鉄砲とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 文化 > 道具 > 鉄砲 > 鉄砲の意味・解説 

てっ‐ぽう〔‐パウ〕【鉄砲/鉄×炮】

読み方:てっぽう

火薬爆発に伴うガス圧によって弾丸発射する金属製火器。ふつう小銃をいう。古く大砲をも称した

《形が1に似ているところから据え風呂下部や隅に取付け火たくようにした鉄製または銅製筒状の釜(かま)。

相撲で両手または片手に力をこめて、相手のからだをつきとばすもの。手を打ち付けてその稽古をすることにもいう。

狐拳(きつねけん)(藤八拳の手の一。こぶしを固めて左腕前方突き出し、鉄砲1を撃つまねをして猟師を表すもの。

《毒にあたると死ぬところからフグ俗称

鉄砲巻き」の略。

牛や豚の直腸。主に焼き肉にして食し、やや歯ごたえがある

劇場で1階中央の席。椅子席でなかった時代には、最も見やすく出入り便利な席とされた。劇場縁故をもつ観客のために急にずどんと席をとることがあったところからという。

鉄砲見世」の略。

大町六十幾軒に五十軒の河岸見世、―に至るまで」〈洒・志羅川夜船

10 ほら。大言また、うそつき

いやいや、飛八さんの話はいつも―だて」〈滑・浮世風呂・四〉

「鉄砲」に似た言葉

鉄砲

読み方:テッポウ(teppou)

フグの別称。
フグ科魚類総称


鉄砲

読み方:てっぽうてつぽう

  1. 窃盗に忍入るため施錠箇所を外すに使用する器具のこと。或は煙管大豆のことを云ふ。
  2. 海苔巻寿司のこと、鉄砲の筒に似ているから。⑵河豚料理のこと、当ると死ぬの意。⑶〔犯〕ズボン両側のポケツトのこと。
  3. キセル、又は、行ったきり戻らぬこと。用例「あいつは、それっきりてっぽうだ」。〔一般犯罪
  4. 二重又は筒抜けポケット。すり(掏模)が自己のポケットをつくるもので筒抜けだから。〔す〕 ②無銭飲食筒抜けて金が入らないのを連想したもの。〔仲〕 ③煙管。形から連想。〔香〕
  5. スリ煙管のこと。②窃盗に入るため施錠箇所を外すこと。③行ったきり戻らないこと。④ズボンポケット内の金品

分類 す/仲/香/犯罪掏摸犯罪犯罪者


鉄砲

読み方:てっぽう

  1. 煙管ノコトヲ云フ。〔第二類 金銭器具物品之部・京都府
  2. 煙管ノコトヲ云フ。〔第二類 金銭器具物品之部・大阪府
  3. 煙管ノコトヲ云フ。〔第二類 金銭器具物品部・長崎県〕
  4. 煙管ノコトヲ云フ。〔第二類 金銭器具物品之部・三重県
  5. 烟管ノコトヲ云フ。〔第二類 金銭器具物品之部・山梨県
  6. 煙管ノコトヲ云フ。〔第二類 金銭器具物品之部・石川県
  7. 煙管ノコトヲ云フ。〔第二類 金銭器具物品之部・岡山県
  8. 煙管ノコトヲ云フ。〔第二類 金銭器具物品之部・広島県
  9. 煙管ノコトヲ云フ。〔第二類 金銭器具物品之部・山口県
  10. 煙管ノコトヲ云フ。〔第二類 金銭器具物品之部・茨城県
  11. 煙管ノコトヲ云フ。〔第二類 金銭器具物品之部・福岡県
  12. 煙管。〔第六類 器具食物
  13. 烟管のことをいふ。〔犯罪語〕

分類 三重県京都府大阪府山口県山梨県岡山県広島県犯罪語、石川県福岡県茨城県長崎県


鉄砲

読み方:てっぽう

  1. 突キ錠ヲ外ス器械ノコトヲ云フ。〔第二類 金銭器具物品之部・福岡県
  2. 盗賊家宅内ヲ侵スニ際シ、門戸其他ノ場所ニ施シタル突錠ヲ取外スタメ使用スル器具ノ名称。〔第六類 器具食物

分類 福岡県


鉄砲

読み方:てっぽう

  1. 大豆。〔第六類 器具食物

鉄砲

読み方:てっぽう

  1. 行つたきりで帰らぬことをいふ。〔犯罪語〕

分類 犯罪

隠語大辞典は、明治以降の隠語解説文献や辞典、関係記事などをオリジナルのまま収録しているため、不適切な項目が含れていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

鉄砲

読み方
鉄砲てっぽう

鉄砲

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/11/19 01:16 UTC 版)

鉄砲(てっぽう、鉄炮)とは、銃身を有し火薬の力で弾丸を発射する火器のこと。特に江戸時代以前、「」を意味する最も一般的な語が「鉄砲」であった。また広義において、大砲などを含めた火器全般を指して「鉄砲」と称する例もあった[1]。本項では日本における「鉄砲」について述べる。火縄銃も参照のこと。


注釈

  1. ^ 大戦初期にはまだスプリングフィールドM1903小銃が使用されていたが、中期の反攻作戦時にはM1ガーランドおよびM1カービンが装備された。

出典

  1. ^ 鉄砲/鉄炮(てっぽう)の意味”. goo国語辞書. 2020年11月6日閲覧。
  2. ^ 戦術、時代背景がよくわかる カラー版 戦国武器甲冑辞典、監修者中西豪、大山格、発行所株式会社誠文堂新光社、2015年4月16日、p.86.
  3. ^ 『大人の常識力を鍛える!! 日本「歴史力」検定』 日本の歴史研究班 編 リイド社 2007年 p.128
  4. ^ 九州国立博物館季刊情報誌「アジアージュ」[1]PDF-P.7
  5. ^ 「長崎県北松浦郡鷹島周辺海底に眠る元寇関連遺跡・遺物の把握と解明」池田栄史(琉球大学法文学部教授)[2]
  6. ^ 板垣英治、「硝石の舎密学と技術史」『金沢大学文化財学研究』 2006-3-31 8巻 p.19-58, 金沢大学埋蔵文化財調査センター, NAID AA11653114


「鉄砲」の続きの解説一覧

鉄砲

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/14 09:57 UTC 版)

たたら製鉄」の記事における「鉄砲」の解説

戦国時代から江戸時代まで鉄砲の生産地として栄えた国友などが原料使用したはほとんどが中国山地から供給されており、たたら製鉄日本の鉄砲文化支えた

※この「鉄砲」の解説は、「たたら製鉄」の解説の一部です。
「鉄砲」を含む「たたら製鉄」の記事については、「たたら製鉄」の概要を参照ください。


鉄砲

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/07 07:38 UTC 版)

クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ アッパレ!戦国大合戦」の記事における「鉄砲」の解説

この時代では、伝来地になぞらえて種子島」と呼ばれる原始的な銃であり、銃口から弾丸火薬込めるため、銃弾装填時間がかかる。次弾装填時間を稼ぐために「防ぎ矢」を行う。当時の銃はライフリングが無いため有効射程極端に短かったそのため十分に引きつけてから指揮官命令一斉射撃する運用法作中でよく表現されている。

※この「鉄砲」の解説は、「クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ アッパレ!戦国大合戦」の解説の一部です。
「鉄砲」を含む「クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ アッパレ!戦国大合戦」の記事については、「クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ アッパレ!戦国大合戦」の概要を参照ください。


鉄砲

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/15 04:58 UTC 版)

信長の野望・天翔記」の記事における「鉄砲」の解説

鉄砲による間接攻撃が可能。鉄砲適正に応じて攻撃力高くなりかつ射程広がる本丸陣取るとさらに射程伸び天候の影響受けない。但し移動してからの鉄砲攻撃不可攻城戦においては足軽隊同様、城壁・堀への侵入可能だが、城壁への侵入足軽隊より成功率が落ちる野戦攻城戦共にの時、さらに攻城戦で堀にいる場合砲撃出来ない

※この「鉄砲」の解説は、「信長の野望・天翔記」の解説の一部です。
「鉄砲」を含む「信長の野望・天翔記」の記事については、「信長の野望・天翔記」の概要を参照ください。


鉄砲

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/07/08 15:33 UTC 版)

花の慶次」の記事における「鉄砲」の解説

作中でもよく登場する種子島火縄銃。慶次といえども生身人間なので鉄砲だけは警戒している。また、非力な者でも扱えるので前田利久心得がある。慶次の実父属す滝川一族も鉄砲の扱い長けている

※この「鉄砲」の解説は、「花の慶次」の解説の一部です。
「鉄砲」を含む「花の慶次」の記事については、「花の慶次」の概要を参照ください。


鉄砲

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/21 06:46 UTC 版)

石山本願寺」の記事における「鉄砲」の解説

石山本願寺は鉄砲を兵器として数多く使用したが、文献上の初見天文20年1551年12月6日の事で、証如側近が雁を鉄砲で撃ち落とし証如献上し本願寺北殿で雁汁がふるまわれたと『私心記』に見える。この下り狩り道具として使用されたが、本願寺この時代より鉄砲を所持しており、堺や雑賀衆を通じて容易に調達できる事推察されている

※この「鉄砲」の解説は、「石山本願寺」の解説の一部です。
「鉄砲」を含む「石山本願寺」の記事については、「石山本願寺」の概要を参照ください。


鉄砲

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/19 09:32 UTC 版)

太閤立志伝V」の記事における「鉄砲」の解説

長距離武器で弓よりも強力かつ攻撃範囲は最も広いが、撃った後2ターン硬直する。「鉄砲」が影響する

※この「鉄砲」の解説は、「太閤立志伝V」の解説の一部です。
「鉄砲」を含む「太閤立志伝V」の記事については、「太閤立志伝V」の概要を参照ください。


鉄砲

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/02/15 21:59 UTC 版)

突っ張り」の記事における「鉄砲」の解説

鉄砲(てっぽう)は相撲伝統的な稽古方法一つであり、鉄砲呼ばれる向かって左右の突っ張り繰り返す。上半身ウェイトトレーニングだけでなく、足運びの習得にもつながる。鉄砲だけでなく羽目板向かって行う場合もある。地方場所(大阪名古屋福岡)の通路には、これを禁止する貼り紙テッポウ厳禁」が掲示されている。これはテッポウをした場合組み立て式の観客席大きな振動影響起き事故につながるおそれがあるめである

※この「鉄砲」の解説は、「突っ張り」の解説の一部です。
「鉄砲」を含む「突っ張り」の記事については、「突っ張り」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「鉄砲」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「鉄砲」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



鉄砲と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「鉄砲」の関連用語

検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



鉄砲のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ダウ・ジョーンズダウ・ジョーンズ
Copyright © 2022 Dow Jones & Company, Inc. All Rights Reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
皓星社皓星社
Copyright (C) 2022 株式会社皓星社 All rights reserved.
EDRDGEDRDG
This page uses the JMnedict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの鉄砲 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのたたら製鉄 (改訂履歴)、クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ アッパレ!戦国大合戦 (改訂履歴)、信長の野望・天翔記 (改訂履歴)、花の慶次 (改訂履歴)、石山本願寺 (改訂履歴)、太閤立志伝V (改訂履歴)、突っ張り (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS