有効射程とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 政治 > 軍事 > 射程 > 有効射程の意味・解説 

ゆうこう‐しゃてい〔イウカウ‐〕【有効射程】


【有効射程】(ゆうこうしゃてい)

銃の弾丸火砲砲弾ミサイルなどが飛翔し、一定の命中精度破壊力維持できる距離や範囲

飛翔体はその弾道上で常に重力空気抵抗影響を受けるため、距離に比例して精度を減じていく。
ミサイル誘導が的確である限り精度問題としないが、誘導時間経過に応じて飛躍的に困難になる。
このため、有効射程は物理的な飛翔距離よりもかなり短く設定される。

関連最大射程 目視外射程 目視内射程 半数必中界

類義語

有効射程距離
彼我位置関係無視し、単純にどこまで届くかだけを問題にする場合の有効射程。
カタログスペックなどでメートルキロメートル単位として数値記述される。
有効射程圏
彼我位置関係考え死角命中率を勘案し上での有効射程。
図形などを用いて表記するか、複数パラメーターから総合的判断される。
キルコーン
機関砲ミサイルなどで直接狙う場合の有効射程圏。
射手頂点として前方広がる円錐の形になる。
キルゾーン
間接砲撃空爆における有効射程圏。
観測可否誤射回避作戦上の制約などを考慮し、主に地図上で表記検討される。


有効射程

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/04 22:59 UTC 版)

有効射程(ゆうこうしゃてい)とは、照準し、射撃し、命中させ、かつ所期の射撃効果(端的に言えば破壊力)を発揮できる最大の距離のことで、英語では Effective Renge と呼ぶ。似た字面に効力射があるが、効力射とは「部隊が目標に対し効果を得るために行う射撃[1]」であり、極稀に見られる「敵に直撃を与える効力射 (EFFECTIVE FIRE) の最大距離を意味する」という説明は二重に誤りとなる。銃砲類、ロケット弾弾道ミサイル魚雷などの兵器ごとの性能を表す指標の1つであり、実用上その威力が有効となる目安の距離である。有効射距離、有効射程距離と表記する場合もある。有効射程圏外では、初弾発射の試射後、修正のための較正射を繰り返しても、目標に直接危害を及ぼす効力射を得ることがほぼできない状態となる。砲撃においては土煙または水柱が目標の手前と遠方を均等に捉える挟叉が効力射とされる。


  1. ^ 防衛省規格 火器用語(射撃) (PDF)” (2009年5月13日). 2020年9月22日閲覧。


「有効射程」の続きの解説一覧



有効射程と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「有効射程」の関連用語

有効射程のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



有効射程のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
航空軍事用語辞典++航空軍事用語辞典++
この記事はMASDF 航空軍事用語辞典++の記事を転載しております。
MASDFでは航空及び軍事についての様々なコンテンツをご覧頂けます。
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの有効射程 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS