01式軽対戦車誘導弾とは?

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 製品 > 武器・装備 > 兵器 > 日本の対戦車ミサイル > 01式軽対戦車誘導弾の意味・解説 

01式軽対戦車誘導弾 LMAT 愛称 ラット


01式軽対戦車誘導弾

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/01/26 15:44 UTC 版)

01式軽対戦車誘導弾(まるひとしきけいたいせんしゃゆうどうだん)、型式名ATM-5は、防衛庁(現在の防衛省技術研究本部川崎重工業が開発した個人携行式対戦車ミサイル陸上自衛隊において、対戦車兵器としての84mm無反動砲の後継[1]として配備されている。




注釈

  1. ^ ただし、赤外線などの熱反応が生じない建物には射撃できない。熱感知によるロックオン及び安全装置解除を要求されるため周囲より高熱でない目標へはそもそも射撃すらできない
  2. ^ 射撃の統制は分隊長が行い、射手は射撃動作と弾薬手が弾薬の携行を担当する予定であった

出典

  1. ^ a b c d e f 技術研究本部50年史 P183-186 Archived 2010年07月27日, at the Wayback Machine.
  2. ^ a b c d e f g h i 陸上自衛隊の対戦車兵器(10) 前河原雄太 スピアヘッドNo.10 P83-87 アルゴノート社
  3. ^ JapanDefense.com
  4. ^ 防衛白書の検索
  5. ^ 防衛省 予算などの概要


「01式軽対戦車誘導弾」の続きの解説一覧



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「01式軽対戦車誘導弾」の関連用語

01式軽対戦車誘導弾のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



01式軽対戦車誘導弾のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
陸上自衛隊陸上自衛隊
Copyright (C) 2021 陸上自衛隊 All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの01式軽対戦車誘導弾 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS