電灯とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 電気 > 照明 > 電灯 > 電灯の意味・解説 

でん‐とう【電灯】

読み方:でんとう

電気エネルギー利用した灯火電気。「—がつく」「—を消す」「懐中—」


電灯

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/10/17 23:10 UTC 版)

電灯電燈(でんとう)とは、電気を利用した照明の一般的な装置の総称。電気灯(でんきとう)あるいは単に電気などとも呼び、電源商用電源電池などが使用される。


  1. ^ 電気学会五十年史
  2. ^ 電気学会五十年史
  3. ^ 光学博士藤岡市助伝 瀬川秀雄編
  4. ^ 逓信事業史6 逓信省編
  5. ^ 高田昌之「低圧配電線路」『身近な配電送電設備たち』
  6. ^ 三相交流」『通信用語の基礎知識』 2007年10月30日


「電灯」の続きの解説一覧

電灯

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/08 14:11 UTC 版)

城ヶ島」の記事における「電灯」の解説

三崎には1913年に電灯が点灯したが、城ヶ島その後ランプ使用していた。1928年1月25日三崎町議会城ヶ島電灯敷設工事負担金5000円のうち、2000円の町費補助決定これにより三崎に遅れること15年にしてようやく城ヶ島に電灯が点灯した同時にアセチレンガス光源としていた城ヶ島灯台光度が2燭光 から一気12燭光引き上げられた。

※この「電灯」の解説は、「城ヶ島」の解説の一部です。
「電灯」を含む「城ヶ島」の記事については、「城ヶ島」の概要を参照ください。


電灯

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/26 19:13 UTC 版)

ジョゼフ・スワン」の記事における「電灯」の解説

スワン1848年ごろには既に白熱電球実験に取組んでいた。減圧したガラス球の中に炭化した紙製フィラメント入れるというコンセプトであった1860年までには試作品実際に発光させることに成功し不完全真空・炭素フィラメント白熱電球特許イギリスにおいて認められた。だが彼の電球は、充分な真空度および電力供給得られなかったことから小型化長寿命化果たせなかった。 15年後(1875年)、スワンはより優れた真空引き技術と炭素フィラメント木綿糸苛性ソーダ処理したのち炭化させたもの)をもって電球問題に再び取り組んだ。彼が開発した電球特筆すべき点は、ほぼ真空である球内に微量酸素残留させていたことで、これによりフィラメント燃えことなく定常的白熱し発光した。耐久性に関しても、1878年12月には40時間寿命達成したしかしながらスワンフィラメント電気抵抗小さいものだったため、電力の供給には太い銅線必要とするという短所があった。

※この「電灯」の解説は、「ジョゼフ・スワン」の解説の一部です。
「電灯」を含む「ジョゼフ・スワン」の記事については、「ジョゼフ・スワン」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「電灯」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

電灯

出典:『Wiktionary』 (2017/07/02 04:12 UTC 版)

名詞

でんとう

  1. 電気エネルギー利用して照明得る装置総称電気

「電灯」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



電灯と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

電灯のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



電灯のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの電灯 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの城ヶ島 (改訂履歴)、ジョゼフ・スワン (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの電灯 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS