上野輝彌・坂本一男著『日本の魚』中公新書 p.202 2004年
  32. ^ 東京都市場衛生検査所 ふぐの衛生的な取扱い
  33. ^ フグの衛生確保について(厚生省環境衛生局長通知)
  34. ^ フグの衛生確保について(厚生省環境衛生局乳肉衛生課長通知)
  35. ^ 東京コンシェルジュ #12”. 2013年6月7日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年6月3日閲覧。
  36. ^ 科技大觀園. “最新文章”. scitechvista.nat.gov.tw. 2024年3月5日閲覧。
  37. ^ 太平広記』”鯸鮐魚文斑如虎,俗云煮之不熟,食者必死”
  38. ^ 張耒《明道杂志》云:“河豚,水族之奇味,世传以为有毒,能杀人。余守丹阳及宣城,见土人户食之,其烹煮亦无法,但用蒌蒿、荻芽、菘菜三物,而未尝见死者。”
  39. ^ In China, eating pufferfish is no longer a dance with death” (英語). South China Morning Post (2019年2月7日). 2024年3月5日閲覧。
  40. ^ “吃河豚不合法”或成歷史 三部委擬有條件解禁食用河豚--生態--人民網”. env.people.com.cn. 2024年3月5日閲覧。
  41. ^ No.56 古代エジプトでは肉よりも魚、フグまで食べていたビールのルーツ研究所キリンビール大学キリン あと、フグも、古代エジプトの時代から食べていました。ご存じのように、フグは毒をもっています。だから今のエジプトでも、フグは免許を持った人しか売ることができません。ただ、その免許をどうやって取得したかたずねると、「親戚からもらった」とかいう場合がありますけれどね。
  42. ^ エジプトしりとり「ふ」
  43. ^ Dealing with a wicked guest, with some EU help - European Commission” (英語). oceans-and-fisheries.ec.europa.eu (2024年2月5日). 2024年3月4日閲覧。
  44. ^ Regulation (EC) 853/2004 App. III Sec. VIII
  45. ^ 末廣恭雄『日本の魚』保育社〈カラーブックス〉、1968年、p60
  46. ^ フグ卵巣ぬか漬けの微生物によるフグ毒分解の検討 日本水産学会誌 2003年 69巻 5号 p.782-786,853, NAID 110003145589, doi:10.2331/suisan.69.782
  47. ^ 藤井建夫、腐敗と発酵のはざまの研究生活で垣間見たもの 日本食品微生物学会雑誌 2013年 30巻 4号 p.186-192, doi:10.5803/jsfm.30.186
  48. ^ 「秘密の隠れ家」人気店、フグの肝提供で捜索 読売新聞 2016年3月31日
  49. ^ 「とらふぐの会」系4店処分…「違法性は認識」 読売新聞 2016年4月1日
  50. ^ フグの肝 提供疑い、料理店経営者ら逮捕…大阪府警 毎日新聞 2016年5月24日
  51. ^ a b 落合敏監修 『食べ物と健康おもしろ雑学』 p.51 梧桐書院 1991年
  52. ^ 里浜人の暮らし
  53. ^ 北濱喜一著『ふぐ博物誌』p.29 東京書房社 1975年
  54. ^ 2008年3月27日放送の朝日放送テレビビーバップ!ハイヒール」より
  55. ^ 大草家料理書』、『本朝食鑑』。
  56. ^ ペットにあげてはいけない食べ物 ニャンバーワン
  57. ^ 危険がいっぱい ふぐの素人料理 東京都福祉保健局
  58. ^ 釣りをされる皆様へ|厚生労働省
  59. ^ 柴崎達矢食中毒:フグ肝臓食べた男性死亡 調理練習の残り持ち帰る 毎日新聞、2014年10月9日(2014年10月9日閲覧)
  60. ^ フグ食べ男性死亡 自宅で調理、体内から猛毒 徳島新聞、2020年11月3日(2020年11月3日閲覧)
  61. ^ a b c d e 出雲大幹「フグ中毒の小児例」広島医学71巻7号 p543 2018年7月
  62. ^ 松居隆、大塚幸、酒井浄、フグ毒研究の最近の進歩 藥學雜誌 2000年 120巻 10号 p.825-837, doi:10.1248/yakushi1947.120.10_825
  63. ^ a b c 森本文雄, 嶋津岳士, 岩井敦志, 平出敦, 吉岡敏治, 杉本侃 (1996). “症例報告 - 遷延性運動失調を来した純粋なフグ中毒の1例”. 日救急医会誌 (7): 87-90. https://www.jstage.jst.go.jp/article/jjaam1990/7/2/7_2_87/_pdf. 
  64. ^ 毒を持たない小川のとらふぐ”. ふぐ乃小川. 2014年10月5日閲覧。
  65. ^ 毒のないフグをつくる フグ毒の謎に挑戦!”. 日本水産学会. 2014年10月5日閲覧。
  66. ^ “高級食材「フグ」の本場、下関”. CNN. (2014年9月27日). http://www.cnn.co.jp/special/cnnasia/35048142.html 2014年10月5日閲覧。 
  67. ^ どうして許可されない養殖ふぐの肝 | ふぐの通販|下関|道中公式ブログ
  68. ^ 来村多加史「兵装の変遷」『戦略戦術兵器事典 1 中国古代編 ([歴史群像]グラフィック戦史シリーズ)』、学習研究社、1994年、雑誌69610-40、P.28・96。


「フグ」の続きの解説一覧

フグ (blowfish)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/30 02:05 UTC 版)

秘密情報部トーチウッド」の記事における「フグ (blowfish)」の解説

フグ顔を持つ二足歩行エイリアン知能高く、英語を喋り、車の運転もできる。強盗スリ食い逃げなどの癖を持っている

※この「フグ (blowfish)」の解説は、「秘密情報部トーチウッド」の解説の一部です。
「フグ (blowfish)」を含む「秘密情報部トーチウッド」の記事については、「秘密情報部トーチウッド」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「フグ」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

フグ

出典:『Wiktionary』 (2021/08/19 13:36 UTC 版)

名詞

フグ河豚、鮐、魨、鯸、鯺、

  1. ふぐの学術的表記学名Tetraodontidae

「フグ」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



フグと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「フグ」の関連用語


2
100% |||||

3
100% |||||

4
100% |||||

5
100% |||||

6
100% |||||

7
100% |||||

8
100% |||||

9
100% |||||

10
100% |||||

フグのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



フグのページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
皓星社皓星社
Copyright (C) 2024 株式会社皓星社 All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのフグ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの秘密情報部トーチウッド (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryのフグ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2024 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2024 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2024 GRAS Group, Inc.RSS