電話機とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 工業 > 装置 > 装置 > 電話機の意味・解説 

でんわ‐き【電話機】


電話機

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/10/22 06:41 UTC 版)

電話機(でんわき、: telephoneあるいはphone)とは、音声電気信号に変換して、離れた場所に送り、また送られてきた電気信号も音声に戻して通話をするための機械[1]。単に「電話」とも言う。


注釈

  1. ^ 60Vの局給電のH型ステップバイステップ電話交換機は、全国即時自動化のため1980年代にクロスバ交換機に置き換えられた[5]

出典

  1. ^ 第三版,日本大百科全書(ニッポニカ),世界大百科事典内言及, デジタル大辞泉,百科事典マイペディア,大辞林. “電話機(デンワキ)とは” (日本語). コトバンク. 2020年7月19日閲覧。
  2. ^ Next-Generation Networks Set to Transform Communications, International Telecommunications Union website, 4 September 2007. Retrieved 5 July 2009.
  3. ^ Ringer Boxes”. Telephonymuseum.com. 2010年5月23日閲覧。
  4. ^ [1]
  5. ^ 意外と知らない!電話・通信の仕組み NTT東日本
  6. ^ 端末機器の歴史 東日本電信電話



電話機

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/10/17 08:35 UTC 版)

アニメ版星のカービィの用語一覧」の記事における「電話機」の解説

、及び城で使用されている電話機。カービィの家には無い。

※この「電話機」の解説は、「アニメ版星のカービィの用語一覧」の解説の一部です。
「電話機」を含む「アニメ版星のカービィの用語一覧」の記事については、「アニメ版星のカービィの用語一覧」の概要を参照ください。


電話機

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/05 02:26 UTC 版)

パイオニア」の記事における「電話機」の解説

1970年代より、アンサホンという商品名留守番電話開発・製造する。1980年代には、無線機器技術応用して家庭用コードレス電話機製造進出シェア伸ばした。電話機事業は、パイオニア出資し後に完全子会社となったパイオニアコミュニケーションズ承継した後、同社吸収合併したパイオニアホームエレクトロニクスオンキヨー&パイオニア経て2020年10月よりオンキヨーホームエンターテイメント取り扱っていたが、こちらも先述の通りオンキヨーホームエンターテイメント経営破綻に伴い停止する1990年代にはDDIセルラーグループセルラー、現・KDDI/沖縄セルラー電話連合(各auブランド))および日本移動通信IDO、現・KDDIauブランド))J-PHONEデジタルツーカー向けを含む。現・SoftBank)向けに携帯電話機供給行っていた。特に携帯初の全面タッチパネル式のDP-211は、付属ペン手書き入力可能で、またオプションカーオーディオに取付ければハンズフリーにも対応するという、時代先取りし商品であったが、デザインの点で人気を得ることは無く携帯電話事業からは撤退することとなった。なお、その兄弟機種であるDP-211SWは、携帯初の文字メッセージサービス(旧・スカイウォーカー、現・スカイメール対応機種であった

※この「電話機」の解説は、「パイオニア」の解説の一部です。
「電話機」を含む「パイオニア」の記事については、「パイオニア」の概要を参照ください。


電話機

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/17 03:03 UTC 版)

トーマス・エジソン」の記事における「電話機」の解説

電話機の発明アメリカ大陸における電信事業独占していたウエスタンユニオン依頼され着手したその結果電話に関する特許得たグラハム・ベルその後援者たちと対立するにいたる。送話器マイクロフォン)において、ベル電磁石利用したダイナミックマイクに代わって炭素粒を用いたカーボンマイク採用し、また誘導コイルにより送話距離を延ばしたのはエジソン功績である。長距離利用するためには、リー・ド・フォレスト原型発明した三極真空管製品化まで待たなければならなかったが、「エジソン効果」の発見・発明なければジョン・フレミングによる(三極真空管発明遅れたであろうことは言うまでもないエジソンは、ベルが電話機の発明者とされたことには最後まで納得がいかなかったとされる

※この「電話機」の解説は、「トーマス・エジソン」の解説の一部です。
「電話機」を含む「トーマス・エジソン」の記事については、「トーマス・エジソン」の概要を参照ください。


電話機

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/04 11:12 UTC 版)

電話」の記事における「電話機」の解説

詳細は「電話機」を参照技術的に言えば)電話機というのは電磁誘導原理利用し音声電気信号変換し送り出し)、(反対に受け取った電気信号音声変換するための機器である。 交換機動作との関係に着目する次のように分類できるダイヤルパルス式電話機回転ダイヤル式電話機)。数字応じたダイヤルの穴に指を入れてストッパーのところまで回し指を抜くたびに、それに応じた回数電気的なパルス発信されるもの。21世紀に入ってからは新製品登場していない。 押しボタン式電話機: DTMF電話番号発信する電話機。 留守番電話: 不在時の着信録音する電話機またはサービスコードレス電話: 利用者基地局設置する無線電話システムまた、電話回線使って画像送受信する機器ファクシミリ (FAX)という。ファクシミリ複写機イメージスキャナなどを一つ筐体収めたデジタル事務機器複合機呼ばれる音声と同時に動画送ることができるようにしたものテレビ電話という。 交換手方式の電話機、1896年の電話機(スウェーデン)。通話をするには、まず左手送受話器を持ち耳や口元にあてて、右手右側ハンドルグルグルと回すことで(電話機内部発電機発電し)電話局内の電動ベル呼び鈴)を遠隔鳴らすことで局内電話交換手呼び出す。交換手が「はい。何番つなぎますか?」と応答するので、通話したい相手電話番号を(たとえば「152番に繋いで」などと)音声伝え交換手先方呼び出して接続してくれるのを待つ。(交換手先方152番の電話のベル鳴らし、「25番の○○さんから電話です」などと伝え作業背後で行い)、次に交換手が「繋がりました。どうぞ会話なさって下さい」などと自分に向かって言う声が聞こえ直後から会話ができるようになっているダイヤルパルス式、米国ウェスタン・エレクトリック社のModel 302英語版)。いちいち交換手を呼ぶという面倒なことをせず、手元の回転ダイヤルを回すだけで通話先を指定できるようになった日本のダイヤルパルス式の黒電話壁掛け型)。日本の大多数家庭普及したモデル1967年ころに登場したトーンダイヤル式の米国ウェスタン・エレクトリック社のModel 2500(黒)。ダイヤルパルス式よりもすばやく通話先の電話番号指定できるようになり、機能増えた

※この「電話機」の解説は、「電話」の解説の一部です。
「電話機」を含む「電話」の記事については、「電話」の概要を参照ください。


電話機

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/16 22:45 UTC 版)

三菱電機」の記事における「電話機」の解説

かつては家庭用電話機、携帯電話PHS製造していたが、2016年現在は、N-STAR用いた静止衛星電話ワイドスター)のみ製造携帯電話 - #撤退した製品を参照

※この「電話機」の解説は、「三菱電機」の解説の一部です。
「電話機」を含む「三菱電機」の記事については、「三菱電機」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「電話機」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「電話機」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



電話機と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

電話機のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



電話機のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの電話機 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのアニメ版星のカービィの用語一覧 (改訂履歴)、パイオニア (改訂履歴)、トーマス・エジソン (改訂履歴)、電話 (改訂履歴)、三菱電機 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS