規律とは? わかりやすく解説

き‐りつ【規律/紀律】

読み方:きりつ

人の行為基準として定められたもの。おきて。「―を守る」

一定の秩序。「―正しい生活」

[補説] 「規律」は集団機構秩序維持する決まり、「紀律」は風紀に関する取り締まり用いられることが多い。


規律

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/01/08 20:16 UTC 版)

規律(きりつ)




「規律」の続きの解説一覧

規律

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/27 08:57 UTC 版)

アーミッシュ」の記事における「規律」の解説

アーミッシュには「オルドゥヌング(英語版)」という戒律があり、原則として快楽感じることは禁止される。なお、オルドゥヌングは各地コミュニティーごとに合議によって定められるので各地差異がある。以下のような規則破った場合懺悔奉仕活動対象となる。改善見られない場合アーミッシュ追放され家族から絶縁される。 屋根付き馬車大人ならない使えない子供青年には許されていない。 交通手段馬車バギー)を用いる。これはアーミッシュ唯一の交通手段である。(自動車行き交う道をこれで走るために交通事故が多い)。 アーミッシュ家庭においては家族いずれかがアーミッシュから離脱した場合、たとえ親兄弟の仲でも絶縁され互い交流疎遠になる怒ってはいけない。 喧嘩してはいけない読書してはいけない聖書と、聖書を学ぶための参考書のみ許可される)。 賛美歌以外の音楽聴いてはいけない。 避雷針立ててはいけない(神の怒りであり、それを避けることは神への反抗見なされるため)。 義務教育以上の高等教育を受けてはいけない(大学への進学など)。 化粧してはいけない派手な服着てはいけない。 保険加入してはいけない(予定説反するから)。 離婚してはいけない。 男性口ひげ生やしてはいけない(歴史的に口ひげ男性魅力象徴とされることがあったため)。ただし、顎ひげや頬ひげは許される

※この「規律」の解説は、「アーミッシュ」の解説の一部です。
「規律」を含む「アーミッシュ」の記事については、「アーミッシュ」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「規律」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

規律

出典:『Wiktionary』 (2021/06/30 09:34 UTC 版)

この単語漢字

第五学年
りつ
第六学年
音読み 音読み

異表記・別形

名詞

(きりつ)

  1. 社会生活集団生活を行うための行為基準
  2. 一定秩序

「規律」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「規律」の関連用語

規律のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



規律のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの規律 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのアーミッシュ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの規律 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2023 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2023 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2023 GRAS Group, Inc.RSS