反抗とは?

はん こう -かう [0] 【反抗】

( 名 ) スル
年長者権威権力に)手向かうこと。命令・言いつけに従わないこと。 「親に-する」 「 -心」


反抗

原題:The Kick Back
製作国:アメリカ
製作年:1922
配給:国活輸入
スタッフ
監督:Val Paul ヴァル・ポール
原作:Harry Carey ハリー・ケイリー
脚本:George Edwards Hall 
キャスト(役名
Harry Carey ハリー・ケイリー (White Horse Harry
Henry Walthall ヘンリー・ウォルソール (Aaron Price
Charles LeMoyne チャールズ・ルモイン (Chalk Eye
Vester Pegg ヴェスター・ペッグ (Phil Harris
Jim O'Neil  (Ramon Pinellon)
Mignonne Golden ミニョンヌ・ゴールデン (Conchita Pinellos)
Ethel Grey Terry エセル・グレイ・テリー (Nellie
解説
ハリー・ケイリーがユ社脱退後エフ・ビー・オー社へ入っての第1回作品で、自身原作をユ社の俳優であったヴァル・ポール監督した西部活劇で、性格俳優として数年以前名声嘖々たりしヘンリー・ウォルソール対手役を演じているのが悲惨の感を唆るそのほかユ社時代からの対手ミニョンヌ・ゴールデンヴェスター・ペッグチャールズ・ルモイン、それにエセル・グレイ・テリーまで出演する。リオ・グランデ河を挾んで、メキシコアリゾナ背景に、ケイリー一流大活劇である。
ストーリー※ストーリーの結末まで記載されていますので、ご注意ください
白馬ハリーと呼ばれた快男子米国境の近くアリゾナの地に牧場求めて生活していたが、彼の土地にはその附近唯一の水源地があった。悪人どもはこれを彼の手から奪わんとしメキシコ領へ誘い出しぬれぎぬ被せ投獄する。彼はメキシコの娘コンチタ助け得て逃れたが、アリゾナへ帰って再び投獄され、危く私刑に処せられんとした時真犯人は捕らえられて、彼は恋人と恋の勝利を味う身となる。

反抗

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/08/02 05:16 UTC 版)

ナビゲーションに移動 検索に移動
ウィキペディアには「反抗」という見出しの百科事典記事はありませんタイトルに「反抗」を含むページの一覧/「反抗」で始まるページの一覧
代わりにウィクショナリーのページ「反抗」が役に立つかも知れません。


反抗

出典:『Wiktionary』 (2011/04/17 16:01 UTC 版)

名詞

はんこう

  1. 年長者権威権力に逆らい従わないこと。

発音

は↗んこー

関連語

動詞

活用

サ行変格活用
反抗-する



固有名詞の分類


品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「反抗」の関連用語

反抗のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



反抗のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2020 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
MovieWalkerMovieWalker
(C)MovieWalker
キネマ旬報 (c)キネマ旬報社
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの反抗 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの反抗 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2020 Weblio RSS