ホプキンソンとは?

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 人名 > 技術者 > 技術者 > 各国の技術者 > ホプキンソンの意味・解説 

ホプキンソン (Hopkinson, John)

ホプキンソンという人は

ジョン・ホプキンソン ジョン・ホプキンソン

マンチェスターオーエンズ大学工学学びケンブリッジトリニティ大学数学研究をする。 電気科学と発電機設計没頭し、1877年ロンドン王立協会会員になる。1880年代初めいくつかの出版物発表電気科学者としての地位確立する。

イングランドエジソン企業コンサルタント務め1890年にはキングス・カレッジ初代電気工学教授就任する。また、電気技師協会会長二度務めている。

ホプキンソンの主な経歴

1883年直流三線送電システム考案する。 1880年代直流システム大い発展発明家技術者たちは直流発電機直流モーターなどを次々と改良ていった。 しかし直流システム大きな欠点長距離送電コストが高いという問題はなかなか改善されず、発電所から半径1マイル上への送電蓄電池なしでは考えられなかった。 ホプキンソンの三線システムでは容量等し直流発電機2台を直列接続し、負荷側も同じ大きさ負荷直列接続する。 直列された電源両端と、同じく直列された負荷両端を結び、さらに電源接続点と負荷接続点を結んで三線とし、これにより送電損失低減した。

ジョン・ホプキンソン

直流技術者であったホプキンソンはフェランティのデッドフォード発電所危機に瀕した際の助言として、 消費区域付近に小規模直流発電所建設めた。


ホプキンソン

名前 Hopkinson



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ホプキンソン」の関連用語

ホプキンソンのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



ホプキンソンのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
電気史偉人典電気史偉人典
Copyright(C) 2019 電気史偉人典 All rights reserved
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.

©2019 Weblio RSS