市民法とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > > 法令 > 民法 > 市民法の意味・解説 

しみん‐ほう〔‐ハフ〕【市民法】

読み方:しみんほう

古代ローマで、ローマ市民にのみ適用された法。

近代市民社会規律する私法体系狭義には民法をさす。→社会法

「市民法」に似た言葉

市民法

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/01/09 14:16 UTC 版)

ローマ法」の記事における「市民法」の解説

「市民法」とは、元来は「ius civile quiritium」と呼ばれローマ市民共通して適用される法の体系であった。市民法のうちでも特別法は、何らかの人やもの、あるいは法的関係に対して適用される一般的な通例の法とは異な特別な法のことである(「特別」というのは、それが法制度一般的な原理に対する例外であるからである)。その例として遠征中軍務についた人が書いた遺言に関する法がある。この場合通常の環境下で市民遺言を書く場合要求される厳格な形式免除されるのである

※この「市民法」の解説は、「ローマ法」の解説の一部です。
「市民法」を含む「ローマ法」の記事については、「ローマ法」の概要を参照ください。


市民法

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/19 01:07 UTC 版)

割譲」の記事における「市民法」の解説

大陸法における私法体系では、割譲は、譲渡(英: assignment)と同等とされ、人的請求譲渡人(英: cedent)から譲受人(英: cessionary)へと移転される行為をいう。物権引渡しによって移転されるに対して人的権利債権)は割譲によって移転される債務者債務移転される場合であれば譲受人完全にその債務代わりに負うことになる。また、譲渡人は、元の請求権失い譲受人新たにその権利を獲得する

※この「市民法」の解説は、「割譲」の解説の一部です。
「市民法」を含む「割譲」の記事については、「割譲」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「市民法」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ



市民法と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

市民法のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



市民法のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのローマ法 (改訂履歴)、割譲 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS