自動車電話とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 情報 > 通信技術 > 電話 > 自動車電話の意味・解説 

自動車電話

英語 automobile phonecar phone

アメリカでは1950年代登場していたが、日本では79年NTT前身ある日電信電話公社が、東京23区初めサービスを行った。85年電気通信事業法改正され、第二電電(DDI、現・

KDDI)らが自動車電話事業参入都市部や主要幹線道路重点サービスを広げた。しかし、現在では携帯電話普及し、自動車取り付ける自動車電話はごく一部となった。

※「大車林」の内容は、発行日である2004年時点の情報となっております。

自動車電話

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/11/20 13:53 UTC 版)

自動車電話(じどうしゃでんわ)とは、自動車搭載の電話機による移動体通信である。受話器と機械部が分離された通信機器で、陸上の基地局公衆交換電話網と相互接続されるシステムとなっている。自動車電話は公衆交換電話網に接続する移動電話サービスの技術であり、のちに普及する携帯電話システムの元となった[1]




  1. ^ a b c d e f g h i j k l m 根日屋英之、小川真紀『ワイヤレスブロードバンド技術』東京電機大学出版局、2006年、15頁
  2. ^ ドコモ、自動車電話やショルダーホンの新規レンタル終了 - ケータイWatch 2009年7月8日
  3. ^ 別冊宝島2611『80年代アイドルcollection』p.93.
  4. ^ ドコモからのお知らせ : 自動車電話などの新規レンタルお申込み受付終了のお知らせ”. NTTドコモ (2009年7月8日). 2009年7月8日閲覧。
  5. ^ a b c d e f g 「1 電気通信 1-1 電気通信事業等 (1) 第一種電気通信事業 資料1-1 第一種電気通信事業者の概要」『平成7年版 通信白書(資料編)』 郵政省
  6. ^ a b c d e f 「1 電気通信 1-1 電気通信事業等 (1) 第一種電気通信事業 資料1-1 第一種電気通信事業者の概要」『平成10年版 通信白書(資料編)』 郵政省
  7. ^ 「第1章 第2節 1 事業者数の動向 (1) 電気通信事業者 ア 第一種電気通信事業者」『平成8年版 通信白書』 郵政省


「自動車電話」の続きの解説一覧



自動車電話と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「自動車電話」の関連用語

自動車電話のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



自動車電話のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三栄書房三栄書房
Copyright c San-eishobo Publishing Co.,Ltd.All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの自動車電話 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS