3Gとは? わかりやすく解説

スリー‐ジー【3G】

読み方:すりーじー

3rd generation》⇒第三世代携帯電話


さん‐ジー【3G】

読み方:さんじー

3rd generation》⇒第三世代携帯電話


3G

携帯電話のほかの用語一覧
3G:  SIMカード  1xEV-DV  3.5G  3G  3GPP  TD-SCDMA  TD-LTE

第3世代移動通信システム

(3G から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/08/11 06:19 UTC 版)

第3世代移動通信システム(だい3せだいいどうつうしんシステム、英語: 3rd Generation Mobile Communication System, 「3G)とは、1G2Gに続く国際電気通信連合 (ITU) が定める「IMT-2000」 (International Mobile Telecommunication 2000) 規格に準拠した移動通信システムのこと。一般的に英語の"3rd Generation"から、「3G」(スリージー)などとも略される。(のちに提供を開始される第4世代通信システム 「4G」〘フォージー〙の後継技術である)


  1. ^ ウィリアム・スターリングス『Foundations of Modern Networking: SDN, NFV, QoE, IoT, and Cloud』Addison-Wesley Professional、2015年 ISBN 0134175395
  2. ^ ただし、2000MHz (2GHz) に限定されない。
  3. ^ 武田幸雄「モバイルインフラ -IMT-2000とその後の展開-」 (PDF)”. 『FUJITSU』52号、(2001年7月号)、pp.308-314. 2014年6月28日閲覧。
  4. ^ キーワード: IMT-2000”. atmarkIT(アイティメディア株式会社). 2010年9月1日閲覧。
  5. ^ DIRECTIVE 2009/114/EC OF THE EUROPEAN PARLIAMENT AND OF THE COUNCIL of 16 September 2009 (PDF)”. European Union. 2014年6月28日閲覧。
  6. ^ The Mobile Internet Report Setup (PDF)”. Morgan Stanley (December 15, 2009), slide 26. 2010年9月2日閲覧。
  7. ^ 事業者別契約数(2011年5月末現在)”. 電気通信事業者協会. 2011年6月20日閲覧。
  8. ^ 「CDMA 1X」などのサービス終了等のお知らせ〈別紙〉”. KDDI (2011年4月25日). 2011年6月20日閲覧。
  9. ^ 「movaサービス」および「DoPaサービス」などの終了のお知らせ”. NTTドコモ (2009年1月30日). 2011年6月20日閲覧。
  10. ^ 5Gサービスエリアの拡大予定について | スマートフォン・携帯電話 | au” (日本語). www.au.com. 2022年4月1日閲覧。
  11. ^ 報道発表資料 : 5Gサービスのエリア展開を加速 | お知らせ | NTTドコモ” (日本語). www.docomo.ne.jp. 2022年4月1日閲覧。
  12. ^ 総務省|報道資料| ソフトバンク株式会社に対する700MHz帯に係る特定基地局の開設計画及び3.4GHz帯に係る特定基地局の開設計画における令和2年度5G特定基地局の開設遅延の改善に関する指導” (日本語). 総務省. 2022年4月1日閲覧。
  13. ^ 800MHz帯再編終了後に従来のUMTSバンド6から拡張された。ただし、拡張された部分はLTEとして使用されたため、3GとしてはBands 6のままとなり、一部地域では、800MHz帯域割り当ての全帯域をLTEに転用しているため、3Gを停波している地域も存在する。
  14. ^ 航空機内における携帯電話等の利用に関する調査検討報告書』社団法人電波産業会、2008年3月、6ページ
  15. ^ この帯域は、かつては航空機電話[14]マリネットホンテレターミナルコンビニエンスラジオホン・アナログ方式のMCA無線に割り当てられていた帯域である。
  16. ^ 2012年7月25日にサービス開始。
  17. ^ 電子タグ (RFID) バンドおよびMCAバンドの移行が完了する2015年より利用可能。
  18. ^ ただし、1455.4 - 1462.9MHzおよび1503.4 - 1510.9MHzの帯域は2014年3月31日まで、同帯域を利用するデジタルMCAの免許が失効していないため、東名阪での利用は不可となっていた。
  19. ^ 平成18年7月18日、総務省は、審査の結果、周波数の指定の変更に係る基準等に適合していると認められることから、本日、ドコモ中央、ドコモ東海及びドコモ関西に対し、1869.9MHzを超え1874.9MHz以下の周波数の割当てを行った。[1](総務省リンク)。平成18年3月15日、総務省では、電波監理審議会からの答申を踏まえて、周波数の使用が可能となる4月1日以降、ドコモ中央、ドコモ東海及びドコモ関西の開設計画を別紙のとおり認定することとし、認定書の交付を行う予定。[2](総務省リンク)
  20. ^ 総務省|報道資料| 第5世代移動通信システムの普及のための特定基地局の開設計画の認定” (日本語). 総務省. 2022年4月1日閲覧。
  21. ^ 報道発表資料 : 5Gサービスのエリア展開を加速 | お知らせ | NTTドコモ” (日本語). www.docomo.ne.jp. 2022年4月1日閲覧。
  22. ^ 5Gサービスエリアの拡大予定について | スマートフォン・携帯電話 | au” (日本語). www.au.com. 2022年4月1日閲覧。
  23. ^ 総務省|報道資料| ソフトバンク株式会社に対する700MHz帯に係る特定基地局の開設計画及び3.4GHz帯に係る特定基地局の開設計画における令和2年度5G特定基地局の開設遅延の改善に関する指導” (日本語). 総務省. 2022年4月1日閲覧。
  24. ^ 平成17年11月9日、1.7GHz帯又は2GHz帯の周波数を使用する特定基地局の開設に関する指針に基づく開設計画の認定 [3](総務省リンク)
  25. ^ 平成18年5月17日、1.7GHz帯の周波数を使用する特定基地局の開設計画に係る認定の取消しに関する電波監理審議会諮問 [4](総務省リンク)
  26. ^ 平成18年7月12日、1.7GHz帯の周波数を使用する特定基地局の開設計画に係る認定の取消し [5](総務省リンク)
  27. ^ 平成19年10月30日、アイピーモバイルからの2GHz帯の周波数を使用する特定基地局の開設計画の認定の返上について [6](総務省リンク)
  28. ^ 共同通信 (2021年11月29日). “au3G、4月で自動解約 サービスは3月末終了 | 共同通信” (日本語). 共同通信. 2021年11月29日閲覧。
  29. ^ Get ready, 3G is going away in 2022”. AT&T (2021年1月11日). 2021年2月25日閲覧。
  30. ^ MIke Haberman (03-30-2021). “3G CDMA Network Shut off date set for December 31, 2022”. Verizon Wireless. 11-29-2021閲覧。
  31. ^ 中国移動・中国電信・中国聯通に3G携帯営業の免許
  32. ^ ヨーロッパにおけるCDMA200の現状
  33. ^ ロシア携帯通信3社に3Gの認可
  34. ^ ロシアのMegaFonがペテルブルグで第三世代を運用開始
  35. ^ ロシアのモバイル・テレシスがウリヤノフスクで3Gサービスを開始
  36. ^ ロシアのビーラインがカルムイク共和国で3Gサービスを開始
  37. ^ ロシアのDelta TelecomがBREW®商用サービスに向け始動


「第3世代移動通信システム」の続きの解説一覧

「3G」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

3Gのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



3Gのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
IT用語辞典バイナリIT用語辞典バイナリ
Copyright © 2005-2022 Weblio 辞書 IT用語辞典バイナリさくいん。 この記事は、IT用語辞典バイナリ3Gの記事を利用しております。
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの第3世代移動通信システム (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS