エジソンとは? わかりやすく解説

エジソン (Edison, Thomas Alva)

エジソンという人は

トーマス・アルバ・エジソン トーマス・アルバ・エジソン

アメリカ 1847~1931

発明王エジソン

個人最高である1093もの特許を持つ

オハイオ州ミラン生まれ幼少のころは学校成績悪く低脳扱いをされる。 元教員であった母親がエジソンを退学させ、母親自らが教師務めたのは有名な逸話である。 「天才とは99%の汗と1%ひらめきである」とはエジソンの残した名言である。

エジソンの主な経歴

1877年電話器改良をする。 ベル発明知ったエジソンは他の仕事一切放置して電話研究に取組んだベル電話器送受類似形であったが、エジソンは炭素圧力抵抗変化利用考え振動板接して炭素粉末配置し誘導コイルを介して電流を流すようにした。電池電流電話線直接流すことがなくなり電話線の距離が大きく伸びた。現在使われている電話器基本原理である。

1879年白熱電球発明をする。 それまで照明にはガス灯次いでアーク灯使用されていた。アーク灯不安定で家庭用には不向きであった。 融点の高い物質大電流流れるとその導体発光して光源となること、また真空中では燃えにくいことが知られていた。 はじめはフィラメント白金使用していたが、大電流ゆえに送電損失大きかった抵抗大きなフィラメントとして炭素フィラメント着目したが、これは10分程度しかもたなかった。 真空ポンプ改良また、フィラメント材として京都の竹を採用し数百時間連続点灯が可能となった

1879年、エジソン発電機開発をする。 白熱電球点灯させるには従来使用していたアーク灯用の発電機では不安定で使用耐えなかった。 出力電圧安定させ、効率向上させる必要があった。結果効率従来40%から90%へと飛躍的な向上をみせ、電圧配電方式並列配電方式とすることで安定させた。

1882年パールストリート発電所運転開始ニューヨーク商工業集中地区であったパールストリート発電機6台を並列した540kWの火力発電所建設し運転開始する。 1万数千個の電灯数百台のクレーン負荷としたが、当初は故障連続であった供給電圧直流110V。

1883年エジソン効果発見をする学術的な発見よりも発見実用的な技術昇華するといった姿勢のエジソンにとって唯一といっていい純粋な発見である。 フィラメント近くに金属線をいれ、高電位側に接続する電流が流れるが低電位側に接続して電流流れないという現象発見した片方向にしか電流流れないという後の二極管三極管の発明の種になり、エレクトロニクス開花原動力なるものであるが、 このときの問題はフィラメント性能向上であったため、特許こそ取得するものの大した価値認めず放置した

1883年三線式送電法の発明する白熱電灯への電力供給にあたり配電距離が長くなるにつれて電圧降下問題無視できなくなってきた。 直流にこだわるエジソンにとって対策送電線の太線化であったが、これはコスト面から避けたい選択であった今ひとつの方法は電圧上げることであったが、エジソンの三線式直流+110[V]、0[V]、-110[V]として対地電圧抑え受電端で220[V]として使用する方式であった。 この三線配線化により二線配電網で必要とされるはずの60%の節約できた。 ホプキンソンも同じ考案同年にしている。

トーマス・アルバ・エジソン

白熱電球発明有名だ電球そのもの電灯システム一部にすぎず、電灯システム機能させるために、エジソンのジャンボ発電機、エジソンの送電幹線給電線並列配電システムなど の開発をしている。 一設備ではなくシステムそのもの発明好みニュージャージーメンローパークにエジソン研究所建設しさまざまな分野専門家集め指揮をとった。 彼と彼のスタッフの中でエジソンの役割企業家であり研究・開発マネジメントであった。 ゆえにエジソンは独立した一発明家というよりも発明会社社長といった評価適切であるといえる例え電灯システムガス灯に代わる技術であったが、ガス灯電灯消費者コスト比較研究当初から念頭にあったという。 このあたりは学者でも技術者でもなく企業家である。

直流電力第一人者といっていいが時代多相交流向かっていくことになり、エジソンは1890年以降電灯電力開発とはほとんど関係ない分野発明事業進んでいく。 1931年10月18日、「私は私人生生きた。そして私のできる最善のことを成し遂げた」との言葉を残し84歳生涯を閉じる。 エジソンの葬儀の後1分間、彼を惜しみ全米中の照明消されたという。

エジソンのスタッフたち

 


エジソン

エジソンの画像 エジソンの画像
グループ名エジソン
グループ名フリガナえじそん
グループメンバー関谷/たかぎ
性別男性グループ
URLhttps://profile.yoshimoto.co.jp/talent/detail?id=6619
プロフィール2013年3月結成された、関谷、たかぎから成るお笑いコンビ今後の活躍が期待される
職種お笑い

» タレントデータバンクはこちら
他のタレント一覧
その他の出身のタレント    高木美嘉  和泉  エジソン  蛙亭  郷司利也子

エジソン

名前 EdisonEdson

エジソン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/10/07 03:20 UTC 版)

エジソン

Edison

人名
企業
地名
船名
その他

Edson

人名

Agson

関連項目



エジソン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/24 17:47 UTC 版)

ミスティックアーク」の記事における「エジソン」の解説

キープンサインの町はずれに住む科学者世界中に存在する機械について研究しているが、周囲からは変わり者思われている。なぜか主人公の名前をちゃんと呼ばない

※この「エジソン」の解説は、「ミスティックアーク」の解説の一部です。
「エジソン」を含む「ミスティックアーク」の記事については、「ミスティックアーク」の概要を参照ください。


エジソン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/26 19:13 UTC 版)

ジョゼフ・スワン」の記事における「エジソン」の解説

スワン電球に関する特許イギリス認可されたのは1878年のことであった。これはトーマス・エジソンのそれの一年前である。1879年2月スワンニューカッスル化学協会成功報告をするとともにニューカッスル・アポン・タイン電球に関する講義実演行っている同年彼はイングランド一般家庭歴史的建造物電球導入を始めた。ゲイツヘッドのロウ・フェル(Low Fellにあった彼の家は、電球灯った世界最初のとなった1881年彼はスワン電灯会社」(The Swan Electric Light Company)を創立し商業的に電球生産開始した

※この「エジソン」の解説は、「ジョゼフ・スワン」の解説の一部です。
「エジソン」を含む「ジョゼフ・スワン」の記事については、「ジョゼフ・スワン」の概要を参照ください。


エジソン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/05/09 04:45 UTC 版)

RACK-13係の残酷器械-」の記事における「エジソン」の解説

レタンテム武器作る男性眼鏡白衣特徴狂気的な性格で、胡散臭い雰囲気があるアガリとは何らかの関係がある

※この「エジソン」の解説は、「RACK-13係の残酷器械-」の解説の一部です。
「エジソン」を含む「RACK-13係の残酷器械-」の記事については、「RACK-13係の残酷器械-」の概要を参照ください。


エジソン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/11/27 08:22 UTC 版)

ママコレ」の記事における「エジソン」の解説

京のベビー頭が良く簡単な足し算ができる。チャームポイント眼鏡

※この「エジソン」の解説は、「ママコレ」の解説の一部です。
「エジソン」を含む「ママコレ」の記事については、「ママコレ」の概要を参照ください。


エジソン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/21 10:02 UTC 版)

ミクロマン・マグネパワーズ」の記事における「エジソン」の解説

学者肌発明家チームブレーンその一方で、現実主義者ゆえの少々口うるさく気難しい面も見せる。身体能力は低いため、メンバーの中で後方支援に回ることが多いが、射撃名手でもある様々なメカ開発戦力強化の要として活躍した

※この「エジソン」の解説は、「ミクロマン・マグネパワーズ」の解説の一部です。
「エジソン」を含む「ミクロマン・マグネパワーズ」の記事については、「ミクロマン・マグネパワーズ」の概要を参照ください。


エジソン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/08/29 07:19 UTC 版)

ジャバウォッキー (漫画)」の記事における「エジソン」の解説

ETERNAL FLAME」に登場実在人物に関しては「トーマス・エジソンを参照

※この「エジソン」の解説は、「ジャバウォッキー (漫画)」の解説の一部です。
「エジソン」を含む「ジャバウォッキー (漫画)」の記事については、「ジャバウォッキー (漫画)」の概要を参照ください。


エジソン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/13 23:00 UTC 版)

仮面ライダーゴーストの登場仮面ライダー」の記事における「エジソン」の解説

召喚されエジソンゴーストがガンガンセイバーガンモードで攻撃する

※この「エジソン」の解説は、「仮面ライダーゴーストの登場仮面ライダー」の解説の一部です。
「エジソン」を含む「仮面ライダーゴーストの登場仮面ライダー」の記事については、「仮面ライダーゴーストの登場仮面ライダー」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「エジソン」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「エジソン」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



エジソンと同じ種類の言葉


固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「エジソン」の関連用語

エジソンのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



エジソンのページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
コンピュータ偉人伝コンピュータ偉人伝
Copyright © 2005-2022 Weblio 辞書 IT用語辞典バイナリさくいん。 この記事は、IT用語辞典バイナリトーマス・エジソンの記事を利用しております。
電気史偉人典電気史偉人典
Copyright(C) 2022 電気史偉人典 All rights reserved
タレントデータバンクタレントデータバンク
Copyright © 2022 Talent Databank Co.,ltd. All Rights Reserved.
MovieWalkerMovieWalker
(C)MovieWalker
キネマ旬報 (c)キネマ旬報社
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのエジソン (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのミスティックアーク (改訂履歴)、ジョゼフ・スワン (改訂履歴)、RACK-13係の残酷器械- (改訂履歴)、ママコレ (改訂履歴)、ミクロマン・マグネパワーズ (改訂履歴)、ジャバウォッキー (漫画) (改訂履歴)、仮面ライダーゴーストの登場仮面ライダー (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS