64式7.62mm小銃とは?

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 製品 > 武器・装備 > 武器 > 自動小銃 > 64式7.62mm小銃の意味・解説 

64式7.62mm小銃

64式7.62mm小銃 緒元性能
口径 7.62mm
全長 約990mm
銃身 450mm
重量 約4.4kg(脚付、弾倉を除く)
作動方式 ガス利用衝撃
給弾方式 弾倉 容量20発
発射速度

最大約500発/分 持続10発/分

製作 豊和工業
備考  

37年から研究開発され、39年に仮制式になった国産小銃である。軽量小型日本人体格適合し、自動、半自動切り替えが可能。従来小銃M1自動銃(BAR)の特性兼ね備えており、短、連発ともに命中精度良好である。本小銃用として同時に銃剣照準眼鏡及び演習用の空砲発射補助具等も並行して開発されている。


64式7.62mm小銃

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/08/18 03:54 UTC 版)

64式7.62mm小銃(ろくよんしき7.62ミリしょうじゅう、英語名:Howa Type 64 Rifle)は、主に陸海空の各自衛隊海上保安庁で使用されている自動小銃


注釈

  1. ^ しかしこの実包は、体格の良いアメリカ兵にとっても反動が強く、特にフルオート時はジャンプ力が大きく、集弾密度も拡散した
  2. ^ 帝国陸軍において主に銃器の開発に携わり、小倉陸軍造兵廠第2製造所長・研究所長、同廠糸口山製作所長、第1陸軍技術研究所員を歴任
  3. ^ M1小銃と同じ.30弾薬M2を使用可能に改造したもので、32,500丁が教育用の代用火器として使用され、昭和30年代まで使用された
  4. ^ 戦時型と一重に言っても、戦時中の省力化・未熟な作業者による製造や、形状の簡略化、材質寸法精度の低下など、あらゆる増産・生産性向上の改造が施されたことで、同じ部品であってもその形状は多岐にわたっていた
  5. ^ 送られてきたパンフレットにはAR-10からAR-15までのアーマライト社の自動小銃、ドイツH&K G3ソビエト連邦AK-47などがあった
  6. ^ これらは陸上自衛隊武器学校に現在も研究用として保管されている。試作銃の原型は、アーマライトAR-10に範を取っている
  7. ^ これはスポットライフルの開発の際にも行われた手段だったという。この時も12.7mm NATO弾が入手できず、富士演習場に来ていた沖縄のアメリカ軍から譲り受けている
  8. ^ ただし、この内容に対しては否定的な意見(グリップから引き金の位置が遠い、グリップが細い)もある。並木書房『自衛隊 89式小銃 日本が誇る傑作小銃のすべて』53ページ「実戦を考えていない64式?」より
  9. ^ しかし、須川薫雄は詳細こそ述べていないものの、「64式小銃にも折曲銃床型が存在した」という記述を残しており、64式小銃を「木製銃床、折畳銃床とも生産数が少なかったので高額になった」とのみ評している。
  10. ^ 取り外すには脚の基部部分のリングを外し、ピンを引き抜くという分解作業が必要となる
  11. ^ 後継の89式はサイトが銃本体と固定されているのに比べ、64式は射撃の際にはこれを引き起こすという操作手順が増える。64式を用いた戦闘訓練の際には、前進開始前に予め照星のみを起こしておき、遮蔽物の陰に入り、伏射・膝射の各射撃姿勢に移る際にその都度照門を起こして射撃、次の遮蔽物まで前進する際には照門のみを必ず倒してから前進するという訓練内容になっているが、伏せや遮蔽物に隠れる際に他物に当たる事で照星が倒れる場合がある
  12. ^ 正規の整備が行われており、部品の損耗、劣化などがなければ簡単に脱落する部品はないが、消炎制退器止めねじ、ピストン桿止め用ばねピン等、他国の軍用銃では見られないような脱落しやすい構成部品もある
  13. ^ このほか、部隊整備員が細部の手入れのために行う「特別分解」がある
  14. ^ 撃鉄自体の質量が大きいことからくる撃発時の衝撃の大きさも加わり、単発射撃時には低錬度の射手の命中精度低下を引き起こしやすいとされる
  15. ^ 非公式にはA型と呼ばれ、最初期に配備された64式も含まれる。逆鈎の形状が現在配備されているC型とは異なる形状をしており、M31対戦車小銃擲弾の射撃試験を行った際に、擲弾発射薬筒(空包)を薬室に装填し、擲弾を銃口に付けたと同時に暴発する事故を起こす。原因は逆鈎及び補助逆鈎の形状に起因するものと判明し、逆鈎形状に改良が施された
  16. ^ 非公式にはB型とも呼ばれている。A型とB型は銃番号1-79054の銃が相当しており、自衛隊新隊員の教本である「新入隊員必携」にもこの仕様について記述されている。部隊運用の中で何度かの改良が施されたが、「新入隊員必携」にはA型からB型への改良点の詳細や該当銃番号などは特に言及されていない
  17. ^ この為、空挺降下の際や突撃時の伏せ姿勢移行時に床尾を地面に叩き付ける行為が、64式において禁忌とされる要因となった
  18. ^ 非公式にはC型と呼ばれる。この変更点については「新入隊員必携」でも変更された銃番号を明記した上で言及されている
  19. ^ スライドを後方いっぱいに引いた際、遊底の前端と弾倉内の実包後端までの隙間が6mmしかない
  20. ^ 自衛官で現在は自営業の傍ら小説家としても活躍している柳内たくみは、自身の著『ゲート 自衛隊彼の地にて斯く戦えり』にて、「切り替え軸を完全に「ア」の位置に合わせず「タ」に僅かに近づけた位置で止めておく」というテクニックを紹介している(『ゲート 自衛隊彼の地にて斯く戦えり 3.動乱編』p171∼p172 ISBN 978-4434152542
  21. ^ しかも、64式開発の最中、アメリカ軍ではベトナム戦争での戦訓を受けて5.56mm NATO弾を使用するM16が採用された。7.62mm弾そのものは使用され続けていたものの、5.56mm弾の共有が可能になるには後継機種である89式5.56mm小銃の開発・採用まで待たねばならなかった
  22. ^ 当時は他の小銃と区別するため、「狙撃銃」との名称が使われた
  23. ^ 現在ではタスコジャパン(現:サイトロンジャパン)が銃身の真上にベース部分が来る64式向けマウントベースを取り扱っており、官公庁向けカタログに製品として掲載されている
  24. ^ ただし、普通科連隊特科連隊(隊)・戦車連(大)隊などの部隊にて新隊員前期教育を受ける者は89式を使用するため、64式に関しては教育終了間際の僅かな時間に基礎的な扱い要領程度を習得する程度である
  25. ^ 保管されている64式のほとんどは一般部隊で使用後に比較的射撃回数が少なく各部品の摩耗も少ない良品という事で補給処へ返納後にパーカーライジング処理された状態若しくはメーカーから納入された状態で一度も部隊で使用されず予備火器として保管されたままといった比較的良好な銃である。有事の際は臨時に編成された予備自衛官部隊へ納入する。詳細は秘密扱い
  26. ^ スタンダードバージョン所有者向けに、木製握把と銃床のみの販売も行われていた
  27. ^ 実銃は片方が荒くなっているが、ホビーフィックス社製は再現されていない

出典

  1. ^ a b c d 「エリートフォーセス 陸上自衛隊編[Part1]」p77
  2. ^ 「幻の自動小銃 六四式小銃のすべて」p4
  3. ^ a b c 「エリートフォーセス 陸上自衛隊編[Part1]」p72
  4. ^ 「幻の自動小銃 六四式小銃のすべて」p52
  5. ^ a b c 『月刊Gun』1992年5月号p53
  6. ^ 「幻の自動小銃 六四式小銃のすべて」p132∼p136
  7. ^ a b 「幻の自動小銃 六四式小銃のすべて」p135∼p136
  8. ^ 「幻の自動小銃 六四式小銃のすべて」p137
  9. ^ 「幻の自動小銃 六四式小銃のすべて」p138
  10. ^ 「幻の自動小銃 六四式小銃のすべて」p83
  11. ^ 「幻の自動小銃 六四式小銃のすべて」p78
  12. ^ 『月刊GUN』1992年5月号p55
  13. ^ 飯田耕司 『情報化時代の戦闘の科学 軍事OR入門』 三恵社、2008年ISBN 978-4883616428
  14. ^ 「幻の自動小銃 六四式小銃のすべて」p79
  15. ^ a b 「幻の自動小銃 六四式小銃のすべて」p82
  16. ^ a b c d 「幻の自動小銃 六四式小銃のすべて」p85
  17. ^ a b 「幻の自動小銃 六四式小銃のすべて」p86
  18. ^ a b 「幻の自動小銃 六四式小銃のすべて」p87
  19. ^ a b 「幻の自動小銃 六四式小銃のすべて」p88
  20. ^ a b c d e f g 「幻の自動小銃 六四式小銃のすべて」p89~p90
  21. ^ a b c 「幻の自動小銃 六四式小銃のすべて」p91
  22. ^ a b 「幻の自動小銃 六四式小銃のすべて」p93
  23. ^ 「幻の自動小銃 六四式小銃のすべて」p97
  24. ^ 「幻の自動小銃 六四式小銃のすべて」p98
  25. ^ 「幻の自動小銃 六四式小銃のすべて」p99
  26. ^ a b c 「幻の自動小銃 六四式小銃のすべて」p101
  27. ^ a b 「幻の自動小銃 六四式小銃のすべて」p102
  28. ^ a b 「幻の自動小銃 六四式小銃のすべて」p106
  29. ^ a b 「幻の自動小銃 六四式小銃のすべて」p113
  30. ^ 「幻の自動小銃 六四式小銃のすべて」p114
  31. ^ a b 「幻の自動小銃 六四式小銃のすべて」p104
  32. ^ 「幻の自動小銃 六四式小銃のすべて」p107
  33. ^ 「幻の自動小銃 六四式小銃のすべて」p115
  34. ^ a b 「幻の自動小銃 六四式小銃のすべて」p116
  35. ^ a b 「幻の自動小銃 六四式小銃のすべて」p117
  36. ^ a b 「幻の自動小銃 六四式小銃のすべて」p118
  37. ^ 「幻の自動小銃 六四式小銃のすべて」p145
  38. ^ a b 「幻の自動小銃 六四式小銃のすべて」p121
  39. ^ a b c d e 「幻の自動小銃 六四式小銃のすべて」p146
  40. ^ a b c 「幻の自動小銃 六四式小銃のすべて」p147
  41. ^ a b c d e f g h i 『月刊Gun』1992年5月号p57
  42. ^ a b c d e 「幻の自動小銃 六四式小銃のすべて」p158
  43. ^ a b c d 「幻の自動小銃 六四式小銃のすべて」p159
  44. ^ a b 「幻の自動小銃 六四式小銃のすべて」p148
  45. ^ a b c d e f g 『月刊Gun』1992年5月号p58
  46. ^ 「幻の自動小銃 六四式小銃のすべて」p149
  47. ^ a b 「幻の自動小銃 六四式小銃のすべて」p150
  48. ^ a b 「幻の自動小銃 六四式小銃のすべて」p151
  49. ^ a b c d 「幻の自動小銃 六四式小銃のすべて」p152
  50. ^ a b c 「幻の自動小銃 六四式小銃のすべて」p153
  51. ^ 「幻の自動小銃 六四式小銃のすべて」p153
  52. ^ 「幻の自動小銃 六四式小銃のすべて」p154
  53. ^ a b c d 「幻の自動小銃 六四式小銃のすべて」p160
  54. ^ 「幻の自動小銃 六四式小銃のすべて」p196
  55. ^ a b c d e f g 「幻の自動小銃 六四式小銃のすべて」p162
  56. ^ a b 「幻の自動小銃 六四式小銃のすべて」p175
  57. ^ 「幻の自動小銃 六四式小銃のすべて」p194
  58. ^ a b c d 「幻の自動小銃 六四式小銃のすべて」p193
  59. ^ 戦後の日本の小銃 - 日本の武器兵器.jp
  60. ^ 「幻の自動小銃 六四式小銃のすべて」p204
  61. ^ a b c 「幻の自動小銃 六四式小銃のすべて」p174
  62. ^ 「幻の自動小銃 六四式小銃のすべて」p206~p207
  63. ^ a b 「幻の自動小銃 六四式小銃のすべて」p207
  64. ^ 伊藤眞吉「鉄砲の安全(その4)」『銃砲年鑑』10-11年版、117頁、2010年
  65. ^ 「幻の自動小銃 六四式小銃のすべて」p198
  66. ^ a b c d 月刊アームズ・マガジン 2006年12月号 p29
  67. ^ a b 「エリートフォーセス 陸上自衛隊編[Part2]」p44
  68. ^ a b c d e f g 「エリートフォーセス 陸上自衛隊編[Part2]」p45
  69. ^ a b 『月刊Gun』1992年5月号p61
  70. ^ a b 「幻の自動小銃 六四式小銃のすべて」p206
  71. ^ 「エリートフォーセス 陸上自衛隊編[Part1]」p74
  72. ^ a b 「幻の自動小銃 六四式小銃のすべて」p3
  73. ^ Our History (Howa Machinery Firearms Dept.) - 豊和工業
  74. ^ アメリカ合衆国特許第3,236,154号 - Mechanism for reducing the rate of fire in automatic firing arms
  75. ^ 伊藤眞吉 「鉄砲の安全(その1)」『銃砲年鑑』05-06年版、267頁、2005年
  76. ^ a b 「幻の自動小銃 六四式小銃のすべて」p186
  77. ^ 伊藤眞吉 「鉄砲の安全(その2)」『銃砲年鑑』06-07年版、249-268頁、2006年
  78. ^ 上記は再掲載版。原出典は古今東西の銃器の安全機構全般に関する論文として、昭和55年〜56年に掛けて『全猟』誌にて発表。論文筆者の伊藤眞吉(いとう しんきち、1918年-2007年12月6日)氏は、戦中は陸軍技術本部銃器研究課に属し、九九式短小銃を開発した旧陸軍の銅金義一大佐に師事、戦後は防衛庁技術研究本部に属し64式を開発。その後は民間銃器メーカーで各種銃器の開発及び、旧JISの銃砲火薬関連規格の制定に携わった
  79. ^ 津野瀬光男著「小火器読本」P167
  80. ^ a b 「幻の自動小銃 六四式小銃のすべて」p188
  81. ^ 月刊アームズ・マガジン 2002年11月号 p40
  82. ^ a b c 『丸』2012年8月号p88
  83. ^ a b c 『丸』2012年8月号p89
  84. ^ a b c d e f g h i j k l m n 『丸』2012年8月号p90
  85. ^ a b c d 「幻の自動小銃 六四式小銃のすべて」p204
  86. ^ 『丸』2012年8月号p91
  87. ^ a b c d 「エリートフォーセス 陸上自衛隊編[Part1]」p126
  88. ^ 装甲車両・火器及び弾薬の 開発・調達について
  89. ^ a b c 「こんなにスゴイ 最強の自衛隊」p56
  90. ^ 部品の摩耗などによりガタがきており命中精度も低下しているが、基本的に常に射撃訓練を行う事を前提としていない為に海自や空自では一部を除き部隊内での個人指定はせず射撃訓練などでは共用している
  91. ^ 「エリートフォーセス 陸上自衛隊編[Part1]」p28
  92. ^ 「エリートフォーセス 陸上自衛隊編[Part2]」p59
  93. ^ 「ヒーローたちの名銃ベスト100」p154


「64式7.62mm小銃」の続きの解説一覧





固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「64式7.62mm小銃」の関連用語

64式7.62mm小銃のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



64式7.62mm小銃のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
陸上自衛隊陸上自衛隊
Copyright (C) 2018 陸上自衛隊 All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの64式7.62mm小銃 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2018 Weblio RSS