81式短距離地対空誘導弾とは?

Weblio 辞書 > 工学 > 陸上自衛隊装備品 > 81式短距離地対空誘導弾の意味・解説 

81式短距離地対空誘導弾 短SAM 略称 ショートアロー


【81式短距離地対空誘導弾】(はちいちしきたんきょりちたいくうゆうどうだん)

自衛隊開発した、中距離地対空ミサイル93式近距離地対空誘導弾中間域の防空担当する地対空ミサイル
愛称は「ショートアロー」だが、「短SAM」の方が圧倒的一般的
初期型は1981年に正式化され、1990年配備完了した。

発射機はジャッキステップ取り付け73式大型トラック後部搭載され、射撃統制装置搭載した車両一台と、発射機を搭載した車両二台で構成される。
発射装置誘導弾4発を装填可能で、搭載車両ステップには予備弾を収納したコンテナ携帯でき、発射装置に「目視照準具」を接続する事により、目視での運用も可能。
また、安全対策として、設定時間を超えて飛翔した場合や、射撃統制装置からの指令誘導弾自爆させることができる。
LOAL(発射ロックオン)にも対応している

現在は射程伸ばすなどの改良加えC型通称短SAM改」)の配備が進められている。
このC型には、光波FCS搭載し、対妨害性と全天候性が向上しているほか、固体ロケットモーターは末端水酸基ポリブタジエン採用による性能向上と無煙化が図られており、被発見率の低下射程延長が図られた。
また、DADS師団対空情報処理システム)との連接にも対応している
ミサイルの弾体には、ECMに対応した赤外線/可視複合画像ホーミング光波弾とEOCM(電子光学妨害)に対応したアクティブレーダーホーミング電波弾がある。

主な配備先として陸上自衛隊高射特科大隊中隊の他、基地防空用として航空自衛隊海上自衛隊にも採用されている(短SAM改は陸上自衛隊のみ)。

なお、後継として巡航ミサイル対処能力を持つ、11式短距離地対空誘導弾2011年度から配備される予定である。

スペックデータ

バリエーション


81式短距離地対空誘導弾

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/05/26 06:54 UTC 版)

81式短距離地対空誘導弾(はちいちしきたんきょりちたいくうゆうどうだん)は、防衛庁技術研究本部東芝が開発した、短距離防空用地対空ミサイルシステムである。


  1. ^ a b c d e PANZER 臨時増刊 陸上自衛隊の車輌と装備2012-2013 2013年1月号,アルゴノート社,P88
  2. ^ a b c 技術研究本部50年史 P171-173


「81式短距離地対空誘導弾」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「81式短距離地対空誘導弾」の関連用語

81式短距離地対空誘導弾のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



81式短距離地対空誘導弾のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
陸上自衛隊陸上自衛隊
Copyright (C) 2018 陸上自衛隊 All rights reserved.
航空軍事用語辞典++航空軍事用語辞典++
この記事はMASDF 航空軍事用語辞典++の記事を転載しております。
MASDFでは航空及び軍事についての様々なコンテンツをご覧頂けます。
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの81式短距離地対空誘導弾 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2018 Weblio RSS