ベネットとは?

リセドロン酸ナトリウム水和物

分子式2.5H2O C7H10NNaO7P2
その他の名称:ベネット、リセドロン酸ナトリウム水和物、Sodium risedronate hydrate、[1-Hydroxy-1-(sodiooxyphosphonyl)-2-(3-pyridyl)ethyl]phosphonic acid・2.5hydrate、Sodium risedronate hydrate、2(Sodium risedronate)・5(H2O) salt
体系名:[1-ヒドロキシ-1-(ソジオオキシホスホニル)-2-(3-ピリジル)エチル]ホスホン酸・2.5水和物、2(リセドロン酸ナトリウム)・5(H2O)


ベネット 【Bennett】


ベネット (Bennet, Abraham)

ベネットという人は

イギリス 1750~1799

検電器改良

ベネットの主な経歴

ベネット検電器 ベネット検電器

1787年ホイーラーキャントンによる風の影響が強い検電器からは大分進歩した検電器をつくる。 それはガラス容器に収まっているもので、象牙の台に5センチほどの金箔を2本吊るしたものであった。 ガラス容器内に収め最初検電器であり、現在用いられている金箔検電器はじまりであった。

電気量概念確立しない時代にあってなぜか検電器には目盛りがふられていたが、 この検電器によって摩擦電気動物電気ボルタ電池による電気がすべて同じ”電気”であることが確認された。

 

 


ベネット

【英】:Bennett, William Sterndale
[イギリス]  1816~1875

2008年9月 執筆者: 齊藤 紀子

 イギリス作曲家ピアニストとしても活動し、
メンデルスゾーンシューマンとの交流もあった。4曲のピアノ協奏曲独奏ピアノのための小品作曲している。音楽祖父から教わり、ケンブリッジ大学キングス・カレッジ少年聖歌隊員の一員であった。10歳になる前に王立音楽院入学し、1835年自作ピアノ協奏曲演奏してピアニストとしてデビューを果たした。1849年バッハ協会設立や、1854年イギリスにおける《マタイ受難曲》の初演に関わっている。ピアノ協奏曲デビューした時から縁のあるフィルハーモニック協会指揮者ケンブリッジ大学音楽教授王立音楽院学長務めた。ケンブリッジ大学から音楽博士号を、オクスフォード大学からは市民法学の博士号授与され、晩年にはナイトに叙された。

ピアノ独奏曲

ピアノ合奏

室内楽

管弦楽ピアノ


ベネット

名前 BenetBenettBennetBennettBenétBenoit

ベネット

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/01/22 15:16 UTC 版)

ベネットBennett)は、英語圏の姓。ベネディクトゥスに由来する。異形にベネディクトがある。




「ベネット」の続きの解説一覧



ベネットと同じ種類の言葉


固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ベネット」の関連用語

ベネットのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



ベネットのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2019 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
独立行政法人科学技術振興機構独立行政法人科学技術振興機構
All Rights Reserved, Copyright © Japan Science and Technology Agency
中経出版中経出版
Copyright (C) 2019 Chukei Publishing Company. All Rights Reserved.
電気史偉人典電気史偉人典
Copyright(C) 2019 電気史偉人典 All rights reserved
社団法人全日本ピアノ指導者協会社団法人全日本ピアノ指導者協会
Copyright 1996-2019 PianoTeachers' National Association of Japan
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのベネット (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS