取り締まりとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > デジタル大辞泉 > 取り締まりの意味・解説 

とり‐しまり【取(り)締(ま)り】

読み方:とりしまり

取り締まること。また、その人。「管内の—にあたる

取締)「取締役」の略。


取り締まり

日本語活用形辞書はプログラムで機械的に活用形や説明を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

取り締まり

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/07/19 07:11 UTC 版)

ナビゲーションに移動 検索に移動
ウィキペディアには「取り締まり」という見出しの百科事典記事はありませんタイトルに「取り締まり」を含むページの一覧/「取り締まり」で始まるページの一覧
代わりにウィクショナリーのページ「とりしまり」が役に立つかも知れません。(Template:Wiktionary redirect

関連項目



取り締まり

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/30 21:11 UTC 版)

暴走族」の記事における「取り締まり」の解説

従来路上に罠を仕掛けて一斉検挙現行犯逮捕を行うスタイル広く行われていた。しかし通常の道路交通支障を来す点、被疑車両転倒して被疑者負傷する場合がある点、乗り捨てて逃走する者も多い問題から、次第にポリスカー(パトロールカー)または路上でビデオカメラ被疑者の顔と車両撮影し撮影した映像画像解析した上で被疑者住所・氏名割り出し裁判所逮捕令状請求後日通常逮捕執行するケース一般的となった

※この「取り締まり」の解説は、「暴走族」の解説の一部です。
「取り締まり」を含む「暴走族」の記事については、「暴走族」の概要を参照ください。


取り締まり

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/21 07:20 UTC 版)

隠れ念仏」の記事における「取り締まり」の解説

薩摩藩では一般的な寺請制度取らず、僧を含めて藩内すべての人民に宗門手札という自分の宗門証明する配布し宗門方と呼ばれる役人によって宗門管理していた。一向宗の取り締まりは毎年行われる宗門改めと、数年ごとに行われる宗門手札改めがあり、通常郷士によって実施された。また、五人組による相互監視宗門改め含まれ、組内から一向宗門徒発覚する連帯責任取らされた。時には大規模な摘発が行われる場合もあった。特に、天保6年1835年)から行われた摘発では約14万人が処分対象となり、天保の大弾圧呼ばれている。

※この「取り締まり」の解説は、「隠れ念仏」の解説の一部です。
「取り締まり」を含む「隠れ念仏」の記事については、「隠れ念仏」の概要を参照ください。


取り締まり

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/07/18 03:35 UTC 版)

中華人民共和国国家安全法」の記事における「取り締まり」の解説

施行直後2015年7月9日中国当局中国本土活動家数百人を一斉に拘束した7・9事件中国語版))拘束され活動家中には国家政権転覆罪(中国語版)で実刑判決受けた人権派弁護士含まれている。 法律の施行以降民主自由を求める活動弾圧され出版インターネットなど言論への規制強化された。

※この「取り締まり」の解説は、「中華人民共和国国家安全法」の解説の一部です。
「取り締まり」を含む「中華人民共和国国家安全法」の記事については、「中華人民共和国国家安全法」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「取り締まり」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

取り締まり

出典:『Wiktionary』 (2021/08/22 09:06 UTC 版)

和語の漢字表記

ま り

  1. とりしまり参照

「取り締まり」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

取り締まりのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



取り締まりのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの取り締まり (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの暴走族 (改訂履歴)、隠れ念仏 (改訂履歴)、中華人民共和国国家安全法 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの取り締まり (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS