トーマス・エジソンとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 人名 > 技術者 > 技術者 > アメリカ合衆国の技術者 > トーマス・エジソンの意味・解説 

エジソン【Thomas Alva Edison】

[1847〜1931米国発明家電気学を学ぶ。1869年電気投票記録機発明始まり株式相場表示機・電信機送話器蓄音機白熱電球映画撮影機映写機蓄電池などを次々発明特許1300以上にのぼった。トーマス=エジソン。


トーマス・エジソン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/04 14:57 UTC 版)

トーマス・アルバ・エジソン: Thomas Alva Edison[1][注 1]1847年2月11日 - 1931年10月18日)は、アメリカ合衆国発明家起業家。スポンサーのJPモルガン、秘書のサミュエル・インサル、そしてメロン財閥と、アメリカの電力系統を寡占した[2]


注釈

  1. ^ トーマスではなくトマス・エジソンと表記することも多い。また「エジソン」の代わりに「エディソン」「エディスン」と表記する場合もある。
  2. ^ ただし、厳密に言えば、白熱電球に関して言えば、エジソンは数万もの試行を計画・指揮・実行することで実用化に成功した人物なのであって、白熱電球の原理は一応エジソン以前に既に知られており、エジソンの独創というわけではない。
  3. ^ 当時、人々は電球も電線も発電所もない状態で生活しており、たとえば米国では夜間の明りと言えば灯油ランプを用いていた。それがエジソンが実用化した白熱電球によって、人々が夜間に明りを得る方法が一変することになったのである。
  4. ^ エジソンは自分の発明の利益を守ることに非常に熱心であり、そのための訴訟を厭わなかった。そのため、彼の生涯は「1%のひらめきと99%の訴訟」と評されることがある。
  5. ^ エジソンは聴力に障害があったが、彼自身はこの障害を苦にしていた様子はなく、逆に「周りの雑音に悩まされず研究に集中できるから、かえって好都合だ」と語っていたという。晩年にエジソンの研究所火事にあって全焼してしまった時、エジソンは既に67歳の高齢であったが、それでも彼は少しも落胆した様子を見せず、「これでむだな物はすっかりなくなった。これからまた新たな気持ちで新たな研究を始められる」と言ったという。
  6. ^ エジソンは(その発明の独創性については論議の分かれるところであるが)いかなる困難も苦痛だと思わない強靭な精神力と不屈の信念の持ち主であった事に関しては異論の余地がない。彼が数千種類の実験材料を使って数千回の実験を行い、その全てが失敗に終わっても、彼はこれを決して無駄とは見なさず、「実験の成果はあった。これら数千種類の材料が全て役に立たないという事が分かったのだから」と語っていたという。因みにエジソンが生涯で最も手間と費用をかけた発明は自動車用のアルカリ蓄電池で、エジソンはこれを完成させるまでに5万回を超える実験を繰り返したと語っている。
  7. ^ 「いかなる困難や障害も恐れない不屈の信念で発明に取り組んだ」と言われるようなエジソンであったが、その彼が研究を諦めた発明の1つにヘリコプターがある。エジソンが1880年代に考案したヘリコプターは、火薬の燃焼によってエンジンを動かし、プロペラを回転させて空を飛ぶ仕組みであったが、実験の最中に彼が試作した火薬エンジンが爆発事故を起こしてしまった。幸い死傷者は出なかったが、さすがのエジソンも人命に関わる危険な実験をそれ以上続けるわけにはいかず、彼は不本意ながらヘリコプターの開発を断念する事となった。それはライト兄弟が史上初の動力飛行機を完成させる13年前のことであった。
  8. ^ 送電方法について、交流を推進するニコラ・テスラおよびウェスティングハウス・エレクトリック社と対立し、劣勢に立たされ追い込まれたエジソンは、相手の足を引っ張るために一種のネガティブ・キャンペーンを行うことを画策。人々に「交流は危険」との印象を持たせることで、直流になびかせようとしたのである。ニューヨーク市絞首刑に代わる死刑執行方法を募集しているのを知ると、交流電流でそれを行うことで交流の評判を悪くすることを思いつき、交流発電機を使った感電動物実験を重ね、電気椅子を発明し市に提案、その電源に交流が採用されるように画策したのである。その結果、実際に、史上初めて電気椅子による死刑が執行され、そのニュースが新聞で広く報道された。だが、影響はエジソンの目論見どおりにはゆかず、人々の意識に残ったイメージというのは、エジソンが意図していたような「交流は怖い」というイメージではなく、最も強烈に残ったのは「電気での処刑という残虐行為を首謀した恐ろしい人物はエジソンだ」というイメージであった。エジソンは自分の名・評判を汚してしまい、またその背後にいる出資者のJ.P.モーガンまで評判を落としかねない事態となった。また、人々の間におきた反応は、せいぜい「電気は全て怖い」(交流であれ直流であれ怖い。灯油の代わりに電気を使うのは止め、灯油に戻ろうか)という反応であり、電気全体に対するネガティブキャンペーンになってしまった。
  9. ^ オランダ人系とスコットランド人系の両親から生まれたエジソンは従って、オランダ人系統(Category:オランダ系アメリカ人)と考えられている。メキシコでは「エジソンはメキシコ人だ」という言い伝えがある[要出典]が、「彼のミドルネームがアルバ (Alva) という事から誤解が生じたものであり、この言い伝えは信憑性に欠ける[要出典]」という。アルバというミドルネームは彼らの家族の友人である Captain Bradley に由来する[要出典]
  10. ^ 当時はまだ義務教育の制度が確立しておらず、家庭の事情などで小学校へ行かない子供もさほど珍しくなかった。
  11. ^ 「自由思想家」という概念については、kotobank 自由思想家なども参照可。
  12. ^ こうした概念や考え方は近年では「セレンディピティ」と表現されることもある。

出典

  1. ^ ハリウッドが生まれる前のアメリカ映画では、エジソンの会社がアメリカ東部においては映画業界をほぼ独占し、競合他社との間で特許を共有するトラスト(モーション・ピクチャー・パテンツ・カンパニー)を形成して、トラストに参加しない会社の映画製作をマフィアや探偵を使うなどして妨害したり、電流戦争ではテスラへの妨害工作をしたりしていた。
  2. ^ エジソンの葬儀が催された1931年10月21日、全米ではエジソンの功績を讃え、彼の死を弔うため午後10時から1分間電灯が消されるというトリビュート目的のイベントがあった。しかし、その情報がしっかりと行き渡っておらず、突然の停電にパニックになった地域もあった。出典:『トリビアの泉へぇ〜の本 (12)』 2005年。
  3. ^ エジソンの晩年、自動車王のヘンリー・フォードがエジソンを驚かせようとして、エジソンのメンロパーク時代の研究所を忠実に再現した建物を造った。これを見たエジソンは「99.5%は完璧に再現してある。しかし、私は研究所の中をこんなに綺麗にはしていなかった。それが0.5%の間違いだ」と笑いながら言ったという。
  4. ^ エジソンが蓄音機を発明して評判になっていた頃、研究所に後に監督となるジョン・H・ヴィンセント牧師が現れた[16]彼は「機械がしゃべるわけがない。腹話術師でも隠れているのだろうから、いかさまを暴いてやる」と、聖書に登場する難しい人名を立て続けに並べた早口言葉を蓄音機に向かって喋った。しかし、少しの間違いもなく完璧に返答されたので、彼は仰天すると同時にすっかり感心し、エジソンに向かって「あなたに神からの祝福があるように」と言って帰って行ったという[要出典]
  1. ^ 英語発音: [ˈtɑməs ˈælvə ˈedəs(ə)n]
  2. ^ Gifford Pinchot, The power monopoly ; its make-up and its menace., Milford, 1928, especially Appendix B
  3. ^ “コロナ禍「日光を浴びない」という意外な大問題”. 東洋経済オンライン. (2020年5月9日). https://toyokeizai.net/articles/-/349265?display=b 2020年11月30日閲覧。 
  4. ^ a b c d e ブリタニカ百科事典』【エジソン】
  5. ^ a b c d 立本信「エジソンと京都 竹の縁◇父の指示で発明王ゆかりの品収集、子孫と交流も◇」日本経済新聞』朝刊2020年2月28日(文化面)2020年2月29日閲覧
  6. ^ Vote Recorder - The Edison Papers ニュージャージ州立大学 (2016年10月28日)2018年8月14日閲覧
  7. ^ ターベル (1975)
  8. ^ Edison Manufacturing Company [us] IMDb
  9. ^ Mary Stilwell Edison
  10. ^ National Historical Park New Jersey, "Thomas Alva Edison Jr", Last updated: February 26, 2015
  11. ^ ニール・ボールドウィン『エジソン 20世紀を発明した男』椿 正晴訳、三田出版会、1997年、669頁。ISBN 489583185X
  12. ^ Mina Miller Edison: A Valuable Partner to Thomas Edison”. edisonmuckers. 2017年5月27日閲覧。
  13. ^ a b David Geary (2016年8月2日). “Learn How Thomas Edison, Mina Miller Fell in Love at Chautauqua”. The Chautauquan Daily. 2017年5月27日閲覧。
  14. ^ Edison and Ford”. The Henry Ford. 2017年6月2日閲覧。
  15. ^ 『人物アメリカ史(下)』ロデリック・ナッシュ、グレゴリー・グレイヴズ著 足立康訳 講談社学術文庫 2007年9月10日第1刷
  16. ^ Vincent, Leon H. (1925). John Heyl Vincent A Biographical Sketch. The Macmillan Company 
  17. ^ エジソンと日本の意外な関係” (2016年12月13日). 2019年11月1日閲覧。
  18. ^ エジソンと京都の竹 エジソンコレクション1” (2015年12月16日). 2019年11月1日閲覧。
  19. ^ “蓄音機の日、アナログ機器で音楽を味わってみては”. マイナビニュース. (2019年7月31日). https://news.mynavi.jp/article/20190731-ogiboy/ 2020年11月28日閲覧。 
  20. ^ 浜田 (2000)
  21. ^ Genius Is One Percent Inspiration, Ninety-Nine Percent Perspiration. (Quote Investigator)
  22. ^ 1932 September, Harper's Magazine, Volume 165, Edison in His Laboratory by M. A. Rosanoff, Start Page 402, Quote Page 406, Column 2, Harper & Brothers, New York.
  23. ^ 友好都市 マイラン村 ※八幡市のサイトでは「マイラン」と表記



「トーマス・エジソン」の例文・使い方・用例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

トーマス・エジソンのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



トーマス・エジソンのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
コンピュータ偉人伝コンピュータ偉人伝
Copyright © 2005-2022 Weblio 辞書 IT用語辞典バイナリさくいん。 この記事は、IT用語辞典バイナリトーマス・エジソンの記事を利用しております。
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのトーマス・エジソン (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS