反抗期とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 生活 > 時間 > 時期 > 反抗期の意味・解説 

反抗期

読み方:はんこうき

幼少期思春期などに見られる周囲に対してしきりに反抗的態度を取る時期を指す語。

はんこう‐き〔ハンカウ‐〕【反抗期】

精神発達過程で、著しく反抗的態度を示す時期。ふつう、自我意識の強まる3~4歳の時期および青年前期の2期があり、前者第一反抗期、後者第二反抗期という。


反抗期

作者西口秀行

収載図書乗りインコ
出版社新風舎
刊行年月2006.7
シリーズ名Shinpu books


反抗期

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/11/28 22:34 UTC 版)

反抗期(はんこうき)は、精神発達の過程で、他人の指示に対して拒否、抵抗、反抗的な行動をとることの多い期間のことである[1]子供から大人へと成長する過程で誰もが通るものとされている。


  1. ^ 反抗期 - コトバンク
  2. ^ 反抗期へようこそ! - NHK (PDF)
  3. ^ a b 高濱裕子, 渡辺利子, 坂上裕子 ほか, 「歩行開始期における親子システムの変容プロセス : 母親のもつ枠組みと子どもの反抗・自己主張との関係」『発達心理学研究』 日本発達心理学会, 19巻 2号 2008年 p.121-131, doi:10.11201/jjdp.19.121
  4. ^ 平石賢二, 河野荘子, 笠井清登 ほか, 「思春期における発達と問題行動」『教育心理学年報』 57巻 2017年 p.264-272, doi:10.5926/arepj.57.264
  5. ^ 梅田恭子, 「研究と子育ての融合を目指して」『教育システム情報学会誌』 2012年 29巻 3号 p.137-139, doi:10.14926/jsise.29.137
  6. ^ 3歳児の反抗期にどう接すればいいの? ベネッセ教育情報サイト
  7. ^ 菊地篤子, 「第一反抗期に関する事例研究」『一般社団法人日本家政学会研究発表要旨集』 2003年 55巻 (一社)日本家政学会第55回大会, p.64, doi:10.11428/kasei.55.0_64_2
  8. ^ a b 神谷栄司「幼児期における自我の意味について -ヴイゴツキー理論の哲学的基礎からの照明-」『京都橘大学研究紀要』第41号、京都橘大学研究紀要編集委員会、2015年、 85-102頁、 ISSN 1883-0307
  9. ^ 中山美佐, 山本一成, 宮城由美, 「保育者養成課程における子育て支援の実践力を育成する授業実践 : リアリスティック・アプローチに基づくカリキュラムを通して」『大阪樟蔭女子大学研究紀要』 10巻 2020年 p.189-197, NCID AA12510644
  10. ^ 意外にいる!?「反抗期のない中高生」に共通するものとは?”. ママスタセレクト. 2019年7月3日閲覧。
  11. ^ a b 【反抗期とは?】中学生の反抗期と向き合う時に知っておきたいこと”. スタディサプリ中学講座. 2019年7月3日閲覧。
  12. ^ 子どもの反抗期、発想の転換で苦痛が消える? 親の心構え”. ベネッセ教育情報サイト. 2019年7月3日閲覧。


「反抗期」の続きの解説一覧



反抗期と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「反抗期」の関連用語

反抗期のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



反抗期のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2021 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの反抗期 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 Weblio RSS