発射とは? わかりやすく解説

はっ‐しゃ【発射】

読み方:はっしゃ

[名](スル)弾丸ロケットなどを打ち出すこと。「魚雷を―する」


発射

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/06 09:34 UTC 版)

ブリジット (GUILTY GEAR)」の記事における「発射」の解説

両手YOYO振り回しながら前方ジャンプする

※この「発射」の解説は、「ブリジット (GUILTY GEAR)」の解説の一部です。
「発射」を含む「ブリジット (GUILTY GEAR)」の記事については、「ブリジット (GUILTY GEAR)」の概要を参照ください。


発射

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/03 02:40 UTC 版)

スペースシャトル」の記事における「発射」の解説

シャトルの発射は、すべてケネディ宇宙センター行われる。発射時に適用される天候基準以下のとおりである。ただし、これだけ限定されるものではない。 発射台周辺飛行経路一切の降雨あってはならない気温摂氏2以上37℃以下でなければならない。 高度2,400m上昇するまでの間に機体の姿を隠してしまうような存在してならない。 高度9,000mに到達するまでの間、発生する確率20%を超えてはならない。 特に落雷起き可能性がある場合には、シャトル絶対に発射されない航空機はしばし直撃を受けることがあるが、構造伝導体であることや、電気的に接地されていないために電流空気中放電されることなどにより、機体悪影響を受けることはない。これに対してシャトルは、機体構造通常のジェット旅客機と同じように伝導性アルミニウム作られているので内部機器電流影響を受けることはないが、発射時に噴射される噴煙機体地面をつなぐ電線役目を果たしてしまう。このためNASA基準では、周辺10海里以内積乱雲発生している場合には発射を行ってならないことになっている当日は気象担当官発射台周辺のみならず、大西洋越えた緊急着陸地点SRB固体燃料補助ロケット)の回収点の天候なども監視し最終的に発射を行うかどうか判断するシャトルに対してはまず安全だとは思われるが、アポロ12号発射され時には実際に落雷船内一時停電する事故発生したため、NASAこの件については特に慎重になっている。 長い間シャトル12月31日1月1日またがって飛行できなかった。1970年代開発されシャトル用のソフトウェア年越しができるようには設計されておらず、もし飛行中にそれを強行するコンピューターリセットしなければならなくなり予測できないようなエラー発生する可能性生じからであるNASA技術者がこの問題解決したのは2007年のことで、これによってようやくシャトルは年を越えて飛行できるようになった。 発射当日はTマイナス9分前最後のホールド待機が解除された後、いよいよ最終的な準備段階入り管制センター設置され地上打上げ管制装置 (Ground Launch Sequencer, GLS) が秒読み作業引き継ぐが、もしシャトル搭載された機器重大な問題発生した場合には秒読み自動的に停止される。発射31前には、「オート・シークエンス・スタート (Auto Sequence Start)」と呼ばれる作業工程によって秒読み作業GLSからシャトルメイン・コンピューター引き継がれる。 発射16秒前(Tマイナス16)、騒音抑制装置作動し猛烈な音響機体損傷負わないようにするために移動式発射台SRB火炎偏向板(フレームトレンチ)に1,100m³の放出されはじめる。 発射10秒前(Tマイナス10)、SSMEメイン・エンジン)のノズル内に停滞している水素ガス燃焼させて除去するために、ノズルの下で電気火花飛ばされはじめる。エンジン周辺これらのガス残っていると、点火する過程搭載した検知機が異常を感知して異常な加圧招いた爆発したりする可能性があるこの時SSMEターボ・ポンプ作動して燃焼室内に液体酸素液体水素供給しはじめる。この間軌道船の4台のコンピューター相互に指令交わし点火必要なすべての動作制御する。 発射6.6秒前(Tマイナス6.6)、SSME点火始まる。点火指令軌道船GPC汎用コンピューター)を経由して3番エンジン右側)、2番エンジン左側)、1番エンジン中央)の順に120ミリ秒間隔置いて送られるGPCSSME推力90%にまで到達させると同時にノズルの向き所定の位置に固定するエンジン点火されると、騒音抑制装置蒸発して大量の水蒸気となり、南側向かって噴出される。3基のSSME推力はそれから3秒以内100%達しなければならず、もしそれ実現しなかった場合GPCエンジン緊急停止させる。逆に正常に推力発生されていることが確認されれば、SRB発射台固定している8本の爆発ボルト吹き飛ばされSRB点火されるこの時間こそが「Tマイナス0」と規定されている発射の瞬間であり、この直後に機体上昇開始する。そしてSRBは、いったん点火されたら燃料をすべて消費するまで燃焼停止することはできないSRB排気ガス北側向かって掘られ火炎に沿って音速に近い速度噴出され、しばしば衝撃波発生させる原因となるGPCは、4台の汎用コンピューター設定された発射手順制御装置Master Events Controller)」と呼ばれるプログラムを介して点火の手順を実行する上昇中に様々な異常事態発生したときの緊急対応手順中止方法)は、広範囲なものが用意されている。その大部分占めるのは最も複雑で大きな負荷がかかるSSMEに関するもので、SRB原因でチャレンジャー号爆発事故発生した後には、緊急対応手順はより拡充されたものになったSSME点火されSRB発射台から解放されるまでの間、機体エンジン推力によって機首下げの方向にわずかに操縦席付近で約2m)傾く。この運動は、NASA隠語で「うなずき (nod)」あるいは「はじき (twang)」などと呼ばれている。その後機体は約6秒かけてまた元の位置揺れ戻ってきて、完全に垂直になった瞬間にSRB点火され上昇開始する。 発射整備塔を離れた直後シャトル予定軌道対応するためロール運動ピッチ運動を開始し、ETSRB上になった裏返し姿勢になる。機体ゆるやかな弧を描きながら上昇し燃料はどんどん消費され重量軽くなっていくため加速度徐々に増加していく。発射直後加速度は1.2Gで、SRB切り離される直前2.5G増大しSRB切り離し直後はいったん0.9Gに落ちその後SSME燃焼停止する直前には3Gにまで達する。地球周回軌道乗るためには垂直方向よりもむしろ水平方向へ加速がより多く必要とされるが、機体視界から消え前はほぼ垂直に上昇していくため水平方向への運動はほとんど確認することはできないISS周回している高度380km付近での周回速度秒速7.68km、時速27,650kmで、地表付近ではマッハ23相当するISS赤道に対して51.6°の傾斜角をもって地球周回しているので、シャトルランデブーするためにはその角度に合わせる必要があるマックスQ付近では、機体の、特に主翼などの弱い部分にかかる空気力学的圧力抑えるため一時的にSSME推力65%にまで絞られるその前後では、空気急激な圧縮断熱膨張によりベイパーコーン (vapor cone) やプラントル・グロワートの特異点起こる。 発射126秒後、SRBETつなぎとめていたボルト爆薬切断されるSRBブースター分離モーター噴射して機体後方へ押しのけられ、残った推力偏向し180度ターン行い燃焼完全に終了し真下向いて落下するSRBパラシュート海に着水して再使用のため回収されるが、シャトルSSME推力でなおも上昇続ける。この時点では、機体SRBなくなったことで推力重量の比は1を下回っているため、SSMEの力だけでは地球の重力振り切ることはできなくなる。しかし燃焼続けるうちに燃料消費され徐々に機体軽くなり、やがて推力重量比は再び1を超え最終的に軌道到達するまで二度と1を下回ることなく加速続ける。機体その後機首をやや上に向けた姿勢徐々に軌道水平に近づけSSMEの力で加速する。発射から約5分45秒後、地上との直接通信終了し背面宇宙空間向いた姿勢になるよう機体反転させる地上との交信は、その後追跡およびデータ中継衛星 (Tracking and Data Relay Satellite, TDRS) を介して行われる最後の10秒間には機体相当に軽くなっているため、飛行士負担をかけないよう加速度3G以下になるように推力絞られるメイン・エンジン空転すると機器傷める可能性があるので、燃料完全に空になる前に停止される液体酸素液体水素よりも前に供給停止される液体酸素はより過激に反応する傾向があり、停止直後加熱した金属部分に触れる爆発するかもしれないからであるETエンジン停止後に爆発ボルト切り離され大部分は大気圏内消滅してわずかな部品インド洋または太平洋落下するが、どこに落ちるかは打上げプロファイルによって変わる。タンク内の配管はすべて密閉されており、圧力解放するような装置設けられていないため、ET大気圏下層部で内圧によって破裂する大気圏再突入時に表面断熱材焼失すると、内部に残っていた液体酸素液体水素熱から保護する手段がなくなるため、急膨張して爆発大きな要因になる。このような手段によって、地上大きな破片落下するのを防いでいる。 ET分離直後は、軌道近地点はまだ大気圏離れてはいないので、そのままで大気圏再突入することになる。そのため軌道船軌道操縦システム (Orbital Maneuvering System, OMS) を噴射し、近地点をより高い高度に設定してET衝突するのを防止する一部飛行(すなわちISSミッションなど)では、打上げ能力確保するためにOMSが、メイン・エンジン燃焼後期並行して使用された。投入時の軌道このように設定しているのは、ET宇宙空間放出せず大気圏内廃棄するためと、もしOMS点火しなかったり何らかの理由で搭載室のドア開かなくなるような事態発生しても、このような軌道にしておけば自動的に地球帰還できるから、という安全上の理由もある。

※この「発射」の解説は、「スペースシャトル」の解説の一部です。
「発射」を含む「スペースシャトル」の記事については、「スペースシャトル」の概要を参照ください。


発射

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/10/28 01:03 UTC 版)

マルス5号」の記事における「発射」の解説

マルス5号は、バイコヌール宇宙基地81/24から飛行し上段ブロックDプロトンKキャリアロケットによって打ち上げられた。打ち上げ1973年7月25日18:55:48UTCに行われ最初の3つのステージで宇宙船上段低軌道配置された後、ブロックDマルス5号火星に向かう太陽周回軌道推進した宇宙船1973年8月3日1974年2月2日進路修正操作実行した

※この「発射」の解説は、「マルス5号」の解説の一部です。
「発射」を含む「マルス5号」の記事については、「マルス5号」の概要を参照ください。


発射

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/12 02:30 UTC 版)

天問1号」の記事における「発射」の解説

2020年7月23日文昌衛星発射場から長征5号ロケット打ち上げられた。 長征5号打ち上げられる天問1号 打ち上げ成功宣言 打ち上げ観衆の様着陸の様子を示したCG

※この「発射」の解説は、「天問1号」の解説の一部です。
「発射」を含む「天問1号」の記事については、「天問1号」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「発射」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

発射

出典:『Wiktionary』 (2021/10/28 14:54 UTC 版)

名詞

はっしゃ

  1. 弾丸ロケットミサイルなどを打ち出すこと。

発音(?)

はっ↗しゃ

翻訳

動詞

活用

翻訳


「発射」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「発射」の関連用語

発射のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



発射のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのブリジット (GUILTY GEAR) (改訂履歴)、スペースシャトル (改訂履歴)、マルス5号 (改訂履歴)、天問1号 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの発射 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS