9mm機関拳銃とは?

Weblio 辞書 > 工学 > 陸上自衛隊装備品 > 9mm機関拳銃の意味・解説 

9mm機関拳銃 略称M9 愛称 エムナイン


9mm機関けん銃

(9mm機関拳銃 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/08/19 22:59 UTC 版)

9mm機関けん銃(9ミリきかんけんじゅう)[1]は、長野県の企業であるミネベアミツミ社が製造し、1999年自衛隊が採用した9mm口径短機関銃[注釈 1]である。防衛省は略称をM9、広報向けの愛称を一般公募から選ばれた「エムナイン」としている。


  1. ^ 自衛隊の前身である警察予備隊では、サブマシンガンを「短機関銃」と呼称し、その後発足した自衛隊・防衛庁(当時)もこれを継承した。なお、「拳」の字は常用漢字ではなかったため、『武器等製造法施行規則』(昭和28年9月1日通商産業省令第43号)や、『法律第百十五号(平13・11・2)自衛隊法の一部を改正する法律』においては、「機関けん銃」と表記されている
  2. ^ 11.4mm短機関銃(トンプソン・サブマシンガン・M3サブマシンガン)更新用として、1960年代にニューナンブM66短機関銃が試作されたが採用されずに終わった。
  3. ^ 試作品のフォアグリップは木製だったとされる
  4. ^ 配備された部隊の指揮官のコメントに拠れば、威力不足や命中精度の面から「従来の9mm拳銃や折り曲げ銃床式の89式の方がはるかにマシ」との意見があり、『ここが変だよ自衛隊』などの書籍に掲載されている
  1. ^ a b c d e f g 『9mm機関拳銃』 陸上自衛隊装備紹介
  2. ^ 「エリートフォーセス 陸上自衛隊編[Part1]」p139
  3. ^ 防衛省『平成26年度調達予定品目(中央調達分)』(PDF)参照
  4. ^ 月刊アームズ・マガジン ‐ 2003年12月号 p35
  5. ^ ホビージャパン「エリートフォーセス 陸上自衛隊編[Part1]」p34
  6. ^ 新紀元社 大波篤司「図解ハンドウェポン」
  7. ^ 防衛省・自衛隊 予算等の概要 平成12年度 平成13年度 平成14年度 平成15年度
  8. ^ http://www.mod.go.jp/j/procurement/chotatsu/nds/pdf/y/y1001.pdf
  9. ^ イカロス出版Jground Vol.17
  10. ^ 学研歴史群像シリーズ 自衛隊図鑑2002
  11. ^ 新紀元社 大波篤司 ミリダスJ
  12. ^ 防衛省装備施設本部公式サイト、中央調達に係わる契約情報より


「9mm機関けん銃」の続きの解説一覧




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「9mm機関拳銃」の関連用語

9mm機関拳銃のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



9mm機関拳銃のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
陸上自衛隊陸上自衛隊
Copyright (C) 2018 陸上自衛隊 All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの9mm機関けん銃 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2018 Weblio RSS