3.5Gとは?

Weblio 辞書 > コンピュータ > IT用語辞典 > 3.5Gの意味・解説 

3.5G

読み方サンテンゴジー
【英】3.5th generation

3.5Gとは、第3世代携帯電話3G)の通信速度を向上させたタイプ第3世代携帯電話のことである。具体的には、NTTドコモFOMAなどで採用されているW-CDMA方式のうち、HSDPAなどの技術用いて高速したものを指す。HSDPAでは下り最大14Mbpsの通信速度実現できる。NTTドコモでは2005年前半にも、FOMAオプションとしてのサービス提供を予定している。

携帯電話のほかの用語一覧
3G:  MC-CDMA  SIMカード  1xEV-DV  3.5G  3G  3GPP  TD-SCDMA

第3.5世代移動通信システム

(3.5G から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/04/11 22:26 UTC 版)

第3.5世代移動通信システム(だいさんてんごせだいいどうつうしんシステム)とは、第3世代移動通信システムITUの定める「IMT-2000」規格)のうち、高速データ通信規格に準拠したものを特に区別する場合に言う。「3.5G」などと表記する。






「第3.5世代移動通信システム」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「3.5G」の関連用語

3.5Gのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



3.5Gのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
IT用語辞典バイナリIT用語辞典バイナリ
Copyright © 2005-2020 Weblio 辞書 IT用語辞典バイナリさくいん。 この記事は、IT用語辞典バイナリ3.5Gの記事を利用しております。
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの第3.5世代移動通信システム (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS